ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガス漏れのトラブルが発見されたことが原因。同ロケットは過去2回打ち上げに失敗しており、今回は失敗が許されない状況。打ち上げ直前のトラブル発生に不安の声が高まっている。

 羅労号は、韓国発の人工衛星搭載ロケットとして、国をあげて宣伝を行っており、韓国のメディアは連日、関連報道を行っている。

 韓国技術の粋を集めたかのように宣伝している羅老号だが、実は主要部分はロシア製を購入しただけのもの。しかもロシア側が技術の流出を懸念し、韓国側技術者がロケットに近づくことすら禁止しているという、かなり異様な状況だ。

 報道されているロケットの映像を見ると、ロケットの周辺に、大量のロシア人技術者が配置されているのが分かる。今回トラブルの原因となった部品も、ロシア側が自国で検証することになるため、打ち上げ再開のメドは立っていないという。

 人工衛星搭載ロケットが自力開発できると、それは国際社会では事実上の核保有国とみなされ、諸外国の対応が一変する(日本は独自の原子力技術とロケット技術を保有できているため、事実上の核保有国としてみなされている。まがりなりにも日本が国際社会で一定の発言力を持つことができたのは、すべてこのおかげである)。

 これまで独自のロケット技術を持たなかった韓国にとって衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。だが計画は頓挫し、諸外国から技術援助を受けるやり方に転換したものの、諸外国の対応は冷淡であった。米国や日本は技術供与を断り、フランスは供与に応じる姿勢は示したものの足元を見て法外な価格を提示したといわれている。結局、最後に残ったロシアから購入して作られたのが、この羅老号である。

 だがロケット本体と打ち上げシステムのほとんどがロシア製で、共同開発にすらなっておらず、トラブル発生時においても韓国側はほとんど手が出せない状況となっている。
 韓国国内ではこのような屈辱的なロシアとの契約内容に反発する声も大きいが、自力開発のメドが立たないため、ロシア側に譲歩せざるを得ないというジレンマに陥っている。

 現在、韓国当局はロシア側と打ち上げについて、再日程の調整を進めているとしている。

 - 政治, 社会

  関連記事

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …

kyositu01
体罰問題の背景には、過保護に育てられケンカをしたことがない教師の存在がある?

 全国の学校で体罰の実態が次々と明るみ出ているが、驚くべきことに、生徒がかなりの …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …

koutei
野田元首相が公邸に住まない安倍首相を批判。歴代首相はなぜか私邸住まいが多い

 国家の安全保障を極めて重視している安倍首相がなぜ首相公邸に住まないのか?とWe …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

onkaho
温家宝首相の2200億円蓄財手段が明らかに。日本のSBIグループもファンドに出資

 中国の政権交代に関連して、現指導部と対立している太子党グループから、温家宝首相 …

tokyu5000
東急東横線の列車衝突事故。遠因として囁かれている車両の軽量化

 東急電鉄は2014年2月15日、東急東横線元住吉駅で起きた追突事故について記者 …

merukeru04
ドイツでとうとう最低賃金導入へ。ドイツ経済はどう変わるのか?

 ドイツで全国一律の最低賃金制度が導入される可能性が高まってきた。メルケル首相が …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …