ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公共交通機関に乗る際、子供に睡眠薬を処方するのはアリなのか?

 

 ホリエモンこと堀江貴文氏がツイッターで「新幹線や飛行機で泣く子供には睡眠薬を飲ませるのも一つの方法」と発言したことをきっかけに、ネット上では批判が殺到し大炎上となっている。
 確かに米国や欧州では、長距離の飛行機に乗る際、子供に睡眠薬を飲ませる親は一定数存在するが、日本ではあまり一般的ではない。だがホリエモンに対しては「犯罪者の発想にしかみえない」といったかなり激しい批判が寄せられている。公共の乗り物に乗る際に睡眠薬を処方することについてどう考えるべきなのだろうか?

child

 炎上のきっかけは「子供連れがうるさくて迷惑だという人は公共交通機関に乗るべきではない」というツイッターでの発言に、ホリエモンが「子供連れの客は迷惑だという考えも理解できる」という趣旨の発言をしたことがきっかけ。
 その後のやり取りの中で「子供の面倒を見る親の負担軽減にもなるので、睡眠薬を使うのも一つの方法」という趣旨の発言があり、それがきっかけで大炎上になってしまった。

 睡眠薬発言に対する想像以上の批判は、「子供連れが迷惑になる場合があり得る」というホリエモンの発言に対する感情的な反発が加わっているので、多少割り引いて考える必要がある。だが、それにしても睡眠薬の処方に対する批判が大きいことがあらためて浮き彫りになった格好だ。

 日本人の感覚では、公共交通機関で子供を静かにさせるために、睡眠薬を小児科医に処方してもらうという行為には抵抗感があるかもしれない。
 欧米の航空路線(特にビジネスクラスの機内やラウンジ)では、子供達が不気味なくらい静かにしている。起きている子供も、おとなしくタブレットPCなどを操作していることが多く、本来はしゃぎ回る子供の性質を考えると不自然な感覚が否めないのは確かだ。また、安全が確認された薬を使うといっても副作用のリスクはゼロではなく、欧米人が皆、子供に睡眠薬を処方することを望んでいるわけでもない。
 ただ、親本人も過剰な疲労から解放されるというメリットがあることを考えると、リスクを理解した上での処方であれば、選択肢の一つにしてもよいのではないかというホリエモンの意見はそれなりに合理的といえる。

 睡眠薬の処方に対する激しい批判は、おそらく薬を処方することそのものに対する抵抗感ではないと考えられる。OECD(経済協力開発機構)による30カ国の比較調査では日本の人口あたりの薬の消費量は世界3位とかなり多いからだ。
 OECDの調査にはすべての薬が含まれるため、高齢化が進む日本の順位は高くなる傾向がある。だが多くの日本人がちょっとしたことでもすぐに病院に行くことや、耐性菌や副作用のリスクがあるにも関わらず、風邪を引いただけの子供に抗生剤の処方を強く要請する親が多いことなどは、生活実感として理解できることである。つまり日本人はどちらかというと子供に対して副作用の強い薬を処方することへの抵抗感は薄いのだ。

 にもかかわらず睡眠薬処方に対して激しい批判が起こるのは、過去の生活習慣にない新しい概念に対する抵抗感が強いからなのかもしれない。もっとも公共の場所における子供の振る舞いに関する日本社会のコンセンサスを考えると、実際に睡眠薬が普及する可能性は限りなく低いと考えられる。

 - 社会 , ,

  関連記事

rarogo
発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガ …

dentsu
労働時間を一気に2割削減するという電通の働き方改革は実現可能か?

 新入社員の過労自殺事件を受け、労働基準法違反で起訴された電通が、労働環境改善に …

benedict16
存命中の退位は700年ぶり。ローマ法王ベネディクト16世、突如退位の謎

 バチカン(ローマ法王庁)は11日、ローマ法王ベネディクト16世が高齢を理由に退 …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

tsutusmiseiji
日本社会の成熟化を夢見たセゾングループの創設者、堤清二氏が死去。

 実業家でセゾングループ創業者の堤清二(つつみ・せいじ)氏が11月25日、東京都 …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …