ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の決算を発表した。売上高は前年同期比17%増の168億5800万ドル(約1兆7300億 円)、 純利益は同17%増の33億7600万ドル(約3470億円)となり、売上高、利益とも過去最高となった。

googlehead

 グーグルの検索サービスは、インターネットの基本的なインフラとなっており、同社の決算動向はインターネット経済の動向を示す指標として注目されている。
 今回の決算は、主力のネット広告事業が順調に推移した結果だが、クリック数と単価の関係に変化が見え始めている。単価の下落はこれまでと同様だが、クリック数の伸びが極めて大きくなった。スマホの普及でネットが生活インフラとしてさらに拡大するとともに、広告単価は今後も低下していく可能性が高くなってきた。

 同社の収益構造は単純だ。同社が提供する検索連動広告を利用者がクリックするたびに、広告料金の一部が同社に入ってくる。売上げを決定する要因は、クリック数(利用者が広告を閲覧した回数)とクリック単価(広告料金)である。単純に考えればこの両者を掛け合わせると同社の売上げになる。

 これまで同社は増収増益を続けてきた。一方、クリック数は順調に増加するものの、クリック単価は低下が進んでいた。このため一部の専門家からは、同社の収益が伸び悩むのではないかとの声も出ていた。同社のサービスはインターネット経済の基本インフラなので、同社の伸び悩みは、ネット経済の成長鈍化とイコールになる。

 今回の決算は傾向としては従来と同じだが、大きな変化があった。広告単価は継続して減少しているものの、クリック数が急激に増大したのである。これによって単価減少をクリック数増加が大きく上回り、増収増益を実現した。
 同社のクリック単価は2011年をピークに30%以上も下落したが、一方でクリック数は2.5倍に増加している。今四半期にいたっては前四半期に比べて30%もクリック数が増えた。

 これはスマホへのシフトやデジタル・ネイティブ世代の増加によって、インターネットの裾野がさらに広がっていることを示唆している。これによってクリック数は急拡大するが、もはや汎用品と化したインターネットでの広告単価は下がる一方ということになる。
 もしそうなのだとすると、この傾向は当分の間、続くことになる。紙媒体が急激な勢いで消滅している米国はともかく、日本のようにまだまだ紙媒体が中心的存在となっている国は多く、今後、これらがネットに置き換わる余地が大きいからだ。ただこのことが、すべてのネット事業社にとってバラ色の未来を意味しているのかは分からない。
 インターネットの利用はさらに拡大するが、規模のメリットを追求できる事業社以外は、さらに利益を生み出すことが苦しくなってくるだろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

swissnb
スイス中銀が突然の為替上限撤廃。ECB量的緩和策直前という最悪のタイミング

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行が、自国通貨高を抑制するための為替上限を …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

rikokkyou
日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …