ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官とハーバード大 のジョセフ・ナイ教授が来日し、日本の「原発ゼロ」政策について受け入れがたいと発言したことが話題になっている。

 一部のメディアでは、両氏の発言を「米国からの圧力」あるいは米国の原発利権企業からの恫喝というトーンで報道している。またネットを中心に、両氏の言動を、米国による日本支配の象徴として捉える向きも多い。

 だが両氏が置かれている現状は、これらのイメージとはかなり異なっている。両氏が来日し、積極的に発言しているのは、米国政府をバックにした政治的なものではなく、むしろ彼らが日本の顧客を獲得しようと「営業活動に必死になっているから」(国際問題専門家)だという。

 アーミテージ氏とナイ氏は、確かにかつては米国政府における対日政策のキーマンであった。だが両氏はすでに政界を引退しており、ワシントンでは過去の人となっている。アーミテージ氏は現在コンサルティング会社を経営しており、最大のクライアントはアメリカ政府の意向を知りたい日本企業と日本にモノを売り込みたい米国企業である。

 かつてはその知名度を生かし、黙っていてもお金が入ってきた両氏だったが、ここ数年で威光が大幅に低下、懐事情が苦しくなっているのである。

 今回の来日日程の途中には中国訪問も組み合わされている。だが中国当局は、両氏について「米国からの使者とは考えていない」とけんもほろろの対応。要するに、日本人へのアピールとして「中国にはちゃんと文句を言ってますよ」という証拠作りのために中国を訪問したに過ぎない。両氏は中国から冷たくあしらわれることなど百も承知の上だ。

 両氏の発言は、米国政府の意向を受けたものでもなければ、日本支配の象徴でもない。ただの政策コンサルタントの営業活動である。過大な期待や警戒は無用である。

 - 政治, 経済

  関連記事

hulu
日テレが動画配信サービスHuluの日本事業を買収。テレビ局による囲い込みか?

 日本テレビ放送網は2014年2月28日、動画配信サービス「Hulu」の日本市場 …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

setubitousi
設備投資はようやく上昇トレンド入り。ただし公共事業依存体質からはまだ脱却できず

 内閣府は10月10日、8月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投 …

jieiken
集団的自衛権行使容認に向けた実務作業がスタート。憲法改正論議に与える影響は?

 安倍政権が集団的自衛権行使を容認するための本格的な作業に着手した。半年以上開催 …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

intelbaytrail
インテルはもはやGEのような会社。第2四半期決算ではっきりした今後の方向性

 半導体世界最大手の米インテルは2014年7月15日、2014年4~6月期の決算 …

ibmapple
アップルとIBMの提携で業務用システムのスマホ対応が一気に進む?

 米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると …