ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した。物価変動の影響を除いた実質GDPは、年率換算で前期比プラス3.2%となった。政府機関閉鎖の影響で政府支出はマイナスだったが、好調な輸出と個人消費がこれを大きく上回った。米国経済は予想以上のペースで回復が進んでいる。

usagdp20131012

 米国経済は個人消費がGDPに占める割合が7割と日本よりも高く、個人消費の動向がGDPを大きく左右する。米国の個人消費はリーマンショック後も堅調に推移しており、好調だった年末商戦も重なって3.3%の伸びとなった。設備投資も活発でこちらも3.4%の増加となっている。

 市場を驚かせたのは、輸出の好調さである。輸出は前期比11.4%という極めて高い伸びになった。
 米国はシェールガス革命によってエネルギーの自給が可能になりつつあり、米国に製造拠点を回帰させる動きが加速しているほか、余剰となった天然ガスの輸出も始まっている。昨年後半から米国の貿易収支は劇的に改善してきているが、これがGDPにも反映された。

 昨年10月には政府機関の閉鎖問題があり、経済へのマイナス影響が懸念されていた。だが一足先に出された雇用統計では、政府機関による閉鎖の影響はほとんど見られなかった。GDPの統計では、政府支出は4.9%のマイナスとなっているが、これをはるかに上回る輸出で全体の数値を押し上げた。

 まさに米国経済は絶好調といった状況だが、手放しで喜べる状況かというとそうでもない。全世界的に見ると、新興国の伸びが鈍化しており、世界経済は完全に米国に依存している。いくら米国が単独で好調とはいえ、全世界の景気をすべて牽引するだけの余力があるわけではない。新興国が米国の足を引っ張る形で、緩やかな成長が持続するというのが現実的な見通しと考えてよいだろう。

 2月からはFRB(連邦準備制度理事会)の議長がバーナンキ氏からイエレン氏に変わる。当面、米国の金融政策に大きな変更はない見込みだが、さらに成長が加速するようだと、緩和縮小ペースや利上げのタイミングについて議論が激しくなってくことも予想される。

 - 経済 , ,

  関連記事

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

no image
鴻海精密工業のカリスマ経営者「郭台銘」氏はどんな人物?

 最近その名前をニュースで目にしない日はない、鴻海精密工業のカリスマ経営者、郭台 …

mrj
MRJが初飛行に向け準備着々。ただ、日本の製造業に利益をもたらすのかは別問題

 半世紀ぶりの国産旅客機として三菱重工が開発を進めるMRJ(三菱リージョナルジェ …

setsubitousi
11月の機械受注は回復見られず。10~12月のGDPも厳しい状況か?

 内閣府は2015年1月15日、11月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

okane02
日銀の資金循環統計から分かる、日本人のお金に関する行動は案外合理的という事実

 日本人のお金に関する判断はかなり合理的だった。日銀が発表したは2012年10~ …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …