ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

発射延期となった韓国初の人工衛星搭載ロケット。実はほとんどがロシア製

 

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号」の打ち上げが延期となった。発射の直前にガス漏れのトラブルが発見されたことが原因。同ロケットは過去2回打ち上げに失敗しており、今回は失敗が許されない状況。打ち上げ直前のトラブル発生に不安の声が高まっている。

 羅労号は、韓国発の人工衛星搭載ロケットとして、国をあげて宣伝を行っており、韓国のメディアは連日、関連報道を行っている。

 韓国技術の粋を集めたかのように宣伝している羅老号だが、実は主要部分はロシア製を購入しただけのもの。しかもロシア側が技術の流出を懸念し、韓国側技術者がロケットに近づくことすら禁止しているという、かなり異様な状況だ。

 報道されているロケットの映像を見ると、ロケットの周辺に、大量のロシア人技術者が配置されているのが分かる。今回トラブルの原因となった部品も、ロシア側が自国で検証することになるため、打ち上げ再開のメドは立っていないという。

 人工衛星搭載ロケットが自力開発できると、それは国際社会では事実上の核保有国とみなされ、諸外国の対応が一変する(日本は独自の原子力技術とロケット技術を保有できているため、事実上の核保有国としてみなされている。まがりなりにも日本が国際社会で一定の発言力を持つことができたのは、すべてこのおかげである)。

 これまで独自のロケット技術を持たなかった韓国にとって衛星打ち上げ可能なロケットの開発は悲願であった。だが計画は頓挫し、諸外国から技術援助を受けるやり方に転換したものの、諸外国の対応は冷淡であった。米国や日本は技術供与を断り、フランスは供与に応じる姿勢は示したものの足元を見て法外な価格を提示したといわれている。結局、最後に残ったロシアから購入して作られたのが、この羅老号である。

 だがロケット本体と打ち上げシステムのほとんどがロシア製で、共同開発にすらなっておらず、トラブル発生時においても韓国側はほとんど手が出せない状況となっている。
 韓国国内ではこのような屈辱的なロシアとの契約内容に反発する声も大きいが、自力開発のメドが立たないため、ロシア側に譲歩せざるを得ないというジレンマに陥っている。

 現在、韓国当局はロシア側と打ち上げについて、再日程の調整を進めているとしている。

 - 政治, 社会

  関連記事

hagel02
ヘーゲル氏の国防長官承認。ケリー国務長官とともに、本格的なオバマ外交が始動

 米上院軍事委員会は12日、次期米国防長官に指名されているチャック・ヘーゲル元上 …

beikan
韓国における米軍からの指揮権移管延期問題は、日本にとって他山の石

  米国のヘーゲル国防長官と韓国の金寛鎮国防相は10月2日、ソウルで米韓安保会議 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …

seifusaimu
政府の借金が10倍の8000兆円になる?財務省ビックリ試算の中身

 財務省の財政制度等審議会は、政府が現在の財政健全化目標を達成できたとしても、そ …

jazenchukaicho
JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改 …

hinkleypoint
原発の建設・運用を外国に丸投げする、核保有国イギリスの決断をどう考えるべきか?

 英国が次世代原発の運営事業に対して中国企業による過半数の出資を認めたことが大き …

chouju
社会的地位が高いと長寿?短命なスポーツ選手もメダリストは長生きとの研究結果

 英国の医学雑誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に、オリンピックの歴代 …

zenjindai
中国で全人代が開幕。中国政府の新体制が本格的にスタート

 中国の国会である第12期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が5日、北京の人民 …

datacenter
NSA盗聴問題であらためてクローズアップされるクラウドのメリット/デメリット

 米国の諜報機関によるインターネット盗聴問題は、クラウドコンピューティングの持つ …

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …