ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米雇用統計は予想を下回る。FRB議長交代もあり、市場は神経質な展開

 

 米労働省は2014年1月10日、2013年12月の雇用統計を発表した。このところ米国では毎月の雇用者数の増加が20万人を超えていたが、今月は前月比で7万4000人と市場の予測を大きく下回った。一方、失業率は前月から0.3ポイント改善し、6.7%となった。雇用者数の増加と失業率低下にギャップがあり、量的緩和の縮小スピードをめぐって、今後のFRB(連邦準備制度理事会)の判断が注目される。

usakoyoutoukei201312

 主要指標である非農業部門の雇用者数は前月比7万4000人の増加であった。米国では20万人程度の雇用者数増加は好景気のひとつの目安といわれている。10月は20万人、11月は24万人と好調な数字が続いており、FRBが量的緩和縮小を開始するひとつの判断材料になっていた。
 12月も20万人程度の増加を予想する声が多かったが、予想に反して増加は7万人にとどまった。もっとも11月の増加数の改定値は24万人と大きく上方修正されている。
 今回はその反動分が大きい可能性もあり、雇用増加が本当に鈍化したのかどうかは、来月以降の数字を見なければ判断できない。

 一方失業率は前月の7.0%から6.7%に急低下した。雇用者数の増加が鈍化しているのに失業率が劇的に改善しているのは、職探しを諦めてしまい求職者にカウントされない人が増加しているからである。12月の生産年齢人口は17万8000人増加しているが、労働力人口は逆に35万7000人減少した。これが失業率を大きく引き下げた要因である。

 FRBは、この状況をよく理解している。量的緩和の縮小を決めた前回のFOMC(連邦公開市場委員会)では、失業率がひとつの目安である6.5%を下回っても、インフレ率が目標を下回っている限りは緩和を継続するスタンスを明確にした。失業率は改善しているが、雇用の増加はそれほどでもないという状況が続く場合には、FRBは縮小を行いながらも緩和的なスタンスを維持することになる。

 このあたりをどう判断するのかは非常に微妙なところである。労働市場のギャップについて、米国経済の回復がまだ完全でないことの証拠だとすればFRBの措置は正しいということになる。だが失業率の改善に比べて雇用増加のペースが遅いことは、産業構造の転換によるものである可能性もある。いわゆるジョブレスリカバリーなのだとすると、緩和スタンスの継続はインフレを加速させてしまう。

 10日の米国株式市場は、雇用統計の発表を受け上昇して始まった。雇用増加よりもFRBの緩和スタンス継続が強く意識されたからである。だがその後、労働市場の弱さが意識され、65ドルほど下落したが再び持ち直し、結局、前日比ほぼ横ばいで引けた。
 FRBはイエレン新議長への交代時期を迎えている。新体制での方向性がはっきりするまで、市場では少々神経質な展開が続くだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
セコムが東電から巨大要塞データセンターを買収。その成否は?

 セコムが東京電力からデータセンターを買収すると日経新聞が報じている。セコムが買 …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

gasstation
浪費時代に逆戻り?原油価格の下落で変わる米国の消費市場

 省エネ志向から小型車に人気が集まっていた米国の自動車市場に異変が起きている。燃 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …

keizaizaiseisimon201410
政府がとうとう7~9月期GDPの弱含みについてアナウンスを開始?

 10%消費増税の判断材料となる7~9月期のGDP(国内総生産)について、数値が …