ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日米共同の離島奪還訓練が中止に。米国側も訓練に及び腰だった

 

 政府は、11月に行われる自衛隊と在日米軍による共同演習において、実施予定であった離島奪還訓練を取りやめることにした。

 当初予定した沖縄県の無人島が地元の反対で使えなくなったことで、野田首相と森本防衛大臣、玄葉外務大臣が協議の上、訓練中止を決めたという。
 だが実際には中国側の反発を懸念する日本政府の状況に加え、米国側からも一時中止の要請があったといわれている。日米のどちらが主導した上で結論を出したのかは明らかではないが、中国側に配慮して訓練を中止した可能性が高い。

 日米共同の離島奪還訓練はすでに9月にグアムで実施されているが、今回沖縄で実施されれば国内初となる取り組みであった。

 米軍は佐世保基地に強襲揚陸艦ボノム・リシャール(写真右)を配備している。これは上陸作戦を行うための艦船であり、有事の際にはここから出航し、沖縄に立ち寄って普天間基地の海兵隊員とヘリを乗せ、紛争地に向かう手順となっている。

 すでに自衛隊は、沖縄における揚陸艦訓練にも参加しており、実質的には米軍との共同上陸作戦は準備されている状況といってよい。だが今回の訓練は、あえて「国内初」「離島奪還訓練」と銘打っていることからも分かる通り、中国に対する政治的メッセージが強いものとなっていた。

 今回米側も訓練実施に躊躇したことが明らかになったことで、海兵隊や在日米軍の前線とワシントンには相当な認識のギャップがあることが浮き彫りになった。米軍は現在、軍の歴史始まって以来の予算削減とリストラを迫られている。米国では「財政の崖」問題も控えており、在日米軍の体制が今後も同じである保証はない。
 ワシントンのスタンス次第で日本はハシゴをはずされるリスクがある。米国の中国政策の動向には要注意である。

 - 政治

  関連記事

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

no image
中国が今度は台湾野党の取り込み工作を本格化。日本はさらに厳しい状況に

 中国が台湾の取り込みに猛攻勢をかけている。これまで独立派として交流を行っていな …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

shukinpei03
ボアオ・アジアフォーラムで習近平氏が国家主席就任後、日本側要人と初めて会談

 中国の習近平国家主席は4月8日、博鰲(ボアオ)アジアフォーラムに出席し、同フォ …

passport
中国のパスポート領土表記問題。ベトナムが猛抗議するも現場では小遣い稼ぎをする輩も

 新しく発行が始まった中国のパスポートが大きな波紋を呼んでいる。パスポートに記載 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

sen15 00
過労?プレッシャー?中国空母艦載機の開発責任者が着艦成功直後に心臓発作で急死

 中国初の空母「遼寧」の艦載機開発プロジェクトの総責任者が、発の発着艦訓練に成功 …

okane
スイスで経営者の高額報酬に制限。だが役員報酬が世界で最も割高なのは日本企業だ

 スイスで3月3日、企業経営者の高額報酬を制限するか否かを問う国民投票が実施され …

no image
統一教会の教祖、文鮮明氏が死去。北朝鮮の開放政策にも影響か?

  統一教会の(世界基督教統一神霊協会)の創始者である文鮮明氏が3日、韓国で死去 …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …