ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで、この海域における軍事的緊張が一気に高まっている。中国は同じ時期、中国初の空母である「遼寧」を、尖閣諸島付近の海域を通過する形で南シナ海に派遣したが、同空母の動向を監視していた米海軍の巡洋艦「カウペンス」に対して、中国側の艦艇が進路妨害を行うなど、その行動はエスカレートする一方だ。

George Washington03

  防空識別圏を一方的に設定することは、偶発戦争の可能性高めることになるため、中国側にとってもリスク要因となる。
 本来であれば、ある程度熟練した戦闘遂行能力を持っていなければこうした行動に出ることは難しいわけだが、必ずしもそうとは限らないところが、中国の危険なところでもある。

 中国軍(人民解放軍)の装備はほとんどが旧式であり、自衛隊や米軍とは比較にならないといわれてきた。だが近年、中国軍はハイペースで技術革新を進めており、その差はかなり縮まっているといわれる。だが、中国軍はほとんど情報公開をしないため、実際の戦闘能力がどの程度なのかは秘密のベールに包まれたままだ。

 米国での調査によると、東シナ海および南シナ海における中国軍の戦闘能力はかなり高まってきており、少なくとも中国軍は、相応の局地戦は可能であるという自信を持っているという。

 米議会調査局の報告では、中国は同地域に75隻の艦艇を展開しており、このうち45隻はフリゲート艦、22隻は駆逐艦だという(東海艦隊および南海艦隊)。
 一方、米軍はこの地域に主に第七艦隊を展開している。第七艦隊の司令部は横須賀にあり、主力部隊は原子力空母ジョージワシントンを中心に2隻の巡洋艦と7隻の駆逐艦で構成されている(写真は主力空母ジョージワシントンと合同訓練を行う海上自衛隊の護衛艦)。また佐世保には上陸作戦に備えて4隻の揚陸艦が配備されている。

 米国の民間軍事研究所であるリグネットによれば、中国軍は艦艇の数において米軍を圧倒しているものの、戦闘能力は米軍の方がはるかに高いという。米軍の巡洋艦と駆逐艦は基本的にイージス・システム(統合的な防空兵器制御システム)を搭載しているが、中国の艦艇の多くは旧来型の装備が中心であり、総合的な戦闘能力に大きな差がある。
 ただ、ここ10年の中国軍の技術開発はめざましく、最新鋭の駆逐艦やフリゲート艦は、ステルス能力や高度な防空システムを備えている。中国側は最新鋭艦単体の能力には自信を持っており、カウペンスの進路を中国の艦艇が妨害したのはその象徴だという。

 ちなみに海上自衛隊は48隻の護衛艦を保有している。このうち6隻には米軍と同様のイージス・システムが搭載されており、米第七艦隊との共同運用が可能となっている。現在の状況においては、米軍と海上自衛隊を合わせた総合力は中国軍をはるかに上回っていると考えてよさそうだ。
 だが中国側の艦艇の多くが最新鋭艦に入れ替わるのは時間の問題であることを考えると、圧倒的な優位性を保持できる期間はそれほど長くないだろう。また海上自衛隊単体の能力ということになると、ここからはさらに後退してしまう。圧倒的な実力差があるという認識はそろそろ捨てた方が良さそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

boribia01
ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …

junebu
スイスで役所の掃除を職員が行う取り組みが成果を上げている。日本もぜひ導入を!

 スイスのジュネーブで、経費削減と公務員の意識改革を目的に、役所内の掃除を職員が …

munjein
韓国大統領選は文在寅氏勝利で9年ぶりの革新政権。盧武鉉時代の再来となるか?

 2017年5月9日に投開票が行われた韓国大統領選は、大方の予想通り「共に民主党 …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …