ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

新興国の失業率が増加傾向。世界経済の枠組みは大きく変わりつつある

 

 ILO(国際労働機関)は2014年1月21日、雇用情勢に関する年次報告書を発表した。それによると、2013年における世界の失業者は前年比で500万人増の2億200万人であった。これまでは先進国の失業が大きな問題だったが、新興国の失業が目立ってきており、世界経済の枠組みが大きく変化していることをうかがわせる。

factoryline

 全世界の失業者数はリーマンショック以後、ほぼ毎年増加している。ただ世界的に人口も増加しているので、失業率という意味では安定に向かいつつある。
 全世界的な失業率は、リーマンショック直前の2007年には5.4%まで低下していたが、2009年には6.2%まで上昇した。その後、一旦は5%台まで下落したものの、2012年から再び上昇の傾向を見せている。ただ今後はそれほど失業率が増加するわけではなく、6%前後で推移していく可能性が高い。

 もっとも失業率に変化がないといっても、労働市場の内容は大きく変化している。
 リーマンショック後は先進国で失業率が増加傾向となり、新興国では低下傾向であった。だが今後は先進国で失業率が低下し、逆に新興国で失業率が増加する見込みとなっている。

 中国やASEANなどの新興工業国は、世界の工場としてリーマンショック後の世界経済を支えたが、最近ではそれが機能しなくなってきている。米国経済が復活してきたことや、新興国が豊かになり、コスト競争力を失ってきていることがその主な原因だ。新興国は成熟国家になるためのプロセスに入ってきており、ここからは失業率の増加や学歴と仕事のミスマッチなど、経済の成熟化に伴う各種の問題に直面することになる。

 世界経済は米国など先進国を中心に、今後も成長が続く可能性が高い。だが先進国主導の経済成長は新興国主導のものと比べるとスピードが穏やかであり、新興国で発生した余剰労働力を吸収するほどのものにはならない。

 新興国の失業は産業構造の転換という構造的問題に由来するものであるため、すぐに解消することは困難である。当面の解決策として、全世界的に緩和的な金融政策を継続することになる可能性が高く、そうなってくると、インフレの弊害がかなり認識されることになるかもしれない。

 学歴と仕事のミスマッチは先進国でも大きな問題となる可能性が高い。これまではITの導入で仕事を失うのはブルーカラーというのが定番だったが、ITの高度化によって、最近はむしろホワイトカラーにおける単純労働が減少してきている。
 ある程度の教育を受けていても、付加価値の低い仕事しか見つからないという事態は、全世界的に観察されることになる可能性が高い。

 - 社会, 経済 , , ,

  関連記事

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

no image
殺人エレベータ?シンドラー社製でまた死亡事故。前回の教訓で社長はとりあえず謝った

 金沢市の「アパホテル金沢駅前」で31日午後、エレベーターに挟まれてパート清掃員 …

hinomaru
愛国心に関する内閣府の調査。日本が豊かになると低下し、貧しくなると上昇する

 内閣府は3月30日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。この中で愛国心が …

netflix
ネットワークの負荷を増大させる動画配信サービス。コストは誰が払うのか?

 米オンライン動画配信大手ネットフリックスは、米ケーブルテレビ大手のコムキャスト …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

sharp
シャープが年度内の中期経営計画策定を断念。ホンハイとの提携は完全に流れたか?

 経営再建中のシャープが、中期経営計画の策定を先延ばしにすることが朝日新聞の報道 …

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …