ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半期の売上高は前年同期比5.7%増の575億9400万ドル(約5兆9000億円)、純利益はほぼ横ばいの130億7200万ドル(1兆4000億円)となった。四半期の売上高は過去最高となったが、来期の見通しが予想を大幅に下回った。チャイナモバイルによるiPhone販売開始によって大幅な上積みが期待されていただけに、市場の反応はよくない。時間外の取引では同社の株価は一時7%下落した。

apple

 決算の内容そのものは悪くない。前年同期比では純利益が横ばいだが、1年前はまだ同社が超高収益体質だった時代の決算である。
 前四半期期(7~9月期)の決算で同社は利益率の低下に歯止めをかけることに成功したが、前期との比較では、原価率がさらに低下しており、収益力は向上したといってよい。

 市場の失望感を誘ったのは、決算の内容ではなく中国の販売状況である。中国最大の通信会社である中国移動通信(チャイナモバイル)は1月からiPhoneの販売を開始している。
 世界最大の携帯電話市場であるだけに投資家は売上高の大幅な増加を期待していたが、アップルが発表した1~3月期の売上げ予想は前年同期比横ばいの440億ドル程度にとどまった。単に販売状況が後ズレしているのか、売れ行きが今ひとつなのかはまだはっきりしていない。このあたりは今後の販売動向の情報などが出てくるまではっきりしないだろう。

 製品別では主力のiPhoneが前年同期比6.7%増の51万台、iPadは同13.5%増の26万台となり四半期ベースでは過去最高の販売台数となった。パソコンのMacは48万台で、前年同期比で17%増とこちらも好調な売れ行きだった。

 同社の課題となっている巨額の現金の使い道だが、従来と同様、配当などで株主還元を行っていくとしている。ただ同社の純資産は前年同期比で6000億円も増加しており、今後も内部留保が積み上がる状況が続く可能性が高い。引き続き、同社の株主還元策については議論の的となるだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

tosho05
野村證券が最長70歳まで定年を延長した背景とは?

 野村証券は、国内営業を担当する正社員の定年を60歳から65歳に延長し、65歳以 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

yozawa
ネオヒルズ族与沢翼氏が資金ショートを告白。その理由は何と巨額の税金

 暴走族からネット起業家に転身し、1秒間に1億円稼ぐと豪語していた、フリーエージ …