ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガス漏れのトラブルが発見されたことが原因。同ロケットは過去2回打ち上げに失敗しており、今回は失敗が許されない状況。打ち上げ直前のトラブル発生に不安の声が高まっている。

 羅労号は、韓国発の人工衛星搭載ロケットとして、国をあげて宣伝を行っており、韓国のメディアは連日、関連報道を行っている。

 韓国技術の粋を集めたかのように宣伝している羅老号だが、実は主要部分はロシア製を購入しただけのもの。しかもロシア側が技術の流出を懸念し、韓国側技術者がロケットに近づくことすら禁止しているという、かなり異様な状況だ。

 報道されているロケットの映像を見ると、ロケットの周辺に、大量のロシア人技術者が配置されているのが分かる。今回トラブルの原因となった部品も、ロシア側が自国で検証することになるため、打ち上げ再開のメドは立っていないという。

 人工衛星搭載ロケットが自力開発できると、それは国際社会では事実上の核保有国とみなされ、諸外国の対応が一変する(日本は独自の原子力技術とロケット技術を保有できているため、事実上の核保有国としてみなされている。まがりなりにも日本が国際社会で一定の発言力を持つことができたのは、すべてこのおかげである)。

 これまで独自のロケット技術を持たなかった韓国にとって衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。だが計画は頓挫し、諸外国から技術援助を受けるやり方に転換したものの、諸外国の対応は冷淡であった。米国や日本は技術供与を断り、フランスは供与に応じる姿勢は示したものの足元を見て法外な価格を提示したといわれている。結局、最後に残ったロシアから購入して作られたのが、この羅老号である。

 だがロケット本体と打ち上げシステムのほとんどがロシア製で、共同開発にすらなっておらず、トラブル発生時においても韓国側はほとんど手が出せない状況となっている。
 韓国国内ではこのような屈辱的なロシアとの契約内容に反発する声も大きいが、自力開発のメドが立たないため、ロシア側に譲歩せざるを得ないというジレンマに陥っている。

 現在、韓国当局はロシア側と打ち上げについて、再日程の調整を進めているとしている。

 - 政治, 社会

  関連記事

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

girishazaimusho
革ジャケットを羽織って交渉の場に現れたギリシャの財務相。果たして会議は踊るのか?

 債務問題をめぐるEU(欧州連合)とギリシャの交渉が始まったが、双方が立場を譲ら …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

eri
エリーが小沢ガールズに逆戻り?ダンナさんは維新から出馬の噂も

 日本未来の党への国民の生活が第一の合流が決まったことで、元小沢ガールズの一員で …

no image
米大統領選挙、TV討論会が先ほど始まる

 米大統領選におけるもっとも重要なイベントの一つであるテレビ討論会が先ほど(日本 …

abe20141117
消費増税延期で衆院解散へ。量的緩和策で当面不安はないが・・・

 安倍首相は衆議院の解散と来年10月に予定されている消費増税の延期を決断した。増 …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

mox
プルサーマル計画の意義が薄れる中、震災後初となるMOX燃料が高浜原発に到着。

 関西電力高浜原発3号機で使用するMOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料 …