ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、タレント業の傍ら、上智大学文学部新聞学科で学ぶ女子大生だ。彼女は政治家の追っかけを「売り」にしているタレントだが、おそらく彼女自身も政治に対する関心が高いのだろう。新聞学を専攻したのもこうした理由からだと考えられる。

harukakurisu

 靖国発言の内容や背景はともかくとして、今回の事件に関連して少々驚きだったのが、彼女が紙の新聞の切り抜きを丹念に実践していたという事実である。
 片付けが不得意だという彼女の部屋を紹介したバラエティ番組では、紙の新聞が山積みになっていた。その理由は「大学の授業に関連して新聞の切り抜きをしなければならないから」だという。

 昭和の時代、新聞の切り抜きというのは、情報収集・分析手段として確固たる地位を確立していた。だが、いまや国民全員が何らかのデバイスを持ち、東洋大学のように紙の願書や大学案内を廃止したところもある時代である。大学の授業で要請されているのだろうが、デジタルネイティブの女子大生がいまだに丹念に新聞の切り抜きという「昭和な」作業を行っているのだ。

 現在の形式の新聞や雑誌が出来てからすでに100年以上が経過している。新聞や雑誌に、情報ツールとしてのノウハウがふんだんに蓄積されていることは事実である。

 記事の大きさや配置など、視覚的な面で重要度を瞬時に判別できるよう工夫されているほか、見出しの付け方や重要な情報から先に記述するという独特の文章作成法など、社会情勢を効率よく把握するための数多くの手法が組み込まれている。
 多くの読者はあまり意識しないが、ニュースソースの書き方にも細かいルールがあり、それを理解できる人が読めば、当局のタレ流し情報なのか、要人によるリークなのか、特定人物の意図を背景にした憶測なのか、記事の背景を容易に想像できるようになっている。かつては新聞記事が、政局を握る大物政治家同士の隠れた情報伝達手段であった時代もある。紙を駆使したインテリジェンスという意味では、新聞はなかなかよく出来ているのだ。
 新聞学という学問では、新聞が持つインテリジェンスとしての機能を客観的に分析することが重要な役割のひとつとなっているが、その基礎となる作業が新聞の切り抜きであった。

 だがWebを中心にした電子媒体では、紙の新聞や雑誌が持つこうした空間的な効果はほとんどない。読者が媒体に行き着くルートも様々だ。紙であれば、新聞であれ雑誌であれ、目的を持って読者がやってくるが、検索エンジンからのアクセスでは、その媒体が何であるかも分からないまま読者が記事を読むことになる。またひとつの記事について全文が読まれる可能性は極めて低い。
 本誌も含めてWeb系の媒体がタイムライン方式(時系列で優劣に関係なく記事が均等に並ぶスタイル)のトップページになっているのはそういった理由からである。

 日本では依然として、この違いの善し悪しに関する議論が続いているように見える。電子媒体と比較した紙の優位性を主張する識者は意外と多い。
 だが現実問題として、優劣の議論以前に、コスト面や利便性という観点から、紙が存続できる余地は限りなく少なくなっている。紙と電子媒体のどちらが優れているかではなく、電子媒体を前提にした上で、電子媒体が不得意とする知的作業をいかに克服するかについて議論する方が、社会全体としてみれば圧倒的に効率的だ。

 日本ではいまだにFAXが大活躍しているが、米国ではすっかりFAXを見なくなった。FAXが依然として広く普及しているという現状は、紙を前提にした思考回路からまだ抜け出せていないことのひとつの象徴といってよいだろう。
 新しい技術が登場すると、しばらくの間は、新旧技術でのせめぎ合いが続く。だがITが本格的に普及してからすでに20年以上が経過している。紙と電子媒体のせめぎ合いをするフェーズはとっくに過ぎ去っていてもよい頃だ。

 春香クリスティーンさんのタレントとしての「売り」が政治であり、かつその主張が「リベラル」だというなら、紙ではなく、Web上で記事をクリッピングしていないと、やはり格好がつかないのではないか?

 - マスコミ, 社会, 経済, 芸能, IT・科学 , , ,

  関連記事

ecb02
欧州中央銀行がとうとう量的緩和を示唆。一気にドル高が進む?

 ECB(欧州中央銀行)がとうとう量的緩和の実施に踏み切る可能性が出てきた。20 …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …

wintel
業績回復も岐路に立たされるMSとインテル。旧世代IT企業はスマホを攻めるべきか?

 マイクロソフトやインテルといった旧世代IT企業の業績に回復の兆しが見え始めてい …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

kasumigaseki
キャリア官僚制度に地殻変動?霞が関こそ雇用流動化が必要だ!

 明治以来、日本の公務員制度の根幹をなしてきた人事システムに地殻変動が起きつつあ …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

asakusa02
訪日外国人観光客は海外旅行に出かける日本人の1.3倍も消費している

 政府は2015年6月5日、観光立国推進閣僚会議を開催し、訪日外国人を2000万 …

okane03
国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避 …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …