ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だったと発表した。過去最多だった2010年の861万人を大幅に上回った。日本政府は訪日外国人旅行者数を1000万人とする目標を立てており、昨年12月にこれを達成した。最終的な訪日外国人数が発表されたことで、あたらためて1000万人来日時代に入ったことが確認された。

gaikokujin

 とりあえず日本政府による外国人観光客誘致の最初の目標はクリアしたわけだが、重要なのは今後の展開である。
 このところ日本は輸出の減少と輸入の拡大が続いており、慢性的な貿易赤字体質となっている。この傾向は今後も続く可能性が高く、輸出で外貨を稼ぐという時代は完全に終了したと考えてよい。

 外国人観光客を積極的に誘致するという目標を政府が掲げているということは、観光を大きな産業に育て、外貨獲得や雇用拡大の手段にするということを意味している。だがグローバルに見た場合、1000万人という数字は観光業としてはあまりにも小さすぎるというのが現実である。

 一般に観光業が盛んな国というのは、長い歴史があり、1000万人規模の大都市を擁していることが多い。日本はこの条件を満たしているのだが、日本が受け入れる外国人観光客の数は、同じ条件の諸外国と比較すると異常に少ない。英国は毎年3000万人、米国や中国は6000万人、フランスにいたっては 8000万人もの観光客が訪れている。これほど観光客が少ないのは実は日本だけなのである。
 地理的条件が不利であることをその理由にあげる人も多いが、場所が近い中国が日本の6倍もの観光客を受けれている事実を考えると、それはあてはまらない。やはり潜在的な集客力に比べて、実際の成果が追い付いていないと考えるべきだろう。

 もし日本が本当に観光業を大きな産業に育てようというのであれば、この規模では国際競争力という観点でまったくお話にならない。少なくとも3000万人以上の訪問がなければ、観光という世界マーケットで一定の影響力を持つことは難しく、日本経済に対しても目立った効果はないだろう。だが今後、数倍の外国人観光客を本気で受け入れるとなると、国内でもそれなりの覚悟が必要となってくる。
 1000万人程度ではあまり意識されなかったかもしれないが、これが3000万人、5000万人となってくると、それに比例してトラブルも数多く顕在化してくることになるからだ。

 日本人の中で、ホンネの部分では外国人に来て欲しくないと思っている人はかなり多いと考えられる。1000万人では大きな問題にはならないが、3000万人になるとこれは確実に大きな障害となる。国際化というとすぐに英語という短絡的な発想になりがちだが、問題の本質はそこではない。
 まったく異なる思考回路や価値観の人間が存在するということを前提に物事を考えるという、ムラ社会では経験したことのない行動様式が求められることになる。また外国人向けにビジネス・インフラを整備するとなると、場合によっては既存の産業が衰退するところもでてくる。こうした部分での利害調整もより面倒になってくる。

 日本が持つ潜在力を生かして、大量の外国人観光客を受け入れることができれば、今後縮小が続く日本経済に確実にプラスの影響を与えることができる。しかし、それは中途半端な体制では実現することはできない。外国人観光客を本当に増加させ、観光を基幹産業の一つとして育てるつもりがあるのか、そして、そのデメリットも含めて受け入れる覚悟はあるのか、日本人は決断しなければならない時期に来ている。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

korea
韓国で個人負債増加が政策課題に急浮上。日本も他人事ではないかもしれない

 以前から家計の負債増加が指摘されていた韓国で、この問題が政策的な重要課題に浮上 …

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

bigben
ロシアと敵対しても金融街へのアクセスを禁止しようとしない英国の高度な戦略

 ウクライナの内政にロシア軍が介入している問題について、米国やEUは部分的な制裁 …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

tenanmon
中国の人権侵害の象徴「労働矯正施設」。廃止か改革かをめぐって国内で激論

 中国の人権侵害の象徴であった「労働矯正制度」の廃止をめぐって中国が揺れている。 …