ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ゲームが認知症に効果があるとの研究で、再び脳トレに注目が集まるか?

 

 ゲームを通じて脳を鍛えるいわゆる「脳トレ」の効果に関する議論が米国で盛んになっている。一流科学誌に「効果がある」という記事が掲載される一方、ほとんど効果はないと批判する専門家も多い。日本でも一時脳トレ・ブームとなった時期があったが、本当のところはどうなのだろうか?

noumiso

 カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者であるアダム・ギャザレー氏は、ゲームを通じて、高齢者がマルチタスク能力(複数の仕事を同時にこなす能力)を高めることができることを明らかにした。
 車を運転しながら、ランダムに現れる標識を確認していくゲームを用いた実験では、マルチタスク能力は年齢とともに低下していくことが確認された。だが一定のトレーニングを行った高齢の被験者であれば、トレーニングを行わない若年層の被験者よりもマルチタスク能力が高いことが分かったという。

 複数の仕事を同時にこなすことが難しくなるのは、典型的な年寄りの兆候だが、やり方によって若い人よりもテキパキと仕事をこなせることが証明されたわけである。ギャザレー氏はこのゲームを認知症の正式な治療法として認可されるよう、米食品医薬品局に申請を行う予定だという。
 ギャザレー氏の試みは世界的な科学雑誌ネイチャーでも紹介され話題となったが、記事では商用化されている多くの脳トレ・サービスが必ずしも科学的根拠に基づいているわけではないとの指摘も行っている。

 日本では2005年、東北大学の川島隆太教授が監修したニンテンドーDSの「脳トレ」ゲームが大ヒットしたことがあった。このゲームの効果や科学的根拠については、同じくネイチャーで批判的な論文が掲載されたことがあったほか、国内の研究者からも批判的な意見が寄せられた。川島氏本人も、ゲームの効用は主張しつつも、「このゲームで頭がよくなるわけではない」と、世間からの過剰な期待については否定的な見解を述べている。

 米国ではネットを使って有料の脳トレ・サービスを提供する企業が多数設立されており、ちょっとしたブームになっている。日本でもスマホの普及を背景に再び脳トレがブームになるかもしれない。

 脳トレが世間でイメージされているような万能の効果を持っているのかは疑問だが、少なくとも特定の脳の活動に対してはそれなりの効果がありそうだ。「頭が飛躍的に良くなる」あるいは「ボケを完全に防止できる」といった過大な期待を持たず、楽しみとしてゲームを続ける分には有益だろう。当然のことながら、長時間の連続プレイは避けた方がよい。何事に関してもそうだが、ほどほどが重要である。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

kodomokyouiku
子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本で …

appletv002
アップルが全米最大のケーブルTVと提携?各社がネットの帯域を奪い合う

 米アップルがストリーミングを使ったテレビのサービスについて、米国最大のケーブル …

yume
キリンが日本人の「夢」についてアンケートを実施。この結果から分かることは?

 キリンビール株式会社は同社のビール製品のキャンペーン活動の一環として、「日本人 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

jenova
ジェノバの港でコンテナ船が管制塔に激突。50メートルの管制塔は完全崩壊

 イタリアのジェノバ港で5月7日、大型のコンテナ船が港の岸壁にある高さ50メート …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …