ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前月比9.3%と大幅なプラスとなった。小売やITなど内需関連企業からの受注が大きく伸びた。製造業の伸びは今ひとつだが、内需拡大に向けてよい兆候が出てきた。

setubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、景気の先行きを顕著に反映すると考えられている。
 2012年は製造業でマイナスが続き、非製造業が横ばいという状況で あった。13年に入り、大型の公共事業が開始されたことから、関連企業を中心に設備投資が伸び、国内の景気を牽引する形となっていた。

 今回、公共事業関連ではなく、小売業やITといった純粋な内需企業の設備投資が伸びたことはプラスに評価してよいだろう。ただ、今回の設備投資の伸びが継続的な内需拡大を示しているのかは、来月以降の統計を見なければ判断できない。

 かつて設備投資の主役は製造業であった。日本は貿易立国といわれてきたが、GPDにおいて貿易黒字が占める比率は、輸出が好調であった2007年においても1.5%程度である。だが製造業が国内で実施する巨額の設備投資はGDPを押し上げる効果があることから、輸出の状況は日本経済を大きく左右してきた。

 安倍政権発足当初は、円安によって輸出が復活することが期待されていが、実際に円安が進むと輸入金額が増え、かえって貿易収支を悪化させてしまった。円安の効果が現れるまでにはタイムラグがあるとしていた安倍政権も、貿易赤字の拡大という現実を前に、輸出不振であることを認め、軌道修正を図っている。
 コスト競争力の強化を求めて海外に工場が移転していくのは時代の流れであり、これに伴って、国内の設備投資も非製造業からの影響が大きくなってきている。

 だが非製造業の中で設備投資が活発だったのは、建設業、農林水産業、不動産業といった公共事業関連の業種ばかりで、小売や通信など、民間依存度が大きい業種は横ばいが続いていた。内需拡大型の経済成長を持続させるためには、公共事業に依存しない業種の設備投資が伸びていく必要がある。そのためには、企業の経営効率の改善や新規事業の創出が重要となる。

 当初、アベノミクスの成長戦略は規制緩和を軸に検討が進められていたが、各論の段階になると反対意見が噴出し、ほとんど実現しなかった。安倍政権では、今年、再度成長戦略に取り組むとしているが、その内容はまだ固まっていない。内需拡大の兆候が見え始めている今こそ、本気で規制緩和に取り組む必要があるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

nichigin02
日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している …

ishiba02
石破氏が安保担当相辞退の見込み。場合によっては秋の解散総選挙の可能性も

 自民党の石破幹事長が、9月3日に行われる内閣改造をめぐり、安倍首相が要望してい …

keidanren2015teigen
経団連が8年ぶりに総合的な政策提言書を作成。かくしてその中身は?

 経団連は2015年1月1日、2030年までの国家ビジョンを示す政策提言「『豊か …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …

chinahodokan00
尖閣問題に関する玄葉外相の寄稿に中国女性報道官が反論。だが意外にもボロを出した

 尖閣諸島問題で中国にいいように振り回されてきた日本政府だが、久しぶりに中国側を …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

koiketochiji
小池知事が築地市場移転延期を正式に表明。土壌汚染の実態はどの程度?

 東京都の小池百合子知事は2016年8月31日、築地市場の豊洲への移転延期を正式 …

maotai
中国共産党が腐敗撲滅の徹底を宣言。これを受けて酒造会社の株価は軒並み暴落!

 中国共産党の習近平総書記は22日、党中央規律検査委員会全体会議で演説し、高級幹 …

setubitousi
政府与党内で減税論議が本格化。設備投資減税が中心だが場合によっては法人減税も

 9月になり、秋の臨時国会が視野に入り始めたことで、政府与党内における減税論議が …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …