ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本でも同様のサービスが立ち上がってきており、今年はバイラル・メディアがちょっとしたトレンドになる可能性がある。

viralmedia バイラル・メディアについては、単なるネット上における短期間の流行と見る向きもある。実際そうなってしまうのかもしれないが、一方でバイラル・メディアは、ネット・メディアの収益化に関する壮大な実験場となりつつある。
 その意味で、この形態のメディアが存続できるのかということ以上に、メディア関係者はその動向に注目しているのだ。

 バイラル・メディアとは、フェイスブックやツイッターなどソーシャル系のサイトで利用者が共有したくなるようなコンテンツに的を絞ったメディア・サイトである。
 サイトの作りはシンプルで、記事は、画像を中心にちょっとした解説だけで構成されていることが多い。多くのサイトには、ソーシャル系サイトでシェアするための大きなボタンが付いており、フェイスブックやツイッターで拡散されることを意識している。

 米国ではBuzzFeedやUpworthyなど数多くのバイラル・メディアが立ち上がっており、月間で1億ユーザに迫るサイトも出てきている。日本でもこれらをモデルにしたサイトが次々と立ち上がっている。

 バイラル・メディアが注目されているのは、急激にユーザ数を伸ばしているということも理由の一つだが、何と言っても重要なのが、その収益モデルである。
 そもそもフェイスブックやツイッターでの拡散を狙っているので、利用者がじっくりとサイトを読み込むことは想定されていない。このためバナー広告など従来型のネット広告が入っていない媒体が多い。では、どうやって収益化しようと考えているのかというと、多くは新しい広告形態であるネイティブ広告と呼ばれる仕組みを想定しているのだ。

 ネイティブ広告とは、読者に広告であることはっきり明示せず、通常の記事であるかのような体裁で作られた広告のことを指す。日本では雑誌や新聞において、以前から記事の体裁をした広告というものが存在していた(記事体広告と呼ぶ)。ネイティブ広告はこれをさらに巧妙にしたものである。

 記事と広告の境目がなくなることについて批判の声も大きいが、読者はそれほど違いを意識していないという調査結果もある。何よりネット・メディアを収益化できる可能性が高いということで、関係者の多くが注目しているのだ。

 つまり一時的なブームとはいえバイラル・メディアが収益化に成功すれば、それはネイティブ広告が現実化するということであり、もしそうなった場合には、ネット・メディアの世界は大きく変わることになる。
 これまで収益化は不可能とさえいわれてきたネットメディアに収益化の見込みが立つ一方、コンテンツの正当性や公平性については、さらに状況が曖昧になる。少なくとも、20年間バナー広告という「旧式」の広告に依存していたネット業界の構図に変化の波が押し寄せていることだけは確かである。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

3SHA03
フランス政府がネット企業が保有するビックデータに課税を検討。だが実現は懐疑的?

 フランス財務省は、GoogleやAmazonなどグローバルに展開する米国のネッ …

nissanngone
日産が三菱を救済。安い買い物か、高い買い物かは現時点では不透明

 日産自動車は2016年5月12日、データ改ざん問題で揺れる三菱自動車に約240 …

imf201304
日本に財政健全化を強く求めたといわれるG20声明はどう解釈すべきなのか?

 米ワシントンにおいて4月18日と19日、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行 …

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

hitogomi
投資も消費も消極的。日本経済のマインドはかつてのデフレ時代に戻った?

 内閣府は2016年1月14日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

bukkajoushou
消費税の便乗値上げはあったのか?4月の東京都区部の消費者物価指数は2.7%上昇

 消費増税後、初の物価統計として注目されていた4月における東京都区部の消費者物価 …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

no image
シャープは初めての経験に右往左往。コンサルはやりたい放題

 シャープは現在、金融機関からの支援を獲得するために、リストラ案を策定している真 …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …