ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイムズ(FT)の記事が話題となっている。同紙は斜に構えた論調が売りの高級紙であり、そのコラムは、知的な冗談として話半分くらいに考えるのが丁度よい。だが米国が世界の問題に関心を払わなくなっているという今回の主張は、多少おおげさかもしれないが、核心を突いている。

airforce1001

  米国は圧倒的な軍事力と経済力をバックに、世界のどこでにでも顔を出し、あらゆる事に口を挟んできた。日本においても、反米的な立場であれ、親米的な立場であれ、常に米国がどう考え、どう行動するのかが議論の的となっている。

 だがFT紙はこうした米国の対外政策は終わろうとしていると分析している。
 確かにオバマ政権はシリアへの武力介入について頑なに拒否し、イスラエルとの関係が良好ではないチャック・ヘーゲル氏をあえて国防長官に指名した。また中東から常駐空母を引き上げさせ、中国に対してはひたすら外交交渉を進めている。FT紙では一方的に防空識別圏を設定した中国に対して、米国がはっきりとした態度を示さなかったのはそのよい証拠であるとしている。

 一部にはこうしたスタンスはオバマ大統領に特有のものとする見方もある。実際、共和党の保守派や人権外交を振りかざす古典的な民主党員の中には、従来と同様、積極的な国際関与を望む声もある。
 だが米国の内向きなムードはオバマ大統領の個人的な感覚だけではないようだ。調査機関ピュー・リサーチ・センターによる調査では、米国人の52%が「米国は自国の問題に専念すべきである」と答えており、これは歴史的に見ても高い水準だという。

 この先米国の世論がどう振れるのかはまだ分からない。だが忘れてはならないのは、米国人は本来、「超」がつくほどの「引きこもり」であったという事実だ。今ではあまり語られることも少なくなったが、米国は第5代大統領ジェームズ・モンローの時代に、いわゆる「モンロー主義」を掲げ、世界の問題とは一切関わらないという外交姿勢を貫いていた(厳密には欧州との相互不干渉主義)。

 自国のことにしか関心がなく、ひきこもってばかりの米国を変えたのは、第二次世界大戦である。米国はこれを機に、世界の問題に積極的に口を出すようになり、たびたび強引な軍事力を行使してきた。だが世界の警察官として振る舞っていた期間はわずか70年であり、それ以外の期間、米国はひたすら孤立主義だったのである。今でも南部に行けば、連邦制度そのものに懐疑的で、地域主義を掲げる本当の意味での「保守的」な米国人が多数存在している。

 米国はシェールガス開発の進展によって近い将来、エネルギーのすべてを自給できるようになる見込みである。また米国は中南米からの移民が急増しており、すでにプロテスタントの白人は多数派ではない。共和党における次期大統領候補の最有力者の一人はキューバ移民2世だ。石油や人種という呪縛もなくなりつつある今、米国がアメリカ大陸に引きこもってしまう可能性は決してゼロではないのだ。

 首都東京の目の前、東京湾に面する横須賀基地には、巨大な原子力空母ジョージ・ワシントンが常駐しており、必要に応じてアジア全域に核攻撃ができる体制が整っている。これが今現在のリアルな状況であり、中国がいくら日本に敵対的だといっても、軍の行動が一定のレベルに抑制されているのは、在日米軍の存在があるからにほかならない。

 日本ではあまり報道されていないが、来年、大規模修繕に入るため米国に戻るジョージ・ワシントンの後継については、あらたに空母を配備する必要はないとの声も米国の一部からは上がっていた(最終的にはロナルド・レーガンの正式配備が決定)。また普天間基地の移設問題で日本国内は手一杯だが、沖縄からの海兵隊の撤退は着実に進められている。

 この先すぐに米軍が日本からいなくなったり、日米安保が急に形骸化するという可能性は少ないだろう。だが、米国社会は確実に変化しつつある。日米安保と在日米軍が未来永劫存在するという前提条件は、そろそろ捨てた方がよい時期にきている。

 - 政治 ,

  関連記事

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

hagelchina
ヘーゲル国防長官が中国の常万全国防相と会談。着々と進む米中のアジア戦略交渉

 ヘーゲル米国防長官は8月19日、米国防総省で中国の常万全国防相と会談した。ヘー …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …

no image
中国版イエズス会?中国語を世界に普及させる「孔子学院」が米国を席巻!

 中国語や中国文化の宣伝や普及を目的とした中国の教育機関が米国の教育界を席巻し、 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

shukinpei
(速報)中国共産党が次期指導部を選出。太子党大勝利。胡錦濤グループは危機的状況

 中国共産党大会が昨日14日、全日程を終えて閉幕したが、注目されていた次期最高指 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

ishiba
日銀法改正で安倍総裁に牽制球。「次」を狙う石破幹事長のしたたかな戦略とは?

 自民党の石破茂幹事長は17日、テレビ東京の報道番組に出演し、日銀法改正について …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …