ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の決算を発表した。キャタピラーは全世界に建設機械を販売している。建設機械の需要は世界経済の状況を色濃く反映することから、同社の決算には多くの関係者が注目している。今期の決算内容は、新興国から米国に景気がシフトしている現在の世界経済の現状を浮き彫りにする形となった。

caterpillar002

 売上高は144億200万ドル(約1兆4800億円)で前年同期比11%のマイナスとなった。純利益は前年同期比44%増の10億300万ドル(約1030億円)であった。売上高は減少したがコスト削減を徹底した結果、利益は拡大した。

 地域別の売上げでは、主力の北米市場は7%のプラスとなり、14%のマイナスであった前期から大幅に改善した。一方、ラテンアメリカは19%のマイナス、欧州・アフリカは8%のマイナス、アジア・パシフィックは29%のマイナスとなった。建設需要が激減している中国の落ち込みがひどく、2ケタ台のマイナスが2期続いている。

 中国は建設インフラの整備が一巡したことや、バブル経済ともいわれる過剰な不動産投資を抑制するために、引き締め政策を続けている。当分の間、建設機械に対する需要は回復しない可能性が高い。

 2013年通期の売上高は556億5600万ドルとなり、2012年との比較では15.5%のマイナスとなった。同社は2014年の売上げ見通しを6%増の560億ドルとしている。世界経済は米国を中心に堅調に推移すると見ているようだが、中国など新興国の失速が続くことから売上高は6%の増加にとどまっている。

 ちなみにIMFによる最新の世界経済見通しでは、2014年のGDP成長率について、米国はプラス2.8%に加速するものの、欧州はプラス1.0%、新興国は5.1%にとどまるとしている。2013年との比較で成長率が鈍化するのは中国だけだが、その他の新興国も世界経済を牽引するほどの状況には至っていない。米国主導の緩やかな成長が継続する可能性が高く、キャタピラーの売上げ見通しもこれを反映しているといってよい。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

hitachiturbin
三菱重工と日立が火力発電事業を統合。だが肝心の技術でトラブルが続き前途多難

 三菱重工業と日立製作所は6月11日、火力発電事業の事業統合に関する基本契約書を …