ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している量的緩和策の継続を全員一致で決定した。昨年に引き続き、今年もマネタリーベースを年60兆から70兆円のペースで増加させる。黒田総裁は追加緩和については触れなかったが、市場では4月頃に日銀が追加緩和に踏み切るとの見方が大勢を占めている。

 nichigin02 足元の景気については「緩やかに回復を続けている」とし、堅調であるとの認識を示した。また今後の先行きについても、消費税の引き上げに伴う反動があるとしながらも、基調的には緩やかな回復を続けていくとの見方を維持した。物価については、量的緩和の導入から2年程度で2%という当初の目標を維持した。

 市場では早くも追加緩和の時期をめぐる話題で持ちきりとなっている。その理由は大きく分けて2つある。ひとつは日銀が供給する資金の増加ペースの問題、もうひとつは消費税10%への増税対応である。

 日銀は昨年に引き続き、年間60兆から70兆円のペースで資金を増加させる。資金増加の絶対量は同じだが、増加率という点では昨年を下回る。それは昨年すでに60兆から70兆円の資金を投入してしまっているからである。
 昨年4月の量的緩和の開始以後、マネタリーベースは約43%増加した。だが今年の末時点で70兆円の増加だと仮定すると、増加率は36%に低下してしまう。量的緩和の成果を示す物価は基本的に絶対量ではなく前年比で示される。昨年11月時点での消費者物価指数(コア指数)の上昇率は1.2%だが、この上昇ペースを維持しようと思った場合には、同じ金額では不十分であり、少なくとも同じ率の供給量増加が必要となる。

 もうひとつは消費税の10%増税である。2014年は消費税の8%増税があるため景気が落ち込むことはほぼ確実である。内閣府では2014年の経済成長率の見通しをプラス1.4%としている。内閣府では四半期ごとの予測は出していないが、国際機関などの予測によると、後になればなるほど、成長率の鈍化が著しくなる。

 このため、政府としては消費税増税によるGDP落ち込みの反動が期待される7~9月期の実績で10%増税を決定してしまいたい意向だ。そのためには、春先に追加緩和を実施するのがもっとも効果的である。政府は追加緩和については一切言及していないが、日銀に対しては、追加緩和の圧力が日増しに高まっている状況だ。

 今回、日銀が追加緩和に言及しなかったのは、やがて顕在化する追加緩和の圧力を見越して、意思決定を温存しておいたものと理解されている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

hongkongdemo
香港の選挙制度改革に対して中国が事実上のゼロ回答。民主派は猛反発

 3年後に行われる香港の行政長官選挙をめぐって、香港で緊張感が高まっている。中国 …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

obama201308
オバマ大統領がシリア軍事介入に慎重なのは、かつてのコソボ空爆の教訓?

 シリア政府が化学兵器を使用した可能性が高まってきたことで、米政府はシリアに対す …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

abekeizai201311
政府税調が法人税改革の原案を提示。減税先行で財政再建が遅れる可能性も

 政府税制調査会は2014年5月16日、法人税課税の専門委員会において法人税改革 …

abe20150715
盤石の安倍政権に黄色信号。日本市場における政局リスクが徐々に顕在化

 日本の株式市場に政局リスクが浮上し始めた。内閣支持率が急落していることに加え、 …

amarikaiken
甘利経財相に金銭疑惑が浮上。永田町の潮目が変わったとの見方も

 安倍政権の屋台骨に「政治とカネ」の問題が浮上した。国会が始まったばかりであり、 …

jazenchukaicho
JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改 …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …