ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、経済財政諮問会議を開き、対日直接投資の促進策などについて議論した。民間議員からは法人税の実効税率を25%程度まで引き下げるべきとの提言があったが、麻生財務大臣は税収という観点から否定的見解を示した。

abeaso 法人税減税は今や成長戦略における最後の目玉となりつつあるが、日本市場に対して外国からの投資が集まらないのは法人税の高さが原因ではない。
 既得権益ばかりを保護するがんじがらめの規制やオリンパスなどに代表されるような企業経営の不透明性の影響が極めて大きい。これらに風穴を開けると期待された戦略特区も、現在では完全に骨抜きの状態となっている。法人減税単独の議論はすでに意味をなくしたといってよい。

 財務省よると、日本の法人税の実行負担率は約35.64%である。これに対してフランスは33.3%、ドイツは29.6%、中国は 25%、イギリスは24%、シンガポールは17%となっており、日本の法人税は相対的に高いとされている。

 法人税の高さが諸外国からの投資の妨げになっているという理屈なのだが、これは一種の都市伝説に近い。世界でもっとも投資が集まっているのは当然米国なのだが、米国の実効税率は40%超と突出して高い。もっとも税金が高い市場に、世界から最も大量のお金が集まっているのである。
 企業は投資家は税率だけで投資先を決めているわけではない。むしろ税率よりも、市場の活発さ、自由さ、透明性、公平性など、税率以外の部分が極めて大きく影響する。シンガポールに資金が集まっているのは税率の低さもあるが、外国資本に対する徹底的な保護政策が存在していることが大きな要因である。

 この点で日本は最下位グループに属しているといってよい。国内には、官庁や独立行政法人、既存の大企業など、既得権益を守るための規制が山のようにある。また資本市場における透明性は、下手をすると中国や韓国並みに低い。仮に税率を低くしたところで、投資資金は集まらない可能性が高いのだ。

 さらに高いといわれる実効税率にも実はカラクリがある。日本には大手製造業を中心に、数々の免税措置があり、実際に支払っている税金は見かけよりもはるかに少ないのである。ベンチャー企業や外資系企業はこうした特権を享受することができないため、日本市場では不利な戦いを強いられる。このような市場に参加してくる外国資本はない。

 1月18日に開催された産業競争力会議では、国家戦略特区の規制緩和概要が決定された。事前の予想通り、いわゆる岩盤規制はすべて保護され、規制緩和は名実ともに実施しないことが確定した。規制緩和を一切進めないというスタンスの下での法人税減税は、ただ税収を減らすだけであり、ほとんど効果がない。皮肉にも麻生氏の指摘は当たっているのだ。

 だが、こうした状況はもはや致し方ないのかもしれない。日本は経済の官製化が進み、すでに国民の多くが、官による規制によって雇用を確保され、利益を得ているのが現実である。改革を進めれば、短期的には国民の大半と利益相反を起こす可能性が高い。
 日本国民は変化を積極的に受け入れ、高い成長と豊かさを目指すという道ではなく、変化が少ない代わりに相対的に貧しくなる道を選択したといってよい。そうだとすると「構造改革を実行する」という安倍政権のスローガンは誰に向けて発信されているのだろうか?

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

kokkaigijido02
格付け会社の体質が変わっていないのだとすると、日本国債はそろそろ危ないかもしれない

 安倍首相が消費増税の再延期を表明したことについて、格付け会社は引き下げを実施し …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …