ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイムズ(FT)の記事が話題となっている。同紙は斜に構えた論調が売りの高級紙であり、そのコラムは、知的な冗談として話半分くらいに考えるのが丁度よい。だが米国が世界の問題に関心を払わなくなっているという今回の主張は、多少おおげさかもしれないが、核心を突いている。

airforce1001

  米国は圧倒的な軍事力と経済力をバックに、世界のどこでにでも顔を出し、あらゆる事に口を挟んできた。日本においても、反米的な立場であれ、親米的な立場であれ、常に米国がどう考え、どう行動するのかが議論の的となっている。

 だがFT紙はこうした米国の対外政策は終わろうとしていると分析している。
 確かにオバマ政権はシリアへの武力介入について頑なに拒否し、イスラエルとの関係が良好ではないチャック・ヘーゲル氏をあえて国防長官に指名した。また中東から常駐空母を引き上げさせ、中国に対してはひたすら外交交渉を進めている。FT紙では一方的に防空識別圏を設定した中国に対して、米国がはっきりとした態度を示さなかったのはそのよい証拠であるとしている。

 一部にはこうしたスタンスはオバマ大統領に特有のものとする見方もある。実際、共和党の保守派や人権外交を振りかざす古典的な民主党員の中には、従来と同様、積極的な国際関与を望む声もある。
 だが米国の内向きなムードはオバマ大統領の個人的な感覚だけではないようだ。調査機関ピュー・リサーチ・センターによる調査では、米国人の52%が「米国は自国の問題に専念すべきである」と答えており、これは歴史的に見ても高い水準だという。

 この先米国の世論がどう振れるのかはまだ分からない。だが忘れてはならないのは、米国人は本来、「超」がつくほどの「引きこもり」であったという事実だ。今ではあまり語られることも少なくなったが、米国は第5代大統領ジェームズ・モンローの時代に、いわゆる「モンロー主義」を掲げ、世界の問題とは一切関わらないという外交姿勢を貫いていた(厳密には欧州との相互不干渉主義)。

 自国のことにしか関心がなく、ひきこもってばかりの米国を変えたのは、第二次世界大戦である。米国はこれを機に、世界の問題に積極的に口を出すようになり、たびたび強引な軍事力を行使してきた。だが世界の警察官として振る舞っていた期間はわずか70年であり、それ以外の期間、米国はひたすら孤立主義だったのである。今でも南部に行けば、連邦制度そのものに懐疑的で、地域主義を掲げる本当の意味での「保守的」な米国人が多数存在している。

 米国はシェールガス開発の進展によって近い将来、エネルギーのすべてを自給できるようになる見込みである。また米国は中南米からの移民が急増しており、すでにプロテスタントの白人は多数派ではない。共和党における次期大統領候補の最有力者の一人はキューバ移民2世だ。石油や人種という呪縛もなくなりつつある今、米国がアメリカ大陸に引きこもってしまう可能性は決してゼロではないのだ。

 首都東京の目の前、東京湾に面する横須賀基地には、巨大な原子力空母ジョージ・ワシントンが常駐しており、必要に応じてアジア全域に核攻撃ができる体制が整っている。これが今現在のリアルな状況であり、中国がいくら日本に敵対的だといっても、軍の行動が一定のレベルに抑制されているのは、在日米軍の存在があるからにほかならない。

 日本ではあまり報道されていないが、来年、大規模修繕に入るため米国に戻るジョージ・ワシントンの後継については、あらたに空母を配備する必要はないとの声も米国の一部からは上がっていた(最終的にはロナルド・レーガンの正式配備が決定)。また普天間基地の移設問題で日本国内は手一杯だが、沖縄からの海兵隊の撤退は着実に進められている。

 この先すぐに米軍が日本からいなくなったり、日米安保が急に形骸化するという可能性は少ないだろう。だが、米国社会は確実に変化しつつある。日米安保と在日米軍が未来永劫存在するという前提条件は、そろそろ捨てた方がよい時期にきている。

 - 政治 ,

  関連記事

sunnylands
米中首脳会談が行われるリゾート施設サニーランドとはどのような場所なのか?

 6月7日~8日の日程で、いよいよ米中首脳会談が開催される。今回の首脳会談は首都 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

jf001
アルジェリアの人質事件で露呈した政府専用機のお粗末。日本は保有する資格なし

 政府は、アルジェリアで起きた人質事件の検証作業を進める中で、政府専用機の運用制 …

suga
消費税を巡る発言が活発化。だが基本的にはオンスケジュールで増税か?

 10月ともいわれる消費増税の決定時期が着々と近付いてきていることから、消費税を …

no image
中国の漁船団1000隻が尖閣に集結との情報。ただし位置特定システム上では未確認

 日本の尖閣諸島国有化に対抗して、大量出航したといわれている中国の漁船1000隻 …

kokkaigijido02
憲法改正の手続きを定めた国民投票法が審議入り。各党の思惑が絡んで議論は複雑

 憲法改正のための具体的な手続きを定めた国民投票法(日本国憲法の改正手続に関する …

bostonterro
連続爆破テロの犯人を拘束。重傷を負っており、テロによる負傷者と同じ病院に搬送

 米ボストン市警察は4月19日、ボストン・マラソン連続爆破テロ事件の容疑者である …

ribiatero
米国が中東で2つの対テロ作戦を同時遂行。今後はこうした「見えない」戦争が中心か?

 米軍は10月5日、リビアとソマリアにおいてほぼ同じタイミングで特殊部隊による対 …

brics2014
新興5カ国がBRICS開発銀行と外貨準備基金の設立で合意。世銀とIMFに対抗

 インドや中国など新興5カ国(BRICS)は2014年7月15日、ブラジルで首脳 …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …