ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高いことが、内閣府の調査で明らかになった。日本企業の生産性の低さがしばしば問題にされているが、従来の働き方や評価方法に対する見直しが迫られそうだ。

zangyou

 調査は2013年9月に実施され、20~59歳の労働者約2500人が回答した。調査結果はワークライフ・バランスに関する今後の政策提言に活用される。

 調査では、「残業している人について上司はどう評価していると思うか?」という質問に対して、「頑張っている人」「仕事ができる人」といったポジティブ評価をしていると答えた労働者は、残業時間10時間未満の人では38%だったが、12時間以上の人では53%に達した。
 一方、残業している人について「仕事が遅い人」といったネガティブな評価を上司がしていると考えている労働者の割合いは、残業10時間未満では37%だったのに対して、残業12時間以上では26%に減少している。
 つまり残業が多い人ほど、残業すれば上司が自分を高く評価すると考え、残業が少ない人ほど、残業は仕事ができないことの証明と考えているということになる。

 この結果は、労働者の残業時間は、上司の評価基準(厳密には評価基準に対するイメージ)に大きく左右されることを示している。残業をプラス評価する人が一定数以上存在していれば、残業は継続することになる。
 日本は経済水準に比べて、労働者、特にホワイトカラーの生産性が低いといわれている。最近では残業をさせるとブラック企業と呼ばれるという風潮もあり、労働時間は減ってきているが、それでも、他国と比較すると生産性は低いままだ。

 今回の結果を見ると、社風や評価基準を変えることによって、残業を減らすことが可能であり、それに伴って企業の生産性を向上させる余地があると判断できそうだ。だが日本全体で考えると、話はそう単純ではない。日本の低い生産性は、残業をプラス評価する労働慣行だけでもたらされているわけではないからだ。

 生産性は、生産高を労働時間(労働者数)で割って求められる。特にマクロ的な意味での生産性は、どれだけ生産高(付加価値)が大きかったのかに左右される。日本はドイツや米国と並ぶ物作り大国だったが、両国が付加価値の高い製品にシフトしたにもかかわらず、日本の製造業の多くは、依然として少品種大量生産のビジネスモデルを続けている。またサービス業についても企業集約が進まず、効率の悪い経営を続けている。
 生産性を計算する式の分子にあたる付加価値を上げられないことから、日本企業の生産性の向上には限界があるのだ。しかも、低付加価値産業の場合、生産量の絶対値を上げるには、労働時間で稼ぐしかなく、生産性はいつまで経っても上昇しない。

 日本企業は雇用維持を最優先しているので、経営を合理化して付加価値の高いビジネスモデルに移行することができずにいる。これが生産性が低い最大の理由であり、長時間労働はむしろ、その結果として発生していると考えるべきである。

 現在、日本では賃上げに関する議論が行われている。もし日本企業の多くが経営の効率化を行えば、生産性は向上し、賃金はすぐに上昇するだろう。だがその分、多くの雇用が失われることになる。現在の雇用を維持しようと思った場合には、生産性は容易に向上せず、賃金も上昇しない可能性が高い。
 同じ収益なら労働時間を減らし、その分余暇などで消費が増えれば、全体としてはプラス効果となる。その意味でワークライフバランスの進展は望ましいことかもしれないが、現状の経済状況に対するマクロ的な解決策にはなり得ない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

keitai
年配社員と若手社員の携帯電話論争は世代間ギャップの問題ではない

 最近、会社内における電話の使い方について、若い世代と年配世代で激しい対立がある …

tosho05
中国ショックによる世界同時株安。日本は特に悪い条件が揃っている

 中国の景気減速懸念から、先週の株式市場は大荒れとなった。市場では下落は一時的と …

danjobyoudo
男女平等と経済成長の密接な関係。女性差別が激しいフランスから分かること

 フランス政府は30日、女性差別を解消するための対策を発表した。職場での女性差別 …

roujin02
日本は立派な?年金制度があるのに高齢者貧困率が高いのはなぜか?

 国際連合は10月1日、高齢者の生活水準に関する国際比較調査の結果を発表した。日 …