ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

体内埋め込み型の人工心臓が仏で臨床試験開始。実用化できれば画期的

 

 フランスの医療器具メーカーであるCarmat社は2013年12月20日、体内埋め込み型人工心臓の臨床試験を開始したと発表した。体内埋め込み型の人工心臓が実用化できれば画期的なことであり、多くの心臓疾患を持つ患者を救うことができると期待されている。
 最初の患者の移植手術は成功し、食事も取れる状態になっているという。ただ人工臓器は長期的な経過観察が必要であり、移植が成功したかについてはまだ判断できないとしている。

jinkousinzo

 人工心臓はこれまで慢性心疾患の患者に一時的な手段として提供されてきた。
 血液をポンプで送り出すこと自体はそれほど難しいことではないが、血液は異物と触れると凝固するという性質がある。人工心臓の利用者には凝固を抑制する薬が投与されるが、それでも完全に凝固を防ぐことは難しいといわれる。
 また凝固を防ぐ薬の投与は日常生活に大きな支障を来すことになるため、恒常的に利用できる人工心臓は実用化されてこなかった。
 慢性の心疾患を持つ患者が完治するためには、移植を待つよりほか手段はなく、ドナーが見つる前に死亡してしまう人も多かった。

 今回、移植される人工心臓はこれらの問題をすべてクリアできる可能性を秘めている。人工心臓の重さは約900グラムで、本物の心臓と同じ場所に移植することができる。心臓内部は基本的に収縮で血液を送り出す仕組みになっており、機械的な部分が血液に触れないようになっている。さらに心臓内部の素材は生物由来のものが使用されており、血栓や拒絶反応が最小限になるよう工夫されている。

 電源はリチウム電池を使用しており、体に装着できる薄型となっている。1回の充電で12時間の連続稼働が可能。体の状態を検知するセンサー機能も備わっており、生理的欲求を検知して鼓動のスピードが自立的に変わるようになっている。生理状態と鼓動が合わない時の不快な状況を軽減できるという。

 肝心の信頼性だが、同社では基本的に心臓移植と同程度の信頼性確保を目標としており、9年後の生存確立を50%と設定している。機械工学的には2億3000万回の鼓動が保障されているという。心拍数を60と仮定すると7年4カ月は問題なく稼働することになる。価格は14万から18万ユーロ(約2000万円~2580万円)で、心臓移植のコストとほぼ同じだという。

 フランスの保健当局は、この人工心臓の臨床試験をポンピドゥー病院など3か所で実施することを承認している。結果が良好であれば次のフェーズに進み、20人程度の患者 を対象にさらに実用的な試験を実施するという。

 - 社会, IT・科学

  関連記事

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

Ecclestone
F1界のドン、バーニーエクレストン氏をドイツ当局が起訴。欧州の伏魔殿にメスか?

 自動車レースの最高峰であるF1グランプリ界のドンといわれ、F1関連の多くの興業 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

apple2016q1
アップルの四半期決算。過去最高の売上高だが中国市場は急減速

 米アップルの業績が大きな曲がり角に差し掛かっている。数字上は四半期ベースで過去 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

appledidi
アップルが中国配車アプリ大手に出資。今後の成長のカギは結局、自動運転?

 米アップルが中国の配車アプリ最大手「滴滴」(ディディ)に10億ドル(約1100 …