ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格差に関する最新報告書を発表した。それによると、世界における経済格差は急激に拡大しており、人口の1%ほどの最富裕層が世界の富の半分を独占しているという。

keizaikakusa

 全世界的に見ると、1日1ドル以下で生活する最貧困層に属する人が12億人も存在しており、1%の富裕層の富が世界の半分を占めるという状況はそれほど驚くべきことではない。
 ただ、先進国も含めて経済格差が拡大しているのは事実であり、今後の経済成長に大きく影響する可能性がある。

 1%の富裕層の資産が、その国の富に占める割合は、1980年と比較すると米国では2倍に拡大している。またシンガポール、スウェーデン、ノルウェーなどでも拡大傾向が見られる。一方、フランスやスペインはあまり格差が拡大していない。日本は1.2倍程度に拡大しているが、これは高齢者の急激な増加と関係している可能性が高く、厚生労働省の調査(ジニ係数)では日本の経済格差はむしろ縮小している。

 上記の国々の名前を見ればわかるように、経済成長が著しかった国で格差が拡大し、不景気が続いた国では格差が縮小あるいは横ばいになっていることがわかる。全世界的に見れば、ここ20年は歴史的水準の高度経済成長期であった。このため全世界における経済格差が前例のない水準まで拡大するのは、ある程度、予想されたことなのである。

 日本の明治以来の歴史を見てもその傾向は顕著である。日本において所得格差がもっとも拡大した時期は、戦後の高度経済成長時代と80年代のバブル経済期、戦前では大正時代のバブル経済期である。一方、経済格差がもっとも縮小しているのは、不況が続く現在と、世界恐慌から太平洋戦争に突き進んだ昭和初期の時代だ。

 皮肉なことだが、不況が続けば続くほど、経済格差は縮小し、好景気が続くほど格差は拡大するのである。好景気の時は皆の給料が上がるので、生活が楽になった感じがする。このため国民から不満は出にくいが、その裏で格差はどんどん拡大する。逆に不況期は、皆の給料が下がるので不満が出やすいが、格差は縮小する。

 格差の拡大と縮小は循環することが多く、格差が極限まで進むと、今度は逆のベクトルが働くことになる。国際経済を分析するエコノミストの間では、今後の全世界的な成長鈍化を懸念する声が上がっている。全世界的な格差の拡大が極限まで達していることを考えると、エコノミスト達の懸念は現実のものになるかもしれない。

 - 社会, 経済 ,

  関連記事

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

foxconn02
シャープに拒絶された鴻海が日本に開発拠点を設立。シャープ技術者の採用に乗り出す

 経営再建中のシャープに出資を検討したものの、最終的にはこれを断念した台湾の鴻海 …

francis1
新ローマ法王は「フランチェスコ1世」。中南米出身でイエズス会という初めてづくしの法王

 新しいローマ法王がとうとう選出された。退位したローマ法王ベネディクト16世の後 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

frb
予想外に好調だった米雇用統計で、9月緩和縮小の声が高まる

 米労働省は7月5日、6月の雇用統計を発表した。失業率は7.6%と横ばいだったも …

abetoben
成長戦略の内容が徐々に明らかに。目新しさに欠け、市場が失望する可能性も

 政府が6月にまとめる成長戦略の内容が徐々に明らかになってきた。設備投資の促進、 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

nyse
ダウが最高値更新。間違っているのは金利なのか株価なのか?

 量的緩和の縮小が進む米国で、思いのほか金利が上がらないという状況が続いている。 …

kosokudoro02
高速道路無料化は永久に無理?高速3社が老朽化対策に10兆円必要との試算

 高速道路3社(東日本、中日本、西日本)は4月25日、高速道路の老朽化対策に関す …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …