ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPは、年率換算で前期比プラス3.2%となった。政府機関閉鎖の影響で政府支出はマイナスだったが、好調な輸出と個人消費がこれを大きく上回った。米国経済は予想以上のペースで回復が進んでいる。

usagdp20131012

 米国経済は個人消費がGDPに占める割合が7割と日本よりも高く、個人消費の動向がGDPを大きく左右する。米国の個人消費はリーマンショック後も堅調に推移しており、好調だった年末商戦も重なって3.3%の伸びとなった。設備投資も活発でこちらも3.4%の増加となっている。

 市場を驚かせたのは、輸出の好調さである。輸出は前期比11.4%という極めて高い伸びになった。
 米国はシェールガス革命によってエネルギーの自給が可能になりつつあり、米国に製造拠点を回帰させる動きが加速しているほか、余剰となった天然ガスの輸出も始まっている。昨年後半から米国の貿易収支は劇的に改善してきているが、これがGDPにも反映された。

 昨年10月には政府機関の閉鎖問題があり、経済へのマイナス影響が懸念されていた。だが一足先に出された雇用統計では、政府機関による閉鎖の影響はほとんど見られなかった。GDPの統計では、政府支出は4.9%のマイナスとなっているが、これをはるかに上回る輸出で全体の数値を押し上げた。

 まさに米国経済は絶好調といった状況だが、手放しで喜べる状況かというとそうでもない。全世界的に見ると、新興国の伸びが鈍化しており、世界経済は完全に米国に依存している。いくら米国が単独で好調とはいえ、全世界の景気をすべて牽引するだけの余力があるわけではない。新興国が米国の足を引っ張る形で、緩やかな成長が持続するというのが現実的な見通しと考えてよいだろう。

 2月からはFRB(連邦準備制度理事会)の議長がバーナンキ氏からイエレン氏に変わる。当面、米国の金融政策に大きな変更はない見込みだが、さらに成長が加速するようだと、緩和縮小ペースや利上げのタイミングについて議論が激しくなってくことも予想される。

 - 経済 , ,

  関連記事

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

no image
この期に及んでも決められないシャープ。鴻海の郭会長はブチ切れて帰国

 経営危機に陥っているシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の資本提携内容の見直し交 …

hondasayama
自動車の国内市場に異変。ホンダは主力工場閉鎖、トヨタは販売戦略を見直し

 自動車メーカーの国内生産や国内販売に異変が起きている。ホンダは主力工場の閉鎖を …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

roadie
ネット・ビジネスは新次元へ。既存事業の「中抜き」が米国で本格化

 次々と新しいネット・ビジネスが登場する米国では、ネットによる既存事業の「中抜き …

abetokku
日本の成長戦略はどう進めるべきなのか?フランスの失敗から学ぶことは多い

 経済活動に対して政府が強く関与するなど日本との共通点が多いフランスの経済政策が …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …