ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

11月の機械受注統計。内需経済の象徴である小売業で増加傾向

 

 内閣府は2014年1月16日、2013年11月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)が前月比9.3%と大幅なプラスとなった。小売やITなど内需関連企業からの受注が大きく伸びた。製造業の伸びは今ひとつだが、内需拡大に向けてよい兆候が出てきた。

setubitousi

 機械受注は民間設備投資の先行指標といわれており、景気の先行きを顕著に反映すると考えられている。
 2012年は製造業でマイナスが続き、非製造業が横ばいという状況で あった。13年に入り、大型の公共事業が開始されたことから、関連企業を中心に設備投資が伸び、国内の景気を牽引する形となっていた。

 今回、公共事業関連ではなく、小売業やITといった純粋な内需企業の設備投資が伸びたことはプラスに評価してよいだろう。ただ、今回の設備投資の伸びが継続的な内需拡大を示しているのかは、来月以降の統計を見なければ判断できない。

 かつて設備投資の主役は製造業であった。日本は貿易立国といわれてきたが、GPDにおいて貿易黒字が占める比率は、輸出が好調であった2007年においても1.5%程度である。だが製造業が国内で実施する巨額の設備投資はGDPを押し上げる効果があることから、輸出の状況は日本経済を大きく左右してきた。

 安倍政権発足当初は、円安によって輸出が復活することが期待されていが、実際に円安が進むと輸入金額が増え、かえって貿易収支を悪化させてしまった。円安の効果が現れるまでにはタイムラグがあるとしていた安倍政権も、貿易赤字の拡大という現実を前に、輸出不振であることを認め、軌道修正を図っている。
 コスト競争力の強化を求めて海外に工場が移転していくのは時代の流れであり、これに伴って、国内の設備投資も非製造業からの影響が大きくなってきている。

 だが非製造業の中で設備投資が活発だったのは、建設業、農林水産業、不動産業といった公共事業関連の業種ばかりで、小売や通信など、民間依存度が大きい業種は横ばいが続いていた。内需拡大型の経済成長を持続させるためには、公共事業に依存しない業種の設備投資が伸びていく必要がある。そのためには、企業の経営効率の改善や新規事業の創出が重要となる。

 当初、アベノミクスの成長戦略は規制緩和を軸に検討が進められていたが、各論の段階になると反対意見が噴出し、ほとんど実現しなかった。安倍政権では、今年、再度成長戦略に取り組むとしているが、その内容はまだ固まっていない。内需拡大の兆候が見え始めている今こそ、本気で規制緩和に取り組む必要があるだろう。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

abetrump
安倍首相がトランプ氏にわざわざ中国企業の製品をプレゼントした政治的意味

 安倍首相とトランプ次期米大統領の会談で安倍首相がトランプ氏に贈った黄金のゴルフ …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …

ginkoyusi
とうとうマイナスに転じた都市銀の貸し出し。アベノミクスは逆回転を開始?

 大手銀行の貸し出しが45カ月ぶりに減少に転じた。日銀が大量に資金を供給している …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …