ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1月9日、人工知能を搭載した高性能コンピューター「ワトソン」の事業化に向け10億ドル(約1040億円)を投資すると発表し た。2000人規模の事業部門を設立し、幅広い業種への導入を目指す。

ibmwatson

 ワトソンはIBMが開発した人工知能を備えたコンピュータ。人間の会話など自然言語を理解し、膨大なデータベースから必要な情報を集め、適切な解を導き出す能力を持っている。
 米国の人気クイズ番組で、人間のチャンピオンを破ったことで、その能力が世界的に知られることになった。

 IBMはこれまで人工知能の開発に膨大な投資を行っており、10年以内に関連事業で100億ドルという同社の目標を達成したとしても、それほど大きな利益にはならないとの見方もある。
 だが人工知能については、インターネットの登場以降、最大のイノベーションともいわれており、グーグルなどIT各社が積極的に取り組んでいる。グーグルは2014年1月27日に、英国の人工知能ソフトウェア企業であるディープマインド社を4億ドルで買収すると発表した。どの程度の利益をもたらすのかという算段とは無関係に、こうした事業化の動きは今後、一気に加速する可能性が高い。

 人工知能は様々な分野での応用が期待されている。人工知能を使えば、人間は自然言語でコンピュータと対話できることになるため、ある意味ですべての分野に導入することができる。
 すでに米国では薬剤師の処方や医師の問診などがスタートしているし、自動車の自動運転は、人工知能がもっとも生かされやすい分野のひとつといってよいだろう。家電や公共サービス、あるいは学校教育などあらゆる場面で人工知能は普及してくることになる。もちろん、最近商用化が進みつつあるロボットと人工知能は切ってもきれない関係にある。

 米アマゾンはこのところ、無人機を使って商品を配送するサービスや、顧客が注文することを先回りして商品を出荷してしまうサービスなど、奇抜なアイデアを次々に打ち出しているが、実はこれらの背景には人工知能の存在が大きく関係しているのだ。

 残念ながらこうした分野で圧倒的なリードを保っているのは米国であり、日本勢はかなり出遅れている。日本はハードウェアの製造や機器の制御など、個別の分野では優秀な技術を持っているが、ソフトウェアの開発や、各要素技術をオープンな形で統合し、新しい技術やサービスとして再構築する作業は得意としていない。だが人工知能の事業化において重要になるのは、こうした総合力なのである。

 日本がこうした部分で出遅れてしまう原因のひとつに、過剰な政府の規制がある。イノベーションの進展には、経験のないことに対して「とりあえずやってみよう」というスタンスが非常に重要となる。

 米国の法体系が「原則自由、状況に応じて禁止」であるのに対し、日本の法体系は「原則禁止、状況に応じて解禁」というスタンスであり、新しい事にチャレンジできないようになっている。調剤や問診の人工知能化、無人機による配送などは、現状ではまず不可能だろう。自動運転の公道実験も、道交法との関係があり、なかなか前に進まないのだ実情だ。政府の規制が厳しいことが、新しいことを拒絶する社会風習を生み出しており、さらに悪循環になっている。

 日本が新興国であった時代には、よいものを安く大量生産できれば一定の競争力は確保できた。だが成熟国家となった今、そのような低付加価値な産業モデルは通用しない。アベノミクスの成長戦略では、特定産業や特定技術を財政的に支援する従来型の産業政策が基本となっている。そろそろ民間の自主的なイノベーションを促す政策に切り替える時期に来ているといってよいだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

tenanmon
中国がネット検閲に加えて、利用者の実名登録を法制化。言論弾圧を強める

 中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)常務委員会は28日、インターネット …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

imd
世界競争力ランキングで日本は27位。上位常連の国と日本は何が違う?

 スイスのビジネススクールであるIMD(国際経営開発研究所)は2015年5月27 …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

pinkcrown
ピンク色のクラウンでも覆い隠せない、トヨタが抱えるブランド戦略上の苦悩

 トヨタが昨年12月に発表したピンク色の新型クラウンが話題となっている。堅物のイ …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …