ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、タレント業の傍ら、上智大学文学部新聞学科で学ぶ女子大生だ。彼女は政治家の追っかけを「売り」にしているタレントだが、おそらく彼女自身も政治に対する関心が高いのだろう。新聞学を専攻したのもこうした理由からだと考えられる。

harukakurisu

 靖国発言の内容や背景はともかくとして、今回の事件に関連して少々驚きだったのが、彼女が紙の新聞の切り抜きを丹念に実践していたという事実である。
 片付けが不得意だという彼女の部屋を紹介したバラエティ番組では、紙の新聞が山積みになっていた。その理由は「大学の授業に関連して新聞の切り抜きをしなければならないから」だという。

 昭和の時代、新聞の切り抜きというのは、情報収集・分析手段として確固たる地位を確立していた。だが、いまや国民全員が何らかのデバイスを持ち、東洋大学のように紙の願書や大学案内を廃止したところもある時代である。大学の授業で要請されているのだろうが、デジタルネイティブの女子大生がいまだに丹念に新聞の切り抜きという「昭和な」作業を行っているのだ。

 現在の形式の新聞や雑誌が出来てからすでに100年以上が経過している。新聞や雑誌に、情報ツールとしてのノウハウがふんだんに蓄積されていることは事実である。

 記事の大きさや配置など、視覚的な面で重要度を瞬時に判別できるよう工夫されているほか、見出しの付け方や重要な情報から先に記述するという独特の文章作成法など、社会情勢を効率よく把握するための数多くの手法が組み込まれている。
 多くの読者はあまり意識しないが、ニュースソースの書き方にも細かいルールがあり、それを理解できる人が読めば、当局のタレ流し情報なのか、要人によるリークなのか、特定人物の意図を背景にした憶測なのか、記事の背景を容易に想像できるようになっている。かつては新聞記事が、政局を握る大物政治家同士の隠れた情報伝達手段であった時代もある。紙を駆使したインテリジェンスという意味では、新聞はなかなかよく出来ているのだ。
 新聞学という学問では、新聞が持つインテリジェンスとしての機能を客観的に分析することが重要な役割のひとつとなっているが、その基礎となる作業が新聞の切り抜きであった。

 だがWebを中心にした電子媒体では、紙の新聞や雑誌が持つこうした空間的な効果はほとんどない。読者が媒体に行き着くルートも様々だ。紙であれば、新聞であれ雑誌であれ、目的を持って読者がやってくるが、検索エンジンからのアクセスでは、その媒体が何であるかも分からないまま読者が記事を読むことになる。またひとつの記事について全文が読まれる可能性は極めて低い。
 本誌も含めてWeb系の媒体がタイムライン方式(時系列で優劣に関係なく記事が均等に並ぶスタイル)のトップページになっているのはそういった理由からである。

 日本では依然として、この違いの善し悪しに関する議論が続いているように見える。電子媒体と比較した紙の優位性を主張する識者は意外と多い。
 だが現実問題として、優劣の議論以前に、コスト面や利便性という観点から、紙が存続できる余地は限りなく少なくなっている。紙と電子媒体のどちらが優れているかではなく、電子媒体を前提にした上で、電子媒体が不得意とする知的作業をいかに克服するかについて議論する方が、社会全体としてみれば圧倒的に効率的だ。

 日本ではいまだにFAXが大活躍しているが、米国ではすっかりFAXを見なくなった。FAXが依然として広く普及しているという現状は、紙を前提にした思考回路からまだ抜け出せていないことのひとつの象徴といってよいだろう。
 新しい技術が登場すると、しばらくの間は、新旧技術でのせめぎ合いが続く。だがITが本格的に普及してからすでに20年以上が経過している。紙と電子媒体のせめぎ合いをするフェーズはとっくに過ぎ去っていてもよい頃だ。

 春香クリスティーンさんのタレントとしての「売り」が政治であり、かつその主張が「リベラル」だというなら、紙ではなく、Web上で記事をクリッピングしていないと、やはり格好がつかないのではないか?

 - マスコミ, 社会, 経済, 芸能, IT・科学 , , ,

  関連記事

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

shouwa
「最近・・・が増えている」「最近の若者は・・・」という話題にはご用心

 世の中では、しばしば「近年、・・・が増加している」あるいは「最近の若者は・・・ …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …