ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国防総省が中国の技術開発を追跡するプロジェクトを開始。これが意味すること

 

 米国防総省は中国の技術開発が安全保障上の脅威になる可能性が高いとして、中国が開発する新技術の特許出願状況などを包括的に追跡するプロジェクトを開始する。米メディアが伝えている。

pentagon

 中国による特許出願は現在急激な勢いで増えており、単純な出願件数ベースではすでに世界1位となっている。
 出願される特許の中には、軍事技術に直結するもの多く、こうした特許は2012年には前年比で35%も増加したという。こうした状況が続けば、近い将来、中国の新技術が米国の安全保障に大きな影響を与える可能性がある。

 こうした事態を受けて国防総省では、中国を念頭に、外国が開発した軍事技術を包括的に追跡するプロジェクトを立ち上げ、継続的に開発動向を分析することにした。
 プロジェクトには、テクノロジーウォッチ、ホライズンスキャンといった手法が用いられる。これらは将来予測の分野では比較的多用されている手法で、あらゆる分野の新技術をリサーチし、それらがどのように応用されていくのか関連付け、軍事的脅威について分析するというものである。

 国防総省が中国を対象にこうしたプロジェクトをスタートさせたということは、これまで先進国のものまねが中心であった中国の技術開発レベルが急激に上昇していることを示唆している。またテクノロジーをめぐる覇権の図式が大きく変わったことも同時に意味している。

 かつて国防総省が技術開発の動向を探る先は日本であった。日本が民生用に開発した新技術で軍事転用可能なものは多く、これらは米国の懸案事項の一つであった(デュアルユース・テクノロジーと呼ばれていた)。
 例えば日本の塗料メーカーが高層ビルや橋梁によるテレビの電場障害を防止するために開発した塗料は、現在のステルス技術の基礎となっている。在日米軍には、日本企業の技術動向を継続的に情報収集する部門が設置され、ジャーナリストや学者など民間人になりすました諜報員が、取材や物作りに関する研究といった形で、米国の脅威となる技術動向を常に探っていた。

 だが時代は変わり、米国は日本の技術には脅威を感じなくなった。その代わりに中国の技術動向に神経をとがらせるようになっている。かつて石原慎太郎氏が切れ味のある国会議員だった時代、「日本が半導体の供給を止めれば、米国は核ミサイル一発すら発射できない」と発言し物議を醸したことがあった。だが、その立場は中国に取って代わられつつある。

 米国はいまだにテクノロジーの分野で最先端を走っており、日本だけが遅れを取ってしまったわけだが、その理由ははっきりしている。ハードウェアを中心とした80年代の思考回路から抜け出すことができなかったからである。日本は、真空管からトランジスタ、IC、LSIというハードウェアの進化にはうまく対応したが、そこから先のソフト化とオープン化に追い付くことができなかった。

 現在の日本には、かつての技術大国の時代を懐かしんだり、むやみに日本の技術を賞賛する現実逃避的な雰囲気が蔓延している。だが技術開発はいってみれば戦争そのものであり、戦争を着実に遂行するためには感傷に浸っている余裕はないはずである。技術で後れを取ったという、冷酷な現実を直視することこそが、日本の技術を復活させるための第一歩といえるだろう。

 - 政治, IT・科学 , ,

  関連記事

hunterbiden
バイデン副大統領の息子が、ウクライナのガス会社役員に就任

 バイデン米副大統領の息子であるハンター氏が、ウクライナの天然ガス会社であるブリ …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

spain
スペインがわずか1600万円の不動産投資で外国人に永住権を付与

 スペイン政府は、銀行の不良債権問題の解決策のひとつとして、16万ユーロ(およそ …

taima
高樹沙耶容疑者の逮捕で医療用大麻への関心が高まっているが・・・

 大麻取締法違反で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者が、医療用大 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …

senkyo
選挙終了で違反者の逮捕が始まる。だが公職選挙法の内容はこんなに馬鹿げている

 総選挙が終了し、恒例の公職選挙法違反での逮捕が始まった。  大阪府警は20日、 …

misairuhikaku
北朝鮮が打ち上げた「銀河3号」と韓国のロケット「羅老号」はどう違うのか?

 北朝鮮が打ち上げた長距離弾道ミサイルについて、打ち上げプロジェクトは基本的に成 …

yamaguchiabe
軽減税率は加工食品まで含める形で最終調整。公明が譲れない理由

 消費税10%への引き上げに伴って導入が検討されている軽減税率について、自民・公 …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …