ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の貿易収支改善が顕著に。世界経済の大きな枠組みが変わりつつある

 

 米商務省は2014年1月7日、2013年11月の貿易収支(季節調整済み、サービス収支を含む)を発表した。貿易赤字は約342億5200万ドル(約3兆5600億円)となり、前月から約13%減少した。この数字は市場予想を大きく下回っており、米国の貿易赤字改善が予想以上のペースで進んでいることが明らかとなった。

usabouekitoukei 米国経済の最大の懸念材料は、長年続いてきた経常赤字の垂れ流しであった。
 経常収支が赤字になっている最大の理由は、米国が大量の製品を輸入することによって、慢性的な貿易赤字になっていることである。
 米国は90年代以降、産業構造を大きく転換させ、従来型の製造業から、サービス業とソフトウェアを中心とする高付加価値型製造業に急激にシフトした。このため国内で製造するよりもコストが安いものは、すべて国外から輸入するようになった。もともと米国は世界最大の石油輸入国であったことから、米国の貿易赤字はみるみる膨れあがったのである。

 貿易赤字がピークに達した2000年代後半には、毎月の貿易赤字額が600億ドル(約6兆円)を超えるまでになっていた。リーマンショック直前、日本の景気が一時的に回復したのは、米国が貿易赤字を垂れ流しながら、輸入を拡大していたからである。米国のバブル的な消費の恩恵をもっとも受けていたのは、他ならぬ日本だったわけである。

 リーマンショック崩壊後も、減少するかに思われた米国の輸入はあまり減らず、高い水準の貿易赤字が続いていた。だが昨年あたりからその傾向に変化が見られるようになってきた。米国の輸入が減少するとともに、輸出が回復してきたのである。2013年の3月には貿易赤字が380億ドルと400億ドルを割り、その後は300億ドル台になることが多くなってきた。

 この背景には米国への製造業回帰の動きがある。米国は安価なシェールガスの開発が進み、近い将来、エネルギーのすべてを自給できる見込みとなっている。米国は今や、もっとも安価に、かつ安定的にエネルギーを調達できる先進国のひとつとなった。もともと物作り大国であった米国には豊富な工業インフラが揃っており、工場の誘致には適した場所である。シェールガス普及をきっかけに、米国に製造拠点を移すグローバル企業が増えてきており、これにともなって輸出の増大と輸入の減少が同時に起こっている。

 この傾向は今後、さらに顕著になる可能性が高い。米国は余剰天然ガスの本格的な輸出を開始しようとしている。輸入が減少している現在の状況に、エネルギーの輸出が加われば、貿易赤字はさらに減少していくことになる。

 一方、日本の貿易赤字は拡大傾向が続いている。算出方法が異なるのでまったく同一には比較できないが、同じ月の日本の貿易赤字額はすでに125億ドル(約1兆3000億円)に達している。GDPの規模を考えると、米国と日本はほぼ同水準の貿易赤字と考えることができる。かつて日本では米国の赤字垂れ流しを批判する意見が多く聞かれたが、今や日本は米国と同水準の赤字を垂れ流し、かつその額は今後も拡大が予想されている。

 為替は最終的には物価との連動性が高いが、貿易収支の動向にも大きく左右される。このまま米国の貿易赤字縮小と日本の貿易赤字が拡大が続けば、円安方向の圧力がさらに強まることになるだろう。ドルが世界に限りなく流出するというこれまでの世界経済の図式は大きく変わりつつある。

 - 経済 ,

  関連記事

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

spain
意外に堅調な欧州経済。スペインには再び投資資金が集まっている

 欧州経済が着実な回復を見せている。ギリシャ債務問題が大きく市場を揺さぶったが、 …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

toyota02
トヨタの中間決算は絶好調。単なる円安効果なのか、本質的なカイゼンなのか?

 トヨタ自動車は11月6日、2013年4月~9月期の決算(中間決算)を発表した。 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …