ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えてきている。この実態が注目されるきっかけになったのは、故中川昭一元財務大臣の「酩酊会見」事件と、みずほコーポレート銀行頭取の「美人記者路チュー」事件である。

 中川氏はG7の記者会見に酩酊状態で出席し、各国の失笑を浴びた。この直前、中川昭一大臣がG7昼食会を抜け出し女性記者らとワインを飲んでいたという報道が出てきたことから、中川氏が女性記者と個人的に親しい関係にあることが発覚した。
 もっとも中川氏の女性記者好きは有名で、平日も公務が終わると親しい女性記者と夜の街に消えるのが日課であったことから、関係者にとってはとくに驚くような話ではなかったという。

 一方「路チュー」事件とは、みずほコーポレート銀行の斎藤宏頭取(当時)が、テレビ東京女性記者とのキスシーンを写真週刊誌「フライデー」に掲載されたというもの。
 ネットでは女性記者が中国籍だという噂も流れたことから、一時は中国公安部によるハニートラップではないかという見方もあった。

 政治家や企業トップの番記者といえば男性の仕事であったが、最近は「かなり意図的に美人を配置している」(大手新聞社デスク)という。
 女性記者を意図的に配置するのは、当然、女性の方がネタが取れるからなのだが、そこには政治家や企業トップがどんどん小粒になっているという現実がある。

 かつての政治家は、いい意味でも悪い意味でも「大物」であった。高級料亭をハシゴし、芸者遊びも派手であった。愛人を何人も抱える猛者も少なくなかったのである。このような政治家に対しては、美人の記者をはべらせたところでほとんど効果はない。

 最近はそういう風潮はなくなり、政治家の懐具合もだいぶさびしくなった。そうだからといって性欲がなくなるわけではない。いきおい手近な女性記者とイチャイチャすることになる。実際、女性記者を投入すると情報が取れるのである。

 もっとも女性記者の側もそうそう簡単に体を許しているわけではない。ほとんどが、一緒に食事をしたり、飲みに行ったりという程度の関係だ。逆に言えばその程度で、取材対象は満足し、ペラペラとしゃべってくれるのである。
 国を代表する政治家や大手企業のトップが、萌え喫茶やキャバクラ程度の女性接待で満足し、口が軽くなるとは、なんとも情けない話である。

 政治家や企業トップの「小物化」はさらに進むと考えられ、マスコミのあきれた女性接待もしばらく続くのかもしれない。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

ipusiron
低コスト・ロケット「イプシロン」を8月に打ち上げ。JAXAもそれに合わせてスリム化しては?

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月21日、新しい小型ロケットである「イプシ …

kourousho
「呪われた法案」との声も。心機一転、再提出した派遣法改正案が再び先送り?

 今国会の目玉法案のひとつで、派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣 …

businessman02
このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠と …

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
脱原発のモデルといわれたドイツで電気代高騰。日本人が知っておくべきこととは?

 再生可能エネルギーへの転換を旧ピッチで進め、日本における「脱原発」論のモデルと …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

netaniyafugikai
ネタニヤフ首相が共和党の招きで議会演説。オバマ大統領は会談拒否

 イスラエルのネタニヤフ首相は2015年3月3日、米議会で演説し、オバマ政権が進 …

no image
マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とう …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

sinise
来年100周年を迎える企業が1425社。このニュースの意味分かります?

 来年に創業100周年を迎える企業が全国で1425社に上ることが帝国データバンク …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …