ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

12月の貿易赤字はさらに拡大。慢性的な経常赤字に備えた政策が急務

 

 財務省は2014年1月27日、2013年12月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆3021億円の赤字となった。赤字は18カ月連続で、先月に引き続いて過去最長を更新している。また前年同月比では赤字額が倍増している。季節調整済みでは前月比で多少改善しているが、貿易赤字の増加トレンドに変更はない。慢性的な経常赤字になるのは時間の問題である。

bouekitoukei201312

 経常収支は最終的な国の収支を示す指標で、おおまかには貿易収支に投資収益(所得収支)を加えたものである。日本はすでに慢性的な貿易赤字体質になっているが、それを上回る投資収益があるため、経常収支は黒字が続いていた。だが2013年に入ってから貿易赤字が急拡大し、投資収益を上回り、経常収支が赤字になる月が出始めた。

 昨年1年間の投資収益の月平均は約1兆4000億円である。今月の貿易赤字は1兆3000億円なので、もう一段階、貿易赤字が大きくなれば、慢性的な経常赤字体質に転落してしまう。現在の赤字拡大のトレンドがそのまま継続すると仮定すると、その時期は早ければ今年の後半にやってくる。

 赤字拡大の原因は輸出の不振と輸入の拡大である。輸出の不振は日本企業の国際競争力に起因しており、為替で回復できるものではない。実際、円安になった後も輸出の数量は横ばいが続いており、増加の兆しはない。また輸入増大について原発の再稼働で改善できるとの主張があるが、原発停止後もエネルギー輸入量は増加しておらず、再稼働で赤字を改善することはほぼ不可能である(日本は基本的に節電で対応。エネルギー輸入金額が増大したのは原油価格が上昇したから)。

 つまり貿易赤字の増大は構造的問題であり、すぐに現状を変えることは困難と考えるべきである。貿易赤字の増大は不可避であることを前提に、その影響を和らげる政策が必要となるだろう。考えられるのは対外、対内投資の拡大である。

 海外からの投資収益を拡大することができれば、貿易赤字増大の影響を緩和させることができる。そのためには、対外投資における直接投資の比率をさらに上げることが重要となる。ソフトバンクやサントリーのような大型海外M&Aをさらに活発化させるための政策が必要である。
 一方で、国内の国債消化余力を維持するために、海外資金を呼び込みやすい環境を整備することも重要である。今のところ問題は顕在化していないが、経常赤字が慢性化すると、国内の資金余力が減少し、必然的に海外からのファイナンスへの依存度が高まる。その時に、日本市場が魅力的でなければ、日本は資金不足に陥ってしまう可能性があるからだ。

 だがこれらを実現するためには政府による規制という大きなカベが立ちはだかっている。政府の規制によって、特定企業を保護する政策を続けていると、外国人投資家にとって魅力的な市場にはならない。アベノミクスは、公共事業や特定産業支援など、予算措置を伴うものについてはスムーズに実行されているが、こうした規制緩和については進捗がほぼゼロである。経常赤字の問題が顕在化してからでは時はすでに遅い。残された時間は限りなく少ない。

 - 経済 , ,

  関連記事

uschinadialog2014
6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2 …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …

merukeru00
ドイツ要人が相次いで日本の円安政策を批判。基本的には国内向けなのだが・・・

 ドイツのメルケル首相は24日、スイスのダボス会議において、日本が進める為替政策 …

ieren
バーナンキFRB議長の後任はイエレン副総裁が有力。市場関係者も歓迎か?

 2期目を迎えるオバマ政権の主要閣僚がほぼ出揃ってきたことで、来年1月に任期を迎 …

birukensetsu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

gealstomjapan
日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでい …

nichigin04
日銀が緩和の枠組みを金利目標にシフト。量的緩和策は事実上の長期撤退戦へ

 日銀は、2016年6月20日と21日に開催された金融政策決定会合において、従来 …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …