ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マッカートニーとオノヨーコが完全和解。今後のビートルズ事業が狙いか?

 

 ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニー氏がTVのインタビューで「ビートルズ解散の責任はオノヨーコにはない」と発言したことが明らかとなった。英紙オブザーバーが報じている。

 オノヨーコ氏は、言わずと知れたジョン・レノン氏の妻。ビートルズが分裂して解散するきっかけを作ったと一般的には認識されてきた。
 マッカートニー氏とは犬猿の仲といわれてきたが、最近は和解したといわれ、一緒にイベントに参加する姿も見られている。同インタビューでマッカートニー氏は、ビートルズ解散後のジョン・レノン氏の最大の名曲といわれる「イマジン」についても言及し「彼女がいなければあの名曲はできなかった」と最大限の賛辞を送ったという。

 マッカートニー氏とオノヨーコ氏の和解が明確になったことで多くのファンは喜んでいるが、中にはうがった見方をする人もいる。

 それは両者の和解をきっかけにした、ビートルズ関連事業の拡大である。オノヨーコ氏は前衛芸術家としてレノン氏と出会っているが、もともは安田財閥の末裔で銀行家一族のセレブ育ち。妹の小野節子氏は世界銀行の元職員だ。

 そのせいか、芸術家よりもビジネスウーマンとしての才能が開花し、レノン氏亡き後、故レノン氏と息子のショーン氏をフル活用してビジネスに邁進。レノン氏が死去した時点よりもはるかに多額の財産を築いているという。
 もしかすると、息子のショーン氏も交えて、ビートルズ復活などというシナリオも描いているのかもしれない(確かにショーン氏も「ちょうどいいホンダ!」といったコマーシャルの仕事ばかりでは満足できまい)。

 オノヨーコ氏の影響で完成したというジョンレノン氏の名曲「イマジン」は、何も所有しないことの清らかさを描いており、多分に禅の思想の影響を受けているといわれてきた。マッカートニー氏の発言で、やはり日本人であるオノヨーコ氏の影響が大きかったことが明らかになったわけだが、当のオノヨーコ氏は、お金儲けに関する煩悩はいまだ捨てられていないようである。

 - 社会, 芸能

  関連記事

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

kinokuguo
注目を浴びるトリウム原子炉。だが足元では関連プロジェクトが後退している

 現在の主流となっているウランを使った軽水炉に代わって、トリウムを使った原子炉を …

korusika
まるでマフィア映画!コルシカ島の首領が相次いで殺害。それでも観光客が訪れる理由

 地中海に浮かぶフランス領の美しい島、コルシカ島で、マフィア映画さながらの連続殺 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

shouwa
「最近・・・が増えている」「最近の若者は・・・」という話題にはご用心

 世の中では、しばしば「近年、・・・が増加している」あるいは「最近の若者は・・・ …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …