ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

靖国参拝に米国が異例の声明。国務省は議会やホワイトハウスをもはや説得できない?

 

 安倍首相は政権発足から1年となる2013年12月26日、靖国神社に参拝した。首相による靖国参拝は2006年8月15日の小泉純一郎首相以来、7年ぶりとなる。

yasukuni

 中国や韓国は首相の靖国参拝について激しく非難しているが、両国のこれまでの対応を考えれば、一連の非難は想定の範囲内といえる。
 だが大きな驚きだったのは、米国大使館が靖国参拝に対して「失望している」という声明を発表したことである。
 米国が直接的に日本の内政に干渉するような声明を出すことは極めて異例のことであり、国務省を中心とする米国の外交当局が、議会やホワイトハウスを説得できなくなっている可能性が示唆される。

 これまで米国は日本に対する要望や意見は、非公式な形で伝達することがほとんどであった。それは国務省の担当者や国務省OBなどによる発言だったり、外交関係者の論文という形を取ることが多い。場合によっては有力紙の社説という場合もある。

 靖国参拝についても伏線はあった。当初、首相は8月の靖国参拝を予定していたが、米国からの要請でこれを断念したという経緯がある。かつて対日政策のキーマンといわれていた米国のアーミテージ元国務副長官は11月に来日し、自民党幹部に対して首相の靖国神社参拝を自重するよう促していた。
 アーミテージ氏のワシントンでの影響力はかなり低下しているといわれているが、国務省や米国大使館とはそれなりの情報交換を行っているはずである。今回の声明発表は、アーミテージ氏を通じた非公式の要請を安倍政権側が受け入れなかったことが原因である可能性は高い。

 米国が直接的な対応に転じた背景には、国務省の議会やホワイトハウスに対する配慮があると考えられる。どこの国もそうだが、外交当局は基本的に相手国の状況をまず考慮するものであり、国内からは「売国奴」と批判されることも多い。日本から見ると、中国の外交部(外務省)は敵意むき出しに感じられるが、中国国内では「外交部は日本のご機嫌取りばかりしている」と批判されているのが現実だ。こうした状況は米国の国務省も決して例外ではない。

 米国の政界では中国や韓国がかなりの資金を投入して反日的なロビー活動を展開している。実際、下院では、従軍慰安婦は性奴隷であるとする非難声明が可決されており、少なくない数の政治家がこれらのロビー活動の影響を受けていることが明らかになっている。
 場合によっては、国務省に対して日本への対応が甘すぎるという批判が出る可能性がある。これまで日本の国内事情をそれなりに考慮してきた同省だが、米国内の批判を意識してスタンスを変えたとしても不思議ではない。

 これは逆に考えれば、米国の政界は国務省がコントロールできないほどに、親中親韓になっているということであり、日本にとっては由々しき事態といえる。
 日本側は米国政府がこうした声明を発表するに至ったメカニズムを十分に検証する必要がある。少なくとも、国務省、議会、ホワイトハウス、メディアがそれぞれどのような状況となっているのか、詳しい分析が必要だろう。
 中韓のロビー活動に強く影響された議会だけの問題であれば、まだ解決の余地はある。だが、これがホワイトハウスと国務省の対日政策をめぐる対立ということになるとかなり厄介である。ホワイトハウスで政策立案の中核を担う若手スタッフに知日派はほとんどいないといわれている。事態は想像以上に深刻である可能性もある。

 - 政治 , , , ,

  関連記事

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

abesanin
再び日銀法改正を持ち出す強気の首相。一部からはインフレ後を心配する声も

 国会において2012年度補正予算の審議が本格化したことをうけて、アベノミクスに …

orando
秘密主義のフランスでとうとう閣僚が資産公開へ。フランスも世界標準にようやく近づいた

 フランス政府は4月15日、エロー首相以下、全閣僚が保有する資産を公開した。フラ …

sinjuku
実質賃金は下がっているのに、社会的満足度が過去最高の理由

 内閣府は2017年4月3日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。現在 …