ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5928億円の赤字となった。赤字となるのは2カ月連続で単月としては過去最大の水準。貿易収支が1兆2543億円の赤字で、11月としては過去最大だったことが大きく影響した。

kokusaishushi201311  国際収支は季節による変動が大きく、季節調整済みの数字も併せて検証する必要がある。
 季節調整済みの数字では、赤字額は466億円とかなり少なくなるが、逆に期間は3カ月連続となっている。経常赤字が急激に拡大したと解釈するのは早計だが、着実に経常赤字体質への転換は進んでいると考えるべきだろう。

 経常収支が赤字になってしまうのは、貿易赤字が拡大しているからであり、貿易赤字拡大の理由は、輸出の不振と輸入の増大である。

 輸入の増大は原発の停止によるエネルギー輸入が原因といわれており、原発を再稼働すれば問題が解決するとの期待がある。だが現実はそうではない。確かにエネルギー輸入の増大は、貿易赤字拡大の要因の一つではあるが、それは量が増えたのではなく、価格が上昇したのである。
 実は、日本全体のエネルギー輸入量は震災前と震災後でほとんど変化していない。この間、LNGの価格が2倍に、原油価格が1.5倍に上昇しており、全体の金額を押し上げた。LNGの価格上昇は日本の原発停止を見込んで、価格がつり上げられた面があり、原発停止とはまったく無関係ではないものの、エネルギー輸入の大半を占める原油価格の方は原発停止とは無関係である。日本は原発の停止分の多くを節電という何とも原始的な方法で対処してしまった。つまり原発を再稼働しても、貿易赤字の問題が解決するわけではないのだ。
 輸出の不振も国際競争力の問題と深く関係しており、円安で解消されるという単純なものではない。経常赤字への転落は、構造的な問題であり、基本的には回避不能であることを認識する必要がある。

 経常収支の赤字転落は円の下落要因となる。今後、経常赤字の慢性化がよりはっきりしてくれば、長期的にはさらに円安が進むだろう。だが短期的に見れば為替市場は需給で決定されるという側面が強い。急激に進んだ円安で現在、為替市場には円安ドル高のポジションが積み上がっている。何らかのきかっけでこのポジションが巻き戻されることになれば、一時的には円高が復活する可能性もある。

 今後、長期的に円安が見込まれる場合、その影響を緩和するもっとも効果的な方法は海外投資の加速である。その意味で、一時的に円高が復活する局面は、日本にとっては最大の、そして最後の海外投資のチャンスとなるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

kougu
日本は本当にモノ作りの国なのか?メイカーズ革命で問われる真の国民性

 日本はモノ作りの国であるといわれている。日本人は手先が器用で真面目なのでモノ作 …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

opec02
OPECが原油価格暴落にもかかわらず、減産を見送った背景

 OPEC(世界石油輸出国機構)は2014年11月27日、オーストリア・ウィーン …

nintendowii
巨額赤字の任天堂。相続された株式の行方をめぐって市場は戦々恐々

 任天堂は2014年1月17日、2014年3月期の業績予想を大幅に下方修正すると …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …