ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の消費者物価指数はいよいよ1%台に突入。インフレ転換はほぼ確実

 

 総務省は2013年12月27日、11月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラス1.2%と先月の0.9%から大幅上昇となった。
 「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」については0.6%の上昇となり、こちらも先月から0.3ポイントの増加となっている。物価上昇のトレンドがより明確になっており、日本がインフレに転換したことはほぼ間違いない。

bukkajoushou

 コア指数の上昇は6カ月連続であり、11月の上昇率が1%台になるのは5年ぶりのこととなる。コアコア指数の上昇も2カ月連続だ。
 コア指数にはエネルギー価格が含まれている。最近の物価上昇はエネルギー価格の上昇と円安による影響が大きく、エネルギー価格の影響が除去されたコアコア指数はそれほどの伸びを示していなかった。
 だがコア指数がさらに上昇したことに加え、コアコア指数も確実に上昇トレンドになっていることを考えると、来年は全般的な物価上昇がより顕著になってくる可能性が高い。

  ここ1年の間に、すでに7割以上の品目が値上がりしているが、11月に上昇が顕著だったのは、果物や野菜である。果物や野菜の消費量は減っており、全体的に見れば野菜や果物は、値下がりが続いていた。だが燃料である重油価格が高騰したことや、種子の輸入価格が上昇したことで、とうとう値上がりに転じた。野菜や果物の価格が本格的に上昇することになれば、生活必需品の中で値下がりが続いているのは、酒類や家賃などごく限られた分野だけになる。

 一連の物価上昇の基本的な要因は円安である。米国は量的緩和の縮小を開始しており、今後はドル高基調が続く可能性が高い。一方日本は、消費税の増税で来年の景気は失速が予測されており、日銀への緩和圧力が高まりやすい環境にある。大きな状況の変化がなければ、円安はさらに進む可能性が高く、これに準じる形で物価上昇も続くだろう。
 政府による来年度の物価上昇予測は消費税の影響を除くと1.2%程度だが、消費税を含めた名目値では3.2%が見込まれている。見かけ上3.3%も物価が上がると、消費者の心理はかなり圧迫されることになる。

 日本では長くデフレが続いたので、若年層を中心にインフレを生活実感として知らない人が多い。インフレになると、給料の上昇よりも物価の上昇の方が大きくなり、自身の購買力が減っていることを、肌感覚で知ることになる。これまでデフレを放置したとして政府は批判されてきたが、本当にインフレになった時の国民からの反発はデフレの時とは比べものにならないだろう。

 政府はこうした状況を避けるため、再三、企業に対して賃上げを要請している。財界も賃上げには応じる姿勢を見せているが、給与ではなく賞与で対応するなど、賃上げはあくまで一時的なものという位置付けだ。賃金があまり上昇しなかった場合には、国民の購買力は確実に低下してくることになる。
 もっとも円安の進展は株価にはプラスとなり、消費を押し上げる効果もある。株価の上昇が続いているうちは、インフレの弊害もそれほど顕在化しないかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

rakutenmufg
楽天が投資判断を引き下げたアナリスト・レポートに対して異例の批判

 楽天は7月2日、同社に対する投資判断を引き下げた三菱UFJモルガン・スタンレー …

applewatch
アップルの7~9月期決算はiPhone6効果で好調。今後の注目は事業ポートフォリオ

 米アップルは2014年10月20日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上 …

ichimanen
家計の貯蓄が減っているのに、国債の消化がこれまで問題なく行われてきたワケ

 日銀は2013年12月19日、7~9月期の資金循環統計を発表した。9月末時点で …

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

imf201507
IMFが最新の世界経済見通しを発表。ギリシャ問題と中国問題は反映されておらず、さらに下押しか?

 IMF(国際通貨基金)は2015年7月9日、世界経済見通しの改定値を発表した。 …

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …