ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「最近・・・が増えている」「最近の若者は・・・」という話題にはご用心

 

 世の中では、しばしば「近年、・・・が増加している」あるいは「最近の若者は・・・・」という切り口で話題が提供される。だが多くの場合、それは根拠のないイメージであることが多い。同一もしくは近い条件で過去の事例をあたってみると、時代が変わっても状況はあまり変化していないことが多い。

shouwa

 昨年末に行われた朝日新聞の世論調査では「将来の生活について、期待と不安ではどちらの方が大きいですか?」という問いに対して、81%の若年層(20代から30代)が「不安の方が大きい」と回答していた。
 同紙の記事は純粋に世論調査の結果なのでそれ以上の分析はなかったが、他紙では「不安を抱えた現代の若年層世代」という切り口で、この記事を引用したコラムが書かれていた。

 まったく同じ条件で世論調査が継続されることは希なので、本当に不安を抱える若年層が増えているのかを検証するのは容易ではない。だが内閣府の世論調査は、類似した質問項目を長期間継続しているので、ある程度の時系列分析を行うことができる。

 内閣府の世論調査によると、「悩みや不安を抱えているか?」という質問に対して「不安がある」と回答した若年層の割合は、2013年の調査では約60%だったが、14年前の1999年の調査では約57%となっている。
 質問内容が同一ではないので、単純に比較はできないが、不安な理由のトップは「老後の生活」であることを考えると、朝日新聞の調査内容と近いものと考えてよいだろう。不安だと感じる人の割合は確かに3%増加しているが、約15年で3%増加したことをもって、今の若年層について「不安を抱えた世代」と解釈してよいかは微妙なところである。

 以前「三丁目の夕日」という映画が話題になったことがある。昭和30年代の日本人は夢と希望に満ちあふれていたというノスタルジックな設定なのだが、実際の昭和30年代は映画とはかなり様子が異なっていた。
 昭和30年代は、地方からの集団就職による上京が盛んな時期であった。故郷を捨て、単身上京してきた労働者は現状に対してかなり不満を持っており、将来に対しても大きな不安を抱えていた。当時の新聞などを見ると、将来、大量の失業者が出るのではないかという悲観的な記事のオンパレードである。要するに時が過ぎてしまえば、多くの人にとって昔は何でもよく見えるということである。
 内閣府での調査結果も同様で、生活に不満があると回答した人の割合は、昭和39年では37%に達するが、現在では28%程度だ。

 「最近の若者は・・・」という切り口は、今も昔も、中高年を対象としたビジネス誌の定番である。現在は40代の中年社員が、デジタルネイティブの新入社員に対して困惑したり、怒ったりするというのがお決まりのストーリーなのだが、40代の中高年社員が新入社員だった時代には、現在の若者と同じように、あるいはそれ以上に激しく批判されていた。会社に入っても遊ぶことばかりで、何を考えているか分からず、マスメディアでは彼等のことを「新人類」と呼んでいた。

 技術の進歩で生活様式は急激に変化するが、人の思考回路はそれほど大きく変わらない。いつの時代でも、年齢が上がるにつれて、過去を肯定する割合が上がってくるというのも共通現象のようである。「最近は・・・」と感じる頻度が高くなってきたら、それは老化が始まった兆候なのかもしれない。

 - マスコミ, 社会 , ,

  関連記事

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

no image
iPS細胞移植の記事はウソだった。誤報が起きる背景を探る

 読売新聞が、iPS細胞の移植に関して行った報道が、誤報であることが明らかになっ …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …