ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の販売見込みが予想を下回り、好業績だが失望となったアップルの決算

 

 米アップルは2014年1月27日、2013年10~12月期決算を発表した。四半期の売上高は前年同期比5.7%増の575億9400万ドル(約5兆9000億円)、純利益はほぼ横ばいの130億7200万ドル(1兆4000億円)となった。四半期の売上高は過去最高となったが、来期の見通しが予想を大幅に下回った。チャイナモバイルによるiPhone販売開始によって大幅な上積みが期待されていただけに、市場の反応はよくない。時間外の取引では同社の株価は一時7%下落した。

apple

 決算の内容そのものは悪くない。前年同期比では純利益が横ばいだが、1年前はまだ同社が超高収益体質だった時代の決算である。
 前四半期期(7~9月期)の決算で同社は利益率の低下に歯止めをかけることに成功したが、前期との比較では、原価率がさらに低下しており、収益力は向上したといってよい。

 市場の失望感を誘ったのは、決算の内容ではなく中国の販売状況である。中国最大の通信会社である中国移動通信(チャイナモバイル)は1月からiPhoneの販売を開始している。
 世界最大の携帯電話市場であるだけに投資家は売上高の大幅な増加を期待していたが、アップルが発表した1~3月期の売上げ予想は前年同期比横ばいの440億ドル程度にとどまった。単に販売状況が後ズレしているのか、売れ行きが今ひとつなのかはまだはっきりしていない。このあたりは今後の販売動向の情報などが出てくるまではっきりしないだろう。

 製品別では主力のiPhoneが前年同期比6.7%増の51万台、iPadは同13.5%増の26万台となり四半期ベースでは過去最高の販売台数となった。パソコンのMacは48万台で、前年同期比で17%増とこちらも好調な売れ行きだった。

 同社の課題となっている巨額の現金の使い道だが、従来と同様、配当などで株主還元を行っていくとしている。ただ同社の純資産は前年同期比で6000億円も増加しており、今後も内部留保が積み上がる状況が続く可能性が高い。引き続き、同社の株主還元策については議論の的となるだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …

usakoyoutoukei201511
11月の雇用統計も良好。米国の利上げは確実となり、焦点は今後のシナリオへ

 米労働省は2015年12月4日、11月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

jre235
山手線新型車両E235が連続トラブルで運行休止。原因はソフトのバグと思われるが・・・

 東京オリンピックを見据え、13年ぶりの刷新と鳴り物入りでデビューしたJR山手線 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

googlewalmart
とうとうウォルマートとグーグルが提携に乗り出す。アマゾンの牙城は崩れるか?

 超巨大スーパーである米ウォルマートとIT業界の巨人であるグーグルが提携する。こ …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …