ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表した。それによると、2013年における世界の失業者は前年比で500万人増の2億200万人であった。これまでは先進国の失業が大きな問題だったが、新興国の失業が目立ってきており、世界経済の枠組みが大きく変化していることをうかがわせる。

factoryline

 全世界の失業者数はリーマンショック以後、ほぼ毎年増加している。ただ世界的に人口も増加しているので、失業率という意味では安定に向かいつつある。
 全世界的な失業率は、リーマンショック直前の2007年には5.4%まで低下していたが、2009年には6.2%まで上昇した。その後、一旦は5%台まで下落したものの、2012年から再び上昇の傾向を見せている。ただ今後はそれほど失業率が増加するわけではなく、6%前後で推移していく可能性が高い。

 もっとも失業率に変化がないといっても、労働市場の内容は大きく変化している。
 リーマンショック後は先進国で失業率が増加傾向となり、新興国では低下傾向であった。だが今後は先進国で失業率が低下し、逆に新興国で失業率が増加する見込みとなっている。

 中国やASEANなどの新興工業国は、世界の工場としてリーマンショック後の世界経済を支えたが、最近ではそれが機能しなくなってきている。米国経済が復活してきたことや、新興国が豊かになり、コスト競争力を失ってきていることがその主な原因だ。新興国は成熟国家になるためのプロセスに入ってきており、ここからは失業率の増加や学歴と仕事のミスマッチなど、経済の成熟化に伴う各種の問題に直面することになる。

 世界経済は米国など先進国を中心に、今後も成長が続く可能性が高い。だが先進国主導の経済成長は新興国主導のものと比べるとスピードが穏やかであり、新興国で発生した余剰労働力を吸収するほどのものにはならない。

 新興国の失業は産業構造の転換という構造的問題に由来するものであるため、すぐに解消することは困難である。当面の解決策として、全世界的に緩和的な金融政策を継続することになる可能性が高く、そうなってくると、インフレの弊害がかなり認識されることになるかもしれない。

 学歴と仕事のミスマッチは先進国でも大きな問題となる可能性が高い。これまではITの導入で仕事を失うのはブルーカラーというのが定番だったが、ITの高度化によって、最近はむしろホワイトカラーにおける単純労働が減少してきている。
 ある程度の教育を受けていても、付加価値の低い仕事しか見つからないという事態は、全世界的に観察されることになる可能性が高い。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

skytree00
現代版バベルの塔「スカイツリー」で電波障害が多発。東京はもはやソドムと化した?

 東京スカイツリーで大量の電波障害が発生している。毎日新聞が報じたところによると …

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …

kabuka
金融庁の強い意向で毎月分配型投信の販売が減少。それでも顧客は毎月分配型を望む?

 投資信託の販売が急速に落ち込んでいる。アベノミクスによる株価上昇が一段落したこ …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

otukakaguidc
大塚家具、米ファンドが漁夫の利。議決権と配当を確保しつつ、半分を売り抜け

 大塚家具の経営権をめぐり現社長と会長が対立している問題で、大株主である米ブラン …