ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官とハーバード大 のジョセフ・ナイ教授が来日し、日本の「原発ゼロ」政策について受け入れがたいと発言したことが話題になっている。

 一部のメディアでは、両氏の発言を「米国からの圧力」あるいは米国の原発利権企業からの恫喝というトーンで報道している。またネットを中心に、両氏の言動を、米国による日本支配の象徴として捉える向きも多い。

 だが両氏が置かれている現状は、これらのイメージとはかなり異なっている。両氏が来日し、積極的に発言しているのは、米国政府をバックにした政治的なものではなく、むしろ彼らが日本の顧客を獲得しようと「営業活動に必死になっているから」(国際問題専門家)だという。

 アーミテージ氏とナイ氏は、確かにかつては米国政府における対日政策のキーマンであった。だが両氏はすでに政界を引退しており、ワシントンでは過去の人となっている。アーミテージ氏は現在コンサルティング会社を経営しており、最大のクライアントはアメリカ政府の意向を知りたい日本企業と日本にモノを売り込みたい米国企業である。

 かつてはその知名度を生かし、黙っていてもお金が入ってきた両氏だったが、ここ数年で威光が大幅に低下、懐事情が苦しくなっているのである。

 今回の来日日程の途中には中国訪問も組み合わされている。だが中国当局は、両氏について「米国からの使者とは考えていない」とけんもほろろの対応。要するに、日本人へのアピールとして「中国にはちゃんと文句を言ってますよ」という証拠作りのために中国を訪問したに過ぎない。両氏は中国から冷たくあしらわれることなど百も承知の上だ。

 両氏の発言は、米国政府の意向を受けたものでもなければ、日本支配の象徴でもない。ただの政策コンサルタントの営業活動である。過大な期待や警戒は無用である。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

mof02
最近の選挙では若手財務省出身議員が増加中。だがちょっと若すぎないか?

 最近の選挙では、若手の財務官僚が政治家に転身するケースが増えてきている。前回の …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

onodera01
小野寺防衛相が国際会議において「右傾化は誤解」と異例の説明

 シンガポールで開催されているアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛大臣は講演を …

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …