ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高いことが、内閣府の調査で明らかになった。日本企業の生産性の低さがしばしば問題にされているが、従来の働き方や評価方法に対する見直しが迫られそうだ。

zangyou

 調査は2013年9月に実施され、20~59歳の労働者約2500人が回答した。調査結果はワークライフ・バランスに関する今後の政策提言に活用される。

 調査では、「残業している人について上司はどう評価していると思うか?」という質問に対して、「頑張っている人」「仕事ができる人」といったポジティブ評価をしていると答えた労働者は、残業時間10時間未満の人では38%だったが、12時間以上の人では53%に達した。
 一方、残業している人について「仕事が遅い人」といったネガティブな評価を上司がしていると考えている労働者の割合いは、残業10時間未満では37%だったのに対して、残業12時間以上では26%に減少している。
 つまり残業が多い人ほど、残業すれば上司が自分を高く評価すると考え、残業が少ない人ほど、残業は仕事ができないことの証明と考えているということになる。

 この結果は、労働者の残業時間は、上司の評価基準(厳密には評価基準に対するイメージ)に大きく左右されることを示している。残業をプラス評価する人が一定数以上存在していれば、残業は継続することになる。
 日本は経済水準に比べて、労働者、特にホワイトカラーの生産性が低いといわれている。最近では残業をさせるとブラック企業と呼ばれるという風潮もあり、労働時間は減ってきているが、それでも、他国と比較すると生産性は低いままだ。

 今回の結果を見ると、社風や評価基準を変えることによって、残業を減らすことが可能であり、それに伴って企業の生産性を向上させる余地があると判断できそうだ。だが日本全体で考えると、話はそう単純ではない。日本の低い生産性は、残業をプラス評価する労働慣行だけでもたらされているわけではないからだ。

 生産性は、生産高を労働時間(労働者数)で割って求められる。特にマクロ的な意味での生産性は、どれだけ生産高(付加価値)が大きかったのかに左右される。日本はドイツや米国と並ぶ物作り大国だったが、両国が付加価値の高い製品にシフトしたにもかかわらず、日本の製造業の多くは、依然として少品種大量生産のビジネスモデルを続けている。またサービス業についても企業集約が進まず、効率の悪い経営を続けている。
 生産性を計算する式の分子にあたる付加価値を上げられないことから、日本企業の生産性の向上には限界があるのだ。しかも、低付加価値産業の場合、生産量の絶対値を上げるには、労働時間で稼ぐしかなく、生産性はいつまで経っても上昇しない。

 日本企業は雇用維持を最優先しているので、経営を合理化して付加価値の高いビジネスモデルに移行することができずにいる。これが生産性が低い最大の理由であり、長時間労働はむしろ、その結果として発生していると考えるべきである。

 現在、日本では賃上げに関する議論が行われている。もし日本企業の多くが経営の効率化を行えば、生産性は向上し、賃金はすぐに上昇するだろう。だがその分、多くの雇用が失われることになる。現在の雇用を維持しようと思った場合には、生産性は容易に向上せず、賃金も上昇しない可能性が高い。
 同じ収益なら労働時間を減らし、その分余暇などで消費が増えれば、全体としてはプラス効果となる。その意味でワークライフバランスの進展は望ましいことかもしれないが、現状の経済状況に対するマクロ的な解決策にはなり得ない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

newyork01
中国と米国で相次いで製造業指数が悪化。すべては米国頼みの構造に

 中国と米国で製造業に関する良くない指標が続いている。米供給管理協会(ISM)が …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

toshiba03
東芝がようやく決算を発表。だが根本的な問題は何も解決していない

 不正会計問題で決算発表を延期していた東芝は2015年9月7日、2015年3月期 …

wavii
マスコミの記者も失業?グーグルやヤフーがニュース要約技術などを次々に買収

 米グーグルが、ニュース要約アプリを手掛ける米Waviiを3000万ドル(約29 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …