ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オランド仏大統領の女優密会報道から考える、権力者に対するタブーと民主主義

 

 フランスの芸能誌がオランド大統領と女優ジュリー・ガイエさんとの密会写真を掲載したことが大きな話題となっている。
 フランスは権力者に対するタブーが強く、以前はメディアが権力者の私生活を報じることはほとんどなかった。だがサルコジ前大統領の時代からその流れが変わり、こうした報道も行われるようになってきた。グローバル化の流れを受けてフランスの社会風習も変わりつつある。

orandojoyu

 芸能誌が掲載した写真は、2013年の大晦日、パリのマンションで2人が過ごしたとされるもの。オランド大統領はプライバシーの侵害だとして法的措置を検討するとしている。

 フランスはその成り立ちが革命政権であることから、民主主義に対する価値観が、他の民主国家とは少し異なっている。
 戦前の日本と同様、本来、軍隊内部の捜査機関である憲兵隊が一般国民に対する強力な捜査権限を持っている。軍隊が自国民に対して日常的に権力を発動するのは、軍事政権では珍しくないが、民主国家ではあまり例がない。また行政に対する裁判は、司法ではなく行政内に設置された裁判所が受け付けることになっており、あまり中立性は担保されない。
 当然のことながら、政治家はかなりの既得権益を持っており、権力者に対するタブーが強いことで知られている。かつてミッテラン大統領の不倫について質問した記者が「それがどうした」と大統領に返され、つまみ出された話は有名である。

 だが、本来、民主国家においては、選挙で選ばれたリーダーにプライバシーはないのが原理原則である。政治家は、婚姻制度や性倫理などを規定している法律を変える権限を有している。政治家の方針一つで、同性愛や事実婚が違法となったり合法となったりするという現実を考えると、政治家がどのような私生活を送り、どういった結婚観や性倫理観を持っているのかについて国民は知る権利がある。
 また国家のトップはミサイルの発射ボタンを押す権限が与えられているという重い事実を考えれば、どのような私生活を送っているのか把握できないというのは大きな問題である。政治家のプライバシーの保護が、場合によっては、汚職の隠蔽や外国による工作活動の隠れ蓑にされてしまうということも周知の事実である。

 かつて不倫騒動を起こしたクリントン元米大統領は、議会の調査委員会による徹底した調査で、不倫相手のモニカ・ルインスキーさんと、大統領執務室においてどのような姿勢で性行為に及んだのかまで公開された。さすがにこれに対してはやり過ぎとの批判が出たが、オバマ現大統領も、本来は明かしたくないであろう詳細な健康診断の結果まで国民に公表している。

 価値観が多様化し、ネットを使ってグローバルに情報が流れる時代において、情報を隠すことはデメリットの方が多くなりつつある。オランド大統領もそのことはある程度認識していたようで、オバマ大統領ほどではないが、健康診断の結果を公開して話題となった。だが女優とのゴシップという、まったく別な形で、私生活の透明性を高める結果となってしまったようだ。

 一方、主要国で政治家の私生活や健康状態についてもっともタブー視されているのは、当然のことながら中国とロシアである。これらの国では、下手をすると権力者の健康状態について発言をしただけで身柄を拘束される危険性もある。独裁国家である北朝鮮はもちろんのこと、韓国も権力者に対するタブーが強い。
 要するに、その国の民主化レベルと情報公開の水準はほぼ比例しているわけだが、ひるがえって日本はどうであろうか?

 - マスコミ, 政治, 芸能 , ,

  関連記事

tokkyoshou
特許黒字は1兆円だがその内実は・・・・。特許収支からも分かる日本の空洞化

 国際競争力の低下や円高などによって、日本企業の海外移転が急ピッチで進んでいるが …

bata
農林水産省がバターの追加輸入を決定。バターは国家独占貿易だった

 農林水産省は2015年5月27日、バターの品薄に対処するため、1万トンの追加輸 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …

kotori
消費税還元セールは禁止!政府与党の本当の狙いは何か?

 政府・自民党は、消費税の増税にあたって小売店が「消費税還元セール」を行うことを …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …