ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPは、年率換算で前期比プラス3.2%となった。政府機関閉鎖の影響で政府支出はマイナスだったが、好調な輸出と個人消費がこれを大きく上回った。米国経済は予想以上のペースで回復が進んでいる。

usagdp20131012

 米国経済は個人消費がGDPに占める割合が7割と日本よりも高く、個人消費の動向がGDPを大きく左右する。米国の個人消費はリーマンショック後も堅調に推移しており、好調だった年末商戦も重なって3.3%の伸びとなった。設備投資も活発でこちらも3.4%の増加となっている。

 市場を驚かせたのは、輸出の好調さである。輸出は前期比11.4%という極めて高い伸びになった。
 米国はシェールガス革命によってエネルギーの自給が可能になりつつあり、米国に製造拠点を回帰させる動きが加速しているほか、余剰となった天然ガスの輸出も始まっている。昨年後半から米国の貿易収支は劇的に改善してきているが、これがGDPにも反映された。

 昨年10月には政府機関の閉鎖問題があり、経済へのマイナス影響が懸念されていた。だが一足先に出された雇用統計では、政府機関による閉鎖の影響はほとんど見られなかった。GDPの統計では、政府支出は4.9%のマイナスとなっているが、これをはるかに上回る輸出で全体の数値を押し上げた。

 まさに米国経済は絶好調といった状況だが、手放しで喜べる状況かというとそうでもない。全世界的に見ると、新興国の伸びが鈍化しており、世界経済は完全に米国に依存している。いくら米国が単独で好調とはいえ、全世界の景気をすべて牽引するだけの余力があるわけではない。新興国が米国の足を引っ張る形で、緩やかな成長が持続するというのが現実的な見通しと考えてよいだろう。

 2月からはFRB(連邦準備制度理事会)の議長がバーナンキ氏からイエレン氏に変わる。当面、米国の金融政策に大きな変更はない見込みだが、さらに成長が加速するようだと、緩和縮小ペースや利上げのタイミングについて議論が激しくなってくことも予想される。

 - 経済 , ,

  関連記事

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

sharp
シャープがレノボにテレビ工場を売却。再建のカギである鴻海との提携は依然として進まず

 経営再建中のシャープが、中国のパソコン大手レノボ(聯想)に、中国のテレビ組立工 …

microsofthead
ダウは1万8000ドル回復だが、IT企業の決算が冴えず、投資家は依然慎重

 米国IT企業各社の決算が今ひとつの状況となっている。絶対値としてそれほど悪い数 …

titanic2
タイタニック号が2016年に復活。だが建造を受注したのは無名の中国企業

 オーストラリアで複数の鉱山会社を所有する大富豪クライブ・バーマー氏が、豪華客船 …

softbankson02
ソフトバンクの孫社長が後継者を指名。通信事業から再びネット事業に回帰?

 ソフトバンクは2015年5月11日、2015年3月期の決算を発表した。出資する …

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

sangiinabe01
総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度 …