ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

12月の物価はさらに上昇。ただし円安一服で来月以降は踊り場に?

 

 総務省は2014年1月31日、2013年12月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮食品を除く総合(コア指数)」は前年同月比でプラス1.3%と先月に引き続いて上昇となった。「食料及びエネルギーを除く総合(コアコア指数)」についても0.7%の上昇となっており、先月よりも上昇幅を拡大させている。日本がインフレ転換したことは確実だが、円安が一服していることから、来月以降は、上昇ペースが一段落する可能性もある。

bukkajoushou

 物価の指標としては、すべてを含んだ総合指数、生鮮食料品を除いた指数(コア指数)、食料とエネルギーを除いた指数(コアコア指数)の3つが主に利用される。昨年1年間で総合指数は1.6%、コア指数は1.5%、コアコア指数は1.1%上昇した。
 日銀は昨年4月以降、量的緩和策を実施しており、日銀が金融機関に供給するマネー(マネタリーベース)は増加している。だが金融機関から市中に提供されるマネーの総量であるマネーストックは、マネタリーベースの増加ペースほどには伸びていない。

 マネーストックの伸びが鈍い状態にあるにも関わらず物価が上昇しているのは、円安が進み輸入物価が上昇したからである。輸入に占めるエネルギーの割合いは高いので、円安になるとエネルギー価格は上昇しやすい。また素材などの輸入価格も上昇することになるため、輸出依存度が大きい商品から値上がりが始まったのである。年の後半には、輸入物価の上昇が他の商品に波及し、ほとんどの品目で価格上昇が見られるようになった。

 輸入価格の上昇によって物価が上がるということが、果たしてアベノミクスで想定している理想的なデフレ脱却なのかはともかくとして、今のペースで物価上昇が続けば、2%という日銀の物価目標は達成できる可能性が高くなってくる。だがそれが実現できるかどうかは、やはり為替の動向次第である。

 昨年後半は前月との比較で物価が上昇する品目がほとんどだったが、12月は11月との比較で下落する品目も見られるようになっている。円安の進展が一服したことから輸入物価上昇も一旦ストップし、他の製品への価格転嫁も抑制されたことが原因である。

 現在は新興国の通貨不安で円高に振れやすい状況にあるが、長期的にはドル高、円安がトレンドである。さらに円安が進めば2%の物価目標は確実に達成されることになるが、今の状況からもう一段階の物価高ということになれば、消費者の不満は確実に高まってくるだろう。
 一方、当分の間、これ以上の円安がないと仮定すると、今度は物価上昇が鈍化する可能性が高い。しかも2014年は消費税の増税や公共事業の縮小によって、GDP成長が大幅に落ち込む公算が高い。下手をするとデフレに逆戻りという状況にもなりかねないのだ。

 安倍政権としては、消費税増税による景気の落ち込みを緩和するため、日銀に追加緩和を求めたいところである。だが、米国のルー財務長官は過度な円安を警戒する発言を行っており、国際的な状況は微妙だ。物価と為替の両方をにらみつつ、追加緩和のタイミングを探る展開になりつつある。

 - 経済 , , ,

  関連記事

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

bouekitoukei 201411
11月の貿易収支は円安と原油安の相乗効果で赤字幅縮小

 財務省は2014年12月17日、11月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

no image
経済優等生のブルガリアがユーロ加盟を拒否。ユーロ圏拡大にブレーキ

 ユーロ導入を検討していたブルガリアが、EUの将来性が見込めないことから、導入を …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …