ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フェイスブックの人気に陰りが出始めていることは各種メディアで伝えられているが、この研究では2017年までに利用者の80%が失われるという大胆なもの。ようやく株価も上昇基調になってきた時だけに、株価への影響も懸念される。

facebookdown

 この予測を発表したのは、米プリンストン大学の研究者2名で、論文は研究論文サイトの関係者向けに公表されたものだという。
 研究者らは、SNS(ソーシャルネットワークサービス)における利用者の動きを疫学モデルを使って分析したという。それによると、フェイスブックは今後数年で急速な衰退に見舞われる見通しであり、2017年までの間にピーク時のユーザー数の80%を失っているという。

 フェイスブックやツイッターはしばしばバイラル(伝染性)のサービスといわれる。口コミで一気に拡がるので、伝染病の流行とパターンが似ているからだ。両研究者は、微分方程式を使った伝染病感染モデルを使い、これをフェイスブック利用者数の推移に応用した。

 伝染病のシミュレーションは、感染した人が非感染者に出会うと一定確率で感染を引き起こすという前提で微分方程式が作られる。一方、感染者の一定割合が、時間の経過と共に治癒するので、その人は感染者ではなくなる。また感染者が増えてくると、新規の感染者の割合いも減ってくる。感染者の増加と減少の関係性によって最終的な感染者の数が決まるわけだ。
 この微分方程式を解いて得られるグラフは、鋭いピークを持った形状となる。当初は一気に感染が拡大するが、感染者の増加と共に、新規感染者が減少し、治癒する人の割合いが高くなってくる。ピークを過ぎた後は、急激に感染者が減少、一定レベルまで下がると、その後はダラダラとした減少になる。

 フェイスブックの利用者拡大も同じ法則に従うと考えれば、ピークから一気に80%の利用者が失われるという予測も驚くような内容ではない。

 この予測のポイントは、フェイスブックが果たして伝染病と同じパターンを示す「流行」なのか?という点に絞られる。確かにグーグルのような検索エンジンの場合、基本的なインフラになってしまい、利用者に多少不満があっても、そこからなかなか逃れられないという現実がある。
 だがSNSは利用者の満足度が下がれば容易に他のサービスに乗り換えてしまう可能性がある。フェイズブックはその意味で、感染モデルが適用しやすいビジネス形態といえるだろう。

 もしそうなのだとすると、同社の課題は、いかにして利用者をがんじがらめにし、自社サービスから離れられないようにするのかということになる。もちろん天才起業家であるザッカーバーグ氏はその対策も考えいるはずだが、果たして成果の程はどうだろうか?

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

saka
竹中氏の天敵、日本郵政の坂社長が政府与党からの批判を受け半年で退任

 日本郵政の坂篤郎社長が退任する見通しになったと各紙が報じている。坂社長は昨年1 …

shukinpei03
中国経済への自信?それとも強権発動覚悟?中国指導部の強硬姿勢がより鮮明に

 中国国営の新華社通信は7月7日、中国財政部(財政省)が緊縮財政措置の一環として …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …

beikokuoil
米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールス …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

shukinpeihouei2015
習近平国家主席の訪英。とうとう英国原発の中国丸投げについて最終合意

 英国を訪問中の中国の習近平国家主席と英国のキャメロン首相は2015年10月21 …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …