ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクが連続して大型買収に踏み切ったのは、前回の買収を成功させるため?

 

 ソフトバンクが米携帯電話4位のTモバイルUSを約2兆円で買収すると報道されている。今のところ同社は正式にコメントしていないが、以前から主力銀行と資金調達の交渉に入っているといわれており、買収を前提に交渉が進んでいることはほぼ間違いない。

 sonmasayosi ソフトバンクは2013年7月、216億ドル(約2兆2500億円)を投じて、米国第3位の携帯電話会社スプリントを買収している。大型買収から半年も経たない間の買収であることや、資金負担が総額で4兆円を超えることなどから、同社の先行きを懸念する声も聞かれる。

 だが今回の買収は、前回のスプリント買収を成功させるためには必要なツールであり、むしろ両社をセットにして買収することに意味がある。同社の財務体質が悪化するのは事実だが、今回の買収がうまくいけば、スプリント買収のリスクを低下させる可能性もある。

 米国は世界有数の携帯電話市場となっており、AT&T、ベライゾン、スプリント、TモバイルUSの4社で激しいシェア争いが行われている。特にAT&Tとベライゾンは2強となっており、両社はそれぞれ1億人の顧客を抱えている。ソフトバンクは、5500万人の顧客を持つスプリントを買収したので、4500万人の顧客を持つTモバイルUSの買収によって、トップ2社とほぼ同列に並ぶことが可能となる。

 スプリントは以前から業績低迷が続いており、今期は2500億円程度の赤字が見込まれている。業績が悪化していたからこそ、ソフトバンクは同社を買収することができたわけだが、この買収劇を成功させるためには、何としても赤字続きのスプリントの業績を立て直す必要がある。
 ソフトバンクがスプリント買収を発表した当初は、スプリントの立て直しをどのように進めていくのか疑問視する声も聞かれた。同社の孫社長も具体的な再建策については明言を避けていたが、実はこのTモバイルUSの買収がスプリントの再建策そのものだったのである。

 かねてからスプリントはトップ2社との差があまりに大きくなりすぎ、単独での経営再建は困難といわれていた。だが今回、ほぼ同じ規模のTモバイルUSの顧客基盤を合わせることで、AT&Tやベライゾンと互角に戦う土壌が出来上がったことになる。ソフトバンクにとっては、買収した1社について厳しい状況下で再建を進めていくよりも、2社の人材をうまく活用し、規模のメリットを追求する形で再建策を考える方がより有利といえる。

 ソフトバンクの2013年9月時点の資産総額は約15兆円であり、このうち自己資本は約2兆5000億円である。確かに2兆の有利子負債が加わることは財務体質の悪化につながる。だがスプリントとTモバイルUSの業績が回復すれば、容易に年間1兆円規模の利益を上乗せすることができる。
 現在ソフトバンク国内の収益は堅調であり、2014年3月期には1兆円程度の営業利益を実現できる見込みとなっている。米国2社の利益と合わせれば、財務体質は短期間で改善させることが可能だ。

 今回の一連の買収は、財務体質からみて負担が過大かどうかよりも、スプリントとTモバイルUSの経営再建を実現できるのかにすべて依存しているといってよい。両社の再建が実現できれば、総額4兆円という買収は安い買い物となる。逆に再建に失敗すれば、スプリント1社の買収であろうと、TモバイルUSを合わせた2社の買収であろうと、状況は大きく変わらないだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

no image
石油で世界制覇を目論むロシア。危険なゲームに乗り出す英国。日本も巻き込まれるゾ!

 ロシアの国策石油会社の存在感が高まっている。  ロシアの国営石油最大手ロスネフ …

euhonbu00
EUで銀行同盟成立に向けた第一歩がスタート。薄れていく加盟国の国家主権

 EU(欧州連合)は2013年12月20日、ユーロ圏内で銀行の破綻処理を一元化す …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …