ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。主要指標であるM3(現金と預金)の伸び率は3.4%となり、前月より0.1ポイント低下した。量的緩和開始以降、伸び率が低下したのは6月の1回だけしかない。今回はマネタリーベース(日銀が供給するマネーの総量)の伸び率も下落していることから、来月以降の動向が懸念される。

nichigin

 量的緩和開始以降、マネーストックの前年比伸び率は増加が続いていた。もっともマネーストックを毎月平均40%ずつ増加させているにもかかわらず、マネーストックの伸びは平均3%程度にとどまっている。このため量的緩和策の効果について疑問視する声も一部からは出ていたが、少なくともマネーストックの増加が続いてきたことは事実である。

 ところが、12月はのマネーストックは前年比3.4%と11月の3.5%に対して0.1ポイントの下落となった。マネーストックの伸び率も46.6%となり、11月の52.5%から5.9ポイント下落している。
 マネタリーベースは今後、追加緩和がない場合には、伸び率が低下してくることが予想される。もし来月以降、マネタリーベースの伸び率の低下に比例して、マネーストックの伸び率が低下してくることになれば、追加緩和の圧力が高まってくる可能性もある。

 量的緩和の最終的な効果についてはまだ何とも言えない。量的緩和の効果は、GDPの成長率や物価など、他の要素も考慮した上で、総合的に判断する必要があるからだ。

 ちなみに、物価の上昇に対しては、マネーストックの増加はプラスに、GDP成長はマイナスに、国民のマインドはプラスに作用する。2013年7~9月期の平均的な物価上昇率は0.9%であった。この間のマネーストック増加率は3.0%、GDPの成長率は2.0%である。少々乱暴な計算ではあるが、マネーストックの増加率からGDPの成長率を引くと物価上昇率にほぼ一致することから、国民のお金に対するマインドはそれほど変化していないということになる。

 物価については2013年の11月から伸びが顕著になってきており、インフレの兆候とも解釈することができる。マネーストックがそれほど伸びない状況で物価が上がるということは、輸入物価の上昇によって国民のインフレ警戒感が高まっているか、GPDの成長率が低下したことを意味している。来月以降のマネーストックの伸びが引き続き低調だった場合には、インフレ懸念への対応が意識されてくることになるかもしれない。

 - 経済 , , ,

  関連記事

gekyutoki
GEが家電部門を売却交渉。金融部門の分離に続いて、インフラ事業への集中が加速

 スウェーデンに本社を置く、欧州の家電大手エレクトロラックスは2014年8月14 …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

no image
SBIを巡る奇奇怪怪。北尾氏からの身売り話をヤフー宮坂社長が「爆速」お断り?

 かつて野村證券の凄腕証券マンとして鳴らし、その後、孫正義氏の右腕としてソフトバ …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

sharp
シャープの増資は政府による資産買い取りとセット?史上最大のモラルハザードの可能性

 シャープが検討している公募増資は、政府による資産買い取りとセットである可能性が …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …