ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権による賃上げ要請を受けた政治的配慮だが、業績が好調な企業を中心に、実際に昇給が実現する可能性が高くなってきた。
 だが一方で日本はインフレが進み始めており、賃上げはインフレを加速させる可能性がある。中小企業の経営は依然として厳しく、大企業中心の賃上げは格差拡大をもたらす可能性もある。

kyuryo

 経団連は、2014年の春闘に向けて、ベースアップを促す方向性を打ち出した。安倍政権による賃上げ要請に対しては、これまでのところ賞与など一時金で対処するという方針を崩していなかったが、ここにきてベア容認に舵を切った。経団連が賃上げに前向きな方向性を示したのは6年ぶりのことである。

 経団連では6月に就任する予定の新会長に安倍政権に近い東レの榊原会長を内定したばかり。現会長の米倉氏は安倍政権の政策をことあるごとに批判し、現政権との折り合いが悪かった。新会長内定の直後にベア容認に転じた背景には、政権との関係修復を計りたいという政治的配慮があると考えられる。

 すでに一部の大企業はベアを実施する姿勢を示していたが、経団連がベア容認の方向性を打ち出したことで、実施に踏み切る企業がさらに増えてくる可能性が高い。賃上げとなる企業の労働者にとっては朗報だろう。ただ日本全体として見ると、このタイミングでの賃上げは何とも微妙な状況である。賃上げは、現在進みつつあるインフレを加速させる可能性があるほか、中小企業労働者との格差を拡大させてしまうからである。

 なかなか実感が湧かないが、日本はすでにインフレが進みつつある。11月の消費者物価指数は代表的な指数(コア指数)が1.2%になるなど、米国並みのインフレ率となっている。だが、それは内需拡大によるものではなく円安による輸入物価上昇が引き金となっている。この状況で賃上げが進むと、物価上昇をさらに加速させてしまう可能性がある。

 大企業は過去最高水準の利益と内部留保を実現しているが、それは多分に下請け企業への値引きによって実現している側面がある。中小企業の経営はまだ改善しておらず、賃上げを実施する体力がないところがほとんどだ。賃上げが大企業だけにとどまれば、中小企業と大企業の間での賃金格差が拡大する可能性もある。

 アベノミクスは第3の矢である成長戦略が不発となっており、継続的な経済成長の道筋が描けない状況となっている。本来であれば、成長戦略が軌道に乗り、中小企業の経営体力が十分に回復してから、賃上げが進むことが望ましい。公共事業の拡大で何とか景気を維持しながら、その恩恵を受ける大企業を中心に賃上げが進むという、いびつな状態がしばらく続くことになる。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

nichushunou
日中首脳会談で関係改善を確認。背景には安倍首相の訪米と議会演説

 安倍首相は2015年4月22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記 …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

obamaegypt02
デモ排除で多数の死者が出ても、米国がエジプトへの軍事支援を簡単にやめられないワケ

 エジプトのモルシ前大統領を支持するデモ隊に対してエジプト軍が強制排除を行い多数 …

yanai02
絶好調のユニクロ。息子への社長世襲は時間の問題となりつつある?

 ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井社長は、常々「世襲はしない」と公 …

toudoshasuiheki
福島原発の汚染水対策に国が470億円を投入。だが抜本的な解決とはほど遠い状況

 安倍首相をトップとする政府の原子力災害対策本部は9月3日、東京電力福島第1原発 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

sebunsuzu
セブン鈴木氏の退任によって、同社は批判できないというタブーがなくなった?

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者が退任の意向を明ら …