ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはすでに過去のものとなりつつある。米国の貿易収支と財政収支が劇的な改善を見せ始めている。近い将来、米国は経常赤字と財政赤字を完全に克服できる見込みであり、世界経済の枠組みは大きく転換することになる。

usaboueki 米財務省は2014年1月13日、2013年12月の財政収支が532億2000万ドル(約5兆5000億円)の黒字だったと発表した。
 12月の財政収支が黒字となるのは2007年以来6年ぶり。政府系住宅金融機関の配当拡大など特殊要因が大きく影響しているものの、赤字続きであった米国の財政収支が単月黒字に転じたインパクトは大きい。

 米国は2009年以降、1兆ドルを超える財政赤字が続いていた。だが前会計年度(2012年10月~2013年9月)の財政赤字は6800億ドル(約70兆円)となり、1兆ドルを大きく下回った。現会計年度(2013年10月~2014年9月)における第1四半期の赤字額は約1736億ドルで、昨年度の同期間の赤字額から4割減少している。このペースでいけば、今期の財政赤字はさらに減少する可能性が高い。

 財政赤字に加えて、経常赤字の最大要因であった貿易赤字についても改善が進んでいる。米商務省が1月7日に発表した2013年11月の貿易赤字は、前月から約13%減少した。この数字は市場予想を大きく下回っており、米国の貿易赤字改善が予想以上のペースで進んでいることが明らかとなった。

 財政収支や貿易収支が改善しているのは、米国の景気回復が進み、輸出と税収が増えているからである。米国はシェールガス革命によって、世界でもっとも安価に、かつ安定的にエネルギー供給を受けられる国となった。これにともなって米国には多くの製造業が回帰してきており、輸入の減少と輸出拡大が進んでいる。もともと個人消費が堅調だったところに製造業の復活が重なったため、景気拡大に拍車がかかり、これにともなって税収が大きく伸びている。

 また与野党の協議がほぼまとまったこともあり、米国政府の歳出削減は今後、急ピッチで進む可能性が高い。これらの要因が組み合わされることで、財政収支と貿易収支の改善が同時に進んでいるのだ。

 GDP比でみた場合の貿易赤字は、すでに日本と米国は同じ水準に達している。今後日本の貿易赤字は拡大し、米国の貿易赤字は縮小する見込みとなっている。財政赤字については、日本は米国の2倍以上の水準だ(日本政府は資産を保有しているから大丈夫という説があるが、資産を差し引いたネットの数値でもあまり状況は変わらない)。

 世界に向けて赤字を垂れ流す国は米国ではなく、日本になりつつある。米国は貿易赤字を垂れ流しながらも、魅力的な資本市場によって世界からマネーをかき集めていたので、資金不足になるどころか好景気を謳歌することさえできた。だが閉鎖的で魅力に欠ける日本市場には世界からマネーが集まる可能性は限りなく低い。日本が慢性的な経常赤字国となれば、それは純粋な資金流出を意味する。

 だが市場開放というグローバリズムによる解決方法を受け入れないという選択をしたのは、ほかならぬ日本人自身である。アルゼンチンやチリは戦前は豊かな先進国であったが、戦後は資金流出とそれに伴う諸外国からの高利の借金に長く苦しんだ。
 現在はあまり強く意識されていないかもしれないが、日本人が経済財政政策に関して重大な決断を迫られる時期はそう遠くないだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

abeamari
成長戦略への不評から首相サイドが大慌て。首相の本心はどこに?

 成長戦略に対する市場の失望が大きかったことで、首相サイドが慌ただしい動きを見せ …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

bukkajoushou
とうとう物価上昇にブレーキ!日銀の追加緩和策はどうなるのか?

 総務省は2014年3月28日、2014年2月の消費者物価指数を発表した。各指標 …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …