ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ大統領の対応について厳しく批判していることが明らかになった。米メディア各誌が報じている。
 ゲーツ氏はブッシュ政権とオバマ政権の両方で国防長官を務めた珍しい人物。オバマ大統領は、アフガン戦争が継続していることから、しぶしぶゲーツ国防長官の留任を受け入れたといわれている。両氏が不仲であることは想像の範囲内だが、現職大統領についてこれほど厳しい批判をするのは珍しい。

geitsu

 ゲーツ国防長官はCIA出身。新卒でCIAに入局後、情報分析一筋で副長官まで昇進したコテコテのCIA官僚である。
 その後大統領補佐官に転じたのち、ブッシュ(父)政権時代にとうとうCIA長官に任命された。CIA長官は政治家が就任するケースがほとんどであり、CIA局員出身者がトップになるのは初めてのことであった。
 その後、ブッシュ(息子)政権では国防長官に任命され、イラク戦争やアフガン戦争を指揮している。オバマ大統領の就任と同時に国防長官を退任すると思われていたが、ゲーツ氏は留任となった。この人事は作戦の継続性を強く主張する軍側の意向が強く働いた結果といわれている。

 オバマ大統領は基本的にアフガン戦争からの早期撤退を望んでおり、戦争継続を希望する軍や軍需企業とは当初から対立していた。
 ゲーツ氏はオバマ大統領について「アフガン戦争を他人事のように捉えている」「カルザイ大統領を嫌っている」「彼にとっては、戦争から抜け出すことがすべてだ」などと手厳しく批判している。だが、オバマ大統領は基本的に戦争からの撤退を期待されて大統領に就任した人物であり、オバマ大統領の言動はある意味で当然のことといえる。
 どのようないきさつがあるにせよ、自分自身を国防長官に指名した最高指揮官である大統領を部下が批判するというのは、やはり筋違いであるとの印象はぬぐえない。

 ゲーツ氏による声高な批判は、やはり官僚出身者の限界を感じさせる。官僚は実務の継続性がすべてであり、大所高所からの判断を不得意としている。また本来、そのような役割を求められているわけでもない。官僚は国民から選ばれたリーダーの指示にしたがい、的確に実務を遂行するためのプロであり、それ以上でもそれ以下でもないのだ。
 選挙で選ばれた大統領から指名される国防長官は限りなく選挙で選ばれた人物に近い存在である。だがゲーツ氏は実務官僚から脱却することができなかった。回顧録でゲーツ氏は国防総省の官僚主義的な仕事の仕方についても批判しているが、典型的な官僚出身者であるゲーツ氏が官僚主義を批判しているのは少々滑稽ですらある。

 現在のオバマ政権で国防長官を務めるのは、軍、実業界、政界と豊富な経験を持つヘーゲル氏であり、同氏の就任はオバマ大統領の強い要望で実現したといわれている。国務長官のケリー氏もオバマ大統領と親交の深いベテラン政治家であり、現政権における安全保障チームのコミュニケーションはスムーズだ。

 ゲーツ氏の回顧録を通じた一連の発言は、あらためてシビリアン・コントロールの重要性を認識させる結果となっている。シビリアン・コントロールという言葉は、日本では軍人ではない人(文民)が軍を統率するという意味に理解されているが、厳密にはこれは間違いである。
 軍人であろうがなかろうが、国民から選ばれた正当性のある人物が軍や官僚組織を統率するというのが本来の意味になる。その点で、ゲーツ氏が国防長官を留任していた初期オバマ政権は、シビリアン・コントロールが十分でなかったということになる。

 - 政治 , , , , ,

  関連記事

honkon
フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

mandela
南アフリカ、反アパルトヘイト運動の英雄マンデラ元大統領の光と影

 南アフリカ政府は6月23日、入院中のネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体が …

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …

boueishou
防衛相も知らない自衛隊の極秘海外活動があったという報道をどう考えるか?

 陸上自衛隊の秘密情報部隊が、首相や防衛相にも知らせず海外で極秘活動を行っていた …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …

cameron
英キャメロン首相がEU脱退の国民投票実施を宣言。駆け引きにしては危険すぎるとの声も

 英国のキャメロン首相は23日、ロンドンで講演し、英国の欧州連合(EU)離脱を問 …