ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の財政・貿易収支の改善が顕著に。赤字垂れ流し国家は米国から日本に移った

 

 「膨大な額の経常赤字を垂れ流し、財政赤字にも苦しむ国」という米国のイメージはすでに過去のものとなりつつある。米国の貿易収支と財政収支が劇的な改善を見せ始めている。近い将来、米国は経常赤字と財政赤字を完全に克服できる見込みであり、世界経済の枠組みは大きく転換することになる。

usaboueki 米財務省は2014年1月13日、2013年12月の財政収支が532億2000万ドル(約5兆5000億円)の黒字だったと発表した。
 12月の財政収支が黒字となるのは2007年以来6年ぶり。政府系住宅金融機関の配当拡大など特殊要因が大きく影響しているものの、赤字続きであった米国の財政収支が単月黒字に転じたインパクトは大きい。

 米国は2009年以降、1兆ドルを超える財政赤字が続いていた。だが前会計年度(2012年10月~2013年9月)の財政赤字は6800億ドル(約70兆円)となり、1兆ドルを大きく下回った。現会計年度(2013年10月~2014年9月)における第1四半期の赤字額は約1736億ドルで、昨年度の同期間の赤字額から4割減少している。このペースでいけば、今期の財政赤字はさらに減少する可能性が高い。

 財政赤字に加えて、経常赤字の最大要因であった貿易赤字についても改善が進んでいる。米商務省が1月7日に発表した2013年11月の貿易赤字は、前月から約13%減少した。この数字は市場予想を大きく下回っており、米国の貿易赤字改善が予想以上のペースで進んでいることが明らかとなった。

 財政収支や貿易収支が改善しているのは、米国の景気回復が進み、輸出と税収が増えているからである。米国はシェールガス革命によって、世界でもっとも安価に、かつ安定的にエネルギー供給を受けられる国となった。これにともなって米国には多くの製造業が回帰してきており、輸入の減少と輸出拡大が進んでいる。もともと個人消費が堅調だったところに製造業の復活が重なったため、景気拡大に拍車がかかり、これにともなって税収が大きく伸びている。

 また与野党の協議がほぼまとまったこともあり、米国政府の歳出削減は今後、急ピッチで進む可能性が高い。これらの要因が組み合わされることで、財政収支と貿易収支の改善が同時に進んでいるのだ。

 GDP比でみた場合の貿易赤字は、すでに日本と米国は同じ水準に達している。今後日本の貿易赤字は拡大し、米国の貿易赤字は縮小する見込みとなっている。財政赤字については、日本は米国の2倍以上の水準だ(日本政府は資産を保有しているから大丈夫という説があるが、資産を差し引いたネットの数値でもあまり状況は変わらない)。

 世界に向けて赤字を垂れ流す国は米国ではなく、日本になりつつある。米国は貿易赤字を垂れ流しながらも、魅力的な資本市場によって世界からマネーをかき集めていたので、資金不足になるどころか好景気を謳歌することさえできた。だが閉鎖的で魅力に欠ける日本市場には世界からマネーが集まる可能性は限りなく低い。日本が慢性的な経常赤字国となれば、それは純粋な資金流出を意味する。

 だが市場開放というグローバリズムによる解決方法を受け入れないという選択をしたのは、ほかならぬ日本人自身である。アルゼンチンやチリは戦前は豊かな先進国であったが、戦後は資金流出とそれに伴う諸外国からの高利の借金に長く苦しんだ。
 現在はあまり強く意識されていないかもしれないが、日本人が経済財政政策に関して重大な決断を迫られる時期はそう遠くないだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …