ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が今回の決定会合で追加緩和に言及しなかった理由

 

 日銀は2014年1月22日、金融政策決定会合を開催し、昨年4月から実施している量的緩和策の継続を全員一致で決定した。昨年に引き続き、今年もマネタリーベースを年60兆から70兆円のペースで増加させる。黒田総裁は追加緩和については触れなかったが、市場では4月頃に日銀が追加緩和に踏み切るとの見方が大勢を占めている。

 nichigin02 足元の景気については「緩やかに回復を続けている」とし、堅調であるとの認識を示した。また今後の先行きについても、消費税の引き上げに伴う反動があるとしながらも、基調的には緩やかな回復を続けていくとの見方を維持した。物価については、量的緩和の導入から2年程度で2%という当初の目標を維持した。

 市場では早くも追加緩和の時期をめぐる話題で持ちきりとなっている。その理由は大きく分けて2つある。ひとつは日銀が供給する資金の増加ペースの問題、もうひとつは消費税10%への増税対応である。

 日銀は昨年に引き続き、年間60兆から70兆円のペースで資金を増加させる。資金増加の絶対量は同じだが、増加率という点では昨年を下回る。それは昨年すでに60兆から70兆円の資金を投入してしまっているからである。
 昨年4月の量的緩和の開始以後、マネタリーベースは約43%増加した。だが今年の末時点で70兆円の増加だと仮定すると、増加率は36%に低下してしまう。量的緩和の成果を示す物価は基本的に絶対量ではなく前年比で示される。昨年11月時点での消費者物価指数(コア指数)の上昇率は1.2%だが、この上昇ペースを維持しようと思った場合には、同じ金額では不十分であり、少なくとも同じ率の供給量増加が必要となる。

 もうひとつは消費税の10%増税である。2014年は消費税の8%増税があるため景気が落ち込むことはほぼ確実である。内閣府では2014年の経済成長率の見通しをプラス1.4%としている。内閣府では四半期ごとの予測は出していないが、国際機関などの予測によると、後になればなるほど、成長率の鈍化が著しくなる。

 このため、政府としては消費税増税によるGDP落ち込みの反動が期待される7~9月期の実績で10%増税を決定してしまいたい意向だ。そのためには、春先に追加緩和を実施するのがもっとも効果的である。政府は追加緩和については一切言及していないが、日銀に対しては、追加緩和の圧力が日増しに高まっている状況だ。

 今回、日銀が追加緩和に言及しなかったのは、やがて顕在化する追加緩和の圧力を見越して、意思決定を温存しておいたものと理解されている。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

freeway
原油価格の下落は、世界経済にとってプラスなのかマイナスなのか?

 安い原油価格を背景に、米国で自動車が好調な売れ行きを見せている。原油価格の下落 …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

kakugi02
古い自民党に先祖返り。2013年度税制改正大綱に見るアベノミクスの真実

 政府は1月29日、2013年度税制改正大綱を閣議決定した。税制改正大綱は、国会 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

no image
習近平副主席がクリントン長官との会談をドタキャン。

 中国の次期最高指導者に内定している習近平副主席が、中国を訪問中のクリントン国務 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …