ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラストが「女性差別」である批判されたことについて、「差別する意図はなかった」との見解を発表した。
 問題のイラストが本当に差別なのかどうかはともかく、今回の一連の出来事は、様々な価値観が交錯するオープン化された社会において組織がどう振る舞えばよいのか、有益な示唆を与えてくれている。

jinkouchino

 批判を受けた表紙は、雑誌のリニューアルに合わせて新しい企画として採用されたもので、いわゆる「萌え系」の少女がロボットに見立てられ、電源コードに接続されて掃除をしている。これに対して女性差別ではないかと批判が多数寄せられたという。

 学会では「差別する意図はなかった」と見解を発表したわけだが、実際に雑誌の編集部では女性を差別するつもりなど毛頭なかっただろう。またこれが差別なのか?と問われれば、多くの人がそうではないと感じる可能性が高いと考えられる。
 一部からは過激なフェミニズム運動家やいわゆるプロ市民と呼ばれる組織化された糾弾活動ではないかとの声も聞かれる。

 だが雑誌を運営する組織の「利益」という観点で考えると、これに対して「差別ではない」と釈明したり、「プロ市民による組織的な活動である」と反論したところで、大きな損失となることに変わりはない。
 今回は学会という非営利組織なのであまり問題にはならないかもしれないが、これがグローバルに展開する企業であれば、一連の事件に対応する職員の人件費や機会損失だけであっという間に数億円から数十億円の損失となってしまう。

 日本人の多くが誤解しているが、オープン化された社会、あるいはグローバル化された社会というのは、外国人に対応しなければならない社会という意味ではない。国内であっても国外であっても、様々な価値観に基づく攻撃があちこちからランダムに向かってくる社会であることを意味している。
 この雑誌は学会誌であり、このようなイラストを掲載しなければ販売できないというビジネスモデルではない。つまりこういったトラブルは、その主張が正しいか正しくないかに関わらず、事前に避けることができたはずのものといえる。

 こういったトラブルを事前に予測し、回避することができるのかというノウハウは、オープンな現代社会において利益を最大化する大切な要素といえる。常に相対的に物事を考え、目的と手段を混同しないよう論理的に仕事を進めていかなければこうしたトラブルを防ぐことは難しい。「そのようなつもりではなかった」という釈明や「相手が非道である」という主張は、オープンな競争社会ではあまり意味をなさないのだ。

 下世話な例を挙げれば、どんなに相手が非道であってもセクハラであるとして訴訟をされたら、それだけで「負け」なのである。こうした世界で戦うためには、非道な相手にも一切の隙を与えない徹底的な事前対策が必要となる。そんなガチガチなことを言っていたら日常業務が回らないなどとボヤいているようでは、本当の意味で戦争をすることはできない。日本企業の活動や日本政府の外交活動においても、思い当たるフシがあるのではないだろうか?

 今回の事件は、グローバル社会あるいはオープン化された社会の特質を知るという意味で、多くの組織において参考となるはずである。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

nec
NECのスマホ事業撤退は、日本型ガラパゴス産業の象徴?

 これまでNTTドコモと二人三脚で携帯電話事業を展開してきたNECが、スマホから …

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

pakugiwaku
韓国の学歴社会がもたらす、朴槿恵大統領に対する激しい怒り

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が厳しい立場に追い込まれている。支持率は10% …

putin201603
プーチン大統領が突如シリアからの撤退を指示。経済的苦境が原因か?

 ロシアのプーチン大統領は2016年3月14日、シリアに展開するロシア軍の部隊の …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

genkintorihiki
銀行取引にさらに煩雑な確認作業が必要に。だが肝心の犯罪防止効果には疑問の声も

 犯罪収益移転防止法(犯罪による収益の移転防止に関する法律)が一部改正されるのに …