ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラストが「女性差別」である批判されたことについて、「差別する意図はなかった」との見解を発表した。
 問題のイラストが本当に差別なのかどうかはともかく、今回の一連の出来事は、様々な価値観が交錯するオープン化された社会において組織がどう振る舞えばよいのか、有益な示唆を与えてくれている。

jinkouchino

 批判を受けた表紙は、雑誌のリニューアルに合わせて新しい企画として採用されたもので、いわゆる「萌え系」の少女がロボットに見立てられ、電源コードに接続されて掃除をしている。これに対して女性差別ではないかと批判が多数寄せられたという。

 学会では「差別する意図はなかった」と見解を発表したわけだが、実際に雑誌の編集部では女性を差別するつもりなど毛頭なかっただろう。またこれが差別なのか?と問われれば、多くの人がそうではないと感じる可能性が高いと考えられる。
 一部からは過激なフェミニズム運動家やいわゆるプロ市民と呼ばれる組織化された糾弾活動ではないかとの声も聞かれる。

 だが雑誌を運営する組織の「利益」という観点で考えると、これに対して「差別ではない」と釈明したり、「プロ市民による組織的な活動である」と反論したところで、大きな損失となることに変わりはない。
 今回は学会という非営利組織なのであまり問題にはならないかもしれないが、これがグローバルに展開する企業であれば、一連の事件に対応する職員の人件費や機会損失だけであっという間に数億円から数十億円の損失となってしまう。

 日本人の多くが誤解しているが、オープン化された社会、あるいはグローバル化された社会というのは、外国人に対応しなければならない社会という意味ではない。国内であっても国外であっても、様々な価値観に基づく攻撃があちこちからランダムに向かってくる社会であることを意味している。
 この雑誌は学会誌であり、このようなイラストを掲載しなければ販売できないというビジネスモデルではない。つまりこういったトラブルは、その主張が正しいか正しくないかに関わらず、事前に避けることができたはずのものといえる。

 こういったトラブルを事前に予測し、回避することができるのかというノウハウは、オープンな現代社会において利益を最大化する大切な要素といえる。常に相対的に物事を考え、目的と手段を混同しないよう論理的に仕事を進めていかなければこうしたトラブルを防ぐことは難しい。「そのようなつもりではなかった」という釈明や「相手が非道である」という主張は、オープンな競争社会ではあまり意味をなさないのだ。

 下世話な例を挙げれば、どんなに相手が非道であってもセクハラであるとして訴訟をされたら、それだけで「負け」なのである。こうした世界で戦うためには、非道な相手にも一切の隙を与えない徹底的な事前対策が必要となる。そんなガチガチなことを言っていたら日常業務が回らないなどとボヤいているようでは、本当の意味で戦争をすることはできない。日本企業の活動や日本政府の外交活動においても、思い当たるフシがあるのではないだろうか?

 今回の事件は、グローバル社会あるいはオープン化された社会の特質を知るという意味で、多くの組織において参考となるはずである。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

no image
スペインに工場を移管するメーカーが続出。理由はコストの安さと政府の労働市場改革

 財政危機によって大打撃を受けたスペインだが、労働者の賃金が大幅に低下したことで …

kousai
痴漢事件で逆転無罪判決。理由はなんと「裁判官による誘導尋問」があったから

 痴漢をめぐって一審判決で有罪となり、控訴審で争っていた裁判でちょっとした「事件 …

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

bouekitoukei 201507
貿易赤字は4カ月連続だが、赤字幅は縮小均衡。しばらくこの状態が続く?

 財務省は2015年8月17日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …