ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載したことが大きな話題となっている。
 フランスは権力者に対するタブーが強く、以前はメディアが権力者の私生活を報じることはほとんどなかった。だがサルコジ前大統領の時代からその流れが変わり、こうした報道も行われるようになってきた。グローバル化の流れを受けてフランスの社会風習も変わりつつある。

orandojoyu

 芸能誌が掲載した写真は、2013年の大晦日、パリのマンションで2人が過ごしたとされるもの。オランド大統領はプライバシーの侵害だとして法的措置を検討するとしている。

 フランスはその成り立ちが革命政権であることから、民主主義に対する価値観が、他の民主国家とは少し異なっている。
 戦前の日本と同様、本来、軍隊内部の捜査機関である憲兵隊が一般国民に対する強力な捜査権限を持っている。軍隊が自国民に対して日常的に権力を発動するのは、軍事政権では珍しくないが、民主国家ではあまり例がない。また行政に対する裁判は、司法ではなく行政内に設置された裁判所が受け付けることになっており、あまり中立性は担保されない。
 当然のことながら、政治家はかなりの既得権益を持っており、権力者に対するタブーが強いことで知られている。かつてミッテラン大統領の不倫について質問した記者が「それがどうした」と大統領に返され、つまみ出された話は有名である。

 だが、本来、民主国家においては、選挙で選ばれたリーダーにプライバシーはないのが原理原則である。政治家は、婚姻制度や性倫理などを規定している法律を変える権限を有している。政治家の方針一つで、同性愛や事実婚が違法となったり合法となったりするという現実を考えると、政治家がどのような私生活を送り、どういった結婚観や性倫理観を持っているのかについて国民は知る権利がある。
 また国家のトップはミサイルの発射ボタンを押す権限が与えられているという重い事実を考えれば、どのような私生活を送っているのか把握できないというのは大きな問題である。政治家のプライバシーの保護が、場合によっては、汚職の隠蔽や外国による工作活動の隠れ蓑にされてしまうということも周知の事実である。

 かつて不倫騒動を起こしたクリントン元米大統領は、議会の調査委員会による徹底した調査で、不倫相手のモニカ・ルインスキーさんと、大統領執務室においてどのような姿勢で性行為に及んだのかまで公開された。さすがにこれに対してはやり過ぎとの批判が出たが、オバマ現大統領も、本来は明かしたくないであろう詳細な健康診断の結果まで国民に公表している。

 価値観が多様化し、ネットを使ってグローバルに情報が流れる時代において、情報を隠すことはデメリットの方が多くなりつつある。オランド大統領もそのことはある程度認識していたようで、オバマ大統領ほどではないが、健康診断の結果を公開して話題となった。だが女優とのゴシップという、まったく別な形で、私生活の透明性を高める結果となってしまったようだ。

 一方、主要国で政治家の私生活や健康状態についてもっともタブー視されているのは、当然のことながら中国とロシアである。これらの国では、下手をすると権力者の健康状態について発言をしただけで身柄を拘束される危険性もある。独裁国家である北朝鮮はもちろんのこと、韓国も権力者に対するタブーが強い。
 要するに、その国の民主化レベルと情報公開の水準はほぼ比例しているわけだが、ひるがえって日本はどうであろうか?

 - マスコミ, 政治, 芸能 , ,

  関連記事

clinton
岸田外相の訪米が決定。だが米国側の最大の関心事は何と慰安婦問題?

 岸田文雄外相は8日、クリントン米国務長官と電話会談を行い、今月18日にワシント …

abeputin
安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問 …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

beikan
韓国における米軍からの指揮権移管延期問題は、日本にとって他山の石

  米国のヘーゲル国防長官と韓国の金寛鎮国防相は10月2日、ソウルで米韓安保会議 …

kankan
観艦式で野田首相が領土問題を念頭に訓示。だが主役の海保は忙しくて参加できず

 海上自衛隊観艦式が14日、神奈川県の相模湾沖で開催された。野田佳彦首相は、尖閣 …

no image
新しい中国大使は有能な実務官僚。だが田中真紀子大臣からツメられ入院したひ弱な面も

 政府は22日午前の閣議で、急死した西宮伸一中国大使の後任として木寺昌人官房副長 …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …