ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改める検討に入ったという。会計基準を策定している民間団体に見直しを要請するとともに、6月に策定する成長戦略に盛り込むと報道されている。

meti03

 日本の会計基準は独立した民間団体が決定しており、政府の意向がそのまま反映されるわけではない。また欧米流の基準に変更したからといってM&Aが活発になるという保障もない。
 今回打ち出された案は成長戦略における成果を急ぎたい経済産業省の勇み足である可能性が高く、どれだけ現実味があるのかは不透明な状況だ。

 現在の日本の会計基準では、買収した企業の資産額と実際の買収金額の差額(のれん代)を20年以内に償却すると定めている。例えばのれん代が20億円だった場合、毎年1億円を20年間利益から差し引くという処理をする。
 一方、欧米の基準ではこうした処理を行わないので、買収によって毎年の利益が減ることはない。だが毎年買収した事業の状況をチェックし、予定通りに事業が進捗していない場合には、その分価値が減少したとして、損失処理をするという仕組みになっている。
 つまり機械的に毎年利益から差し引くのか、うまくいけばそのままにしておき、うまくいかなった場合には一気に損失処理するのかという違いがあるだけである。

 経済産業省では、日本の会計処理では企業の見かけ上の利益が減少するので、M&Aが活発化しないとしている。だが経営者の立場からすれば必ずしもそうとは限らない。日本の基準であれば、とりあえず機械的に処理されるので事前の評価が甘くても許されるという面があり、逆に欧米式の基準では失敗すると一気に損失が表面化するので、M&Aの内容によほど自信がないと実行することが難しくなる。

 常に攻めの姿勢を崩さず、リスクを冒してでも成長を実現したいというアグレッシブな経営者であれば、欧米式の基準の方が望ましいだろう。だがとりえあず自分の任期をそこそこでまっとうしたという、日本のサラリーマン的な経営者の体質では、新基準はむしろM&Aを縮小させる可能性もある。

 時価評価を原則とする欧米の会計基準に合わせるという経済産業省の主張は確かに正論だが、低調な日本のM&Aを活発化させるという観点でこの制度改正を検討するのは、少々スジ違いである。こうした動きには、アベノミクスで主導権を握りたい経済産業省の省益が大きく関係している可能性が高いが、国民の側にも原因がある。

 日本では政府が音頭を取ればビジネスが活発になるという一種の「神話」が存在しているが、神話は神話でしかない。ビジネスを活発化させるためには、競争環境を整え、企業が持つ本来のアニマルスピリットの発揮を待つという地道なやり方しかないのだ。

 競争環境を整える最良の方法は、特定の業種や企業だけを優遇する措置を撤廃したり、企業活動を制限する規制を撤廃することである。だがこうした政策は優遇策の恩恵を受けている企業の経営者や従業員、関係者から大きな反対があり、なかなか実現しない。その利害を調整することこそが政府の役割であるはずだ。
 こうした本質的な部分に手を付けず、見かけ上の制度をいくら改正しても、従来と同様、企業活動の活発化には寄与しない可能性が高い。

 - 経済 , ,

  関連記事

dentaku
家計の金融資産は1年で3割近くも減少。厳しい現実に庶民が身を守る方法はあるのか?

 日本人はますます貧乏になっている。多くの人が何となく感じていたものは、やはり現 …

chokusetsutoshi001
加速する日本の海外投資。所得収支の増加に貢献

 日本の海外投資が加速している。財務省によると、2013年末における日本の対外純 …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

baidenindo
米国のバイデン副大統領がインドを訪問。意外に疎遠だった米国とインドの経済関係

 インドと米国があらたな経済連携に向けて対話を始めている。米国のバイデン副大統領 …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

jetstar
国内主要LCC3社がようやく黒字化。だが日本における空のガラパゴスは変わらず

 国内主要LCC(格安航空会社)の2015年度決算が出揃い、3社がすべて黒字化し …

okane03
国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避 …

nenkin
年金運用益が過去最高。だが運用原資は毎年4兆円ずつ減少しているという事実

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は7月2日、2012年度の運用状況を …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …