ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガス漏れのトラブルが発見されたことが原因。同ロケットは過去2回打ち上げに失敗しており、今回は失敗が許されない状況。打ち上げ直前のトラブル発生に不安の声が高まっている。

 羅労号は、韓国発の人工衛星搭載ロケットとして、国をあげて宣伝を行っており、韓国のメディアは連日、関連報道を行っている。

 韓国技術の粋を集めたかのように宣伝している羅老号だが、実は主要部分はロシア製を購入しただけのもの。しかもロシア側が技術の流出を懸念し、韓国側技術者がロケットに近づくことすら禁止しているという、かなり異様な状況だ。

 報道されているロケットの映像を見ると、ロケットの周辺に、大量のロシア人技術者が配置されているのが分かる。今回トラブルの原因となった部品も、ロシア側が自国で検証することになるため、打ち上げ再開のメドは立っていないという。

 人工衛星搭載ロケットが自力開発できると、それは国際社会では事実上の核保有国とみなされ、諸外国の対応が一変する(日本は独自の原子力技術とロケット技術を保有できているため、事実上の核保有国としてみなされている。まがりなりにも日本が国際社会で一定の発言力を持つことができたのは、すべてこのおかげである)。

 これまで独自のロケット技術を持たなかった韓国にとって衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。だが計画は頓挫し、諸外国から技術援助を受けるやり方に転換したものの、諸外国の対応は冷淡であった。米国や日本は技術供与を断り、フランスは供与に応じる姿勢は示したものの足元を見て法外な価格を提示したといわれている。結局、最後に残ったロシアから購入して作られたのが、この羅老号である。

 だがロケット本体と打ち上げシステムのほとんどがロシア製で、共同開発にすらなっておらず、トラブル発生時においても韓国側はほとんど手が出せない状況となっている。
 韓国国内ではこのような屈辱的なロシアとの契約内容に反発する声も大きいが、自力開発のメドが立たないため、ロシア側に譲歩せざるを得ないというジレンマに陥っている。

 現在、韓国当局はロシア側と打ち上げについて、再日程の調整を進めているとしている。

 - 政治, 社会

  関連記事

chousensoren
東京・九段にある朝鮮総連本部ビルがとうとう競売に。思いのほか建物はボロボロだった

 長年にわたって朝鮮総連の拠点となってきた、東京都千代田区にある朝鮮総連中央本部 …

hatoyama
宇宙人パワーも衰弱?鳩山元首相が絶体絶命の大ピンチ

 民主党執行部の方針に反対している鳩山元首相が崖っぷちに立たされている。  鳩山 …

shukinpeidoniron
6月7日に習近平国家主席が訪米。サイバー攻撃問題は表面上の主要議題に過ぎない

 中国の習近平国家主席は米国を訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。日程は6月7 …

aso03
政権幹部から景気に対する慎重な見方が相次ぐ。消費増税の影響は予想より大きい?

 安倍政権幹部から、景気の先行きに対する慎重な発言が目立っている。甘利経財相が「 …

sinchounakazuri
やっぱり革命政党?共産党が議員のラブラブ路チュー写真に激怒

 共産党の女性議員の路チュー写真が週刊誌に掲載された件で、共産党が激怒している。 …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …