ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはすでに過去のものとなりつつある。米国の貿易収支と財政収支が劇的な改善を見せ始めている。近い将来、米国は経常赤字と財政赤字を完全に克服できる見込みであり、世界経済の枠組みは大きく転換することになる。

usaboueki 米財務省は2014年1月13日、2013年12月の財政収支が532億2000万ドル(約5兆5000億円)の黒字だったと発表した。
 12月の財政収支が黒字となるのは2007年以来6年ぶり。政府系住宅金融機関の配当拡大など特殊要因が大きく影響しているものの、赤字続きであった米国の財政収支が単月黒字に転じたインパクトは大きい。

 米国は2009年以降、1兆ドルを超える財政赤字が続いていた。だが前会計年度(2012年10月~2013年9月)の財政赤字は6800億ドル(約70兆円)となり、1兆ドルを大きく下回った。現会計年度(2013年10月~2014年9月)における第1四半期の赤字額は約1736億ドルで、昨年度の同期間の赤字額から4割減少している。このペースでいけば、今期の財政赤字はさらに減少する可能性が高い。

 財政赤字に加えて、経常赤字の最大要因であった貿易赤字についても改善が進んでいる。米商務省が1月7日に発表した2013年11月の貿易赤字は、前月から約13%減少した。この数字は市場予想を大きく下回っており、米国の貿易赤字改善が予想以上のペースで進んでいることが明らかとなった。

 財政収支や貿易収支が改善しているのは、米国の景気回復が進み、輸出と税収が増えているからである。米国はシェールガス革命によって、世界でもっとも安価に、かつ安定的にエネルギー供給を受けられる国となった。これにともなって米国には多くの製造業が回帰してきており、輸入の減少と輸出拡大が進んでいる。もともと個人消費が堅調だったところに製造業の復活が重なったため、景気拡大に拍車がかかり、これにともなって税収が大きく伸びている。

 また与野党の協議がほぼまとまったこともあり、米国政府の歳出削減は今後、急ピッチで進む可能性が高い。これらの要因が組み合わされることで、財政収支と貿易収支の改善が同時に進んでいるのだ。

 GDP比でみた場合の貿易赤字は、すでに日本と米国は同じ水準に達している。今後日本の貿易赤字は拡大し、米国の貿易赤字は縮小する見込みとなっている。財政赤字については、日本は米国の2倍以上の水準だ(日本政府は資産を保有しているから大丈夫という説があるが、資産を差し引いたネットの数値でもあまり状況は変わらない)。

 世界に向けて赤字を垂れ流す国は米国ではなく、日本になりつつある。米国は貿易赤字を垂れ流しながらも、魅力的な資本市場によって世界からマネーをかき集めていたので、資金不足になるどころか好景気を謳歌することさえできた。だが閉鎖的で魅力に欠ける日本市場には世界からマネーが集まる可能性は限りなく低い。日本が慢性的な経常赤字国となれば、それは純粋な資金流出を意味する。

 だが市場開放というグローバリズムによる解決方法を受け入れないという選択をしたのは、ほかならぬ日本人自身である。アルゼンチンやチリは戦前は豊かな先進国であったが、戦後は資金流出とそれに伴う諸外国からの高利の借金に長く苦しんだ。
 現在はあまり強く意識されていないかもしれないが、日本人が経済財政政策に関して重大な決断を迫られる時期はそう遠くないだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

no image
ユーロ・ベガス計画がマドリードに決定。スペインの街にイタリア都市が出現?

 ユーロ・ベガスと呼ばれるスペインの超大型カジノ計画をめぐって、激しい誘致合戦を …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …