ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シェールガス開発の是非をめぐってフランスが迷走。日本が学ぶべき点は多い

 

 フランスのモントブール生産回復相は2014年1月29日、フランスでは全面禁止されているシェールガスの開発について、環境への影響が小さい新しい採掘方法を使って解禁させたいという意向を明らかにした。フランスのメディアが伝えている。

rig

 シェールガスは米国を中心に各国で開発が進められているが、フランスでは現在主流となっている水圧破砕法と呼ばれる採掘方法が環境汚染を引き起こす可能性があるとして、採掘を禁止している。同様の指摘は米国にもあるが、米国は環境への配慮を行いつつも、基本的には採掘を進めていく方針だ。
 米国はシェールガスの開発によって近い将来、エネルギーのすべてを自給できる見込みが立つなど、シェールガスは各国のエネルギー政策を根本から覆すインパクトを持っている。ドイツでは、当初シェールガス開発には慎重なスタンスだったが、条件付きで採掘を許可する方向に傾きつつある。

 これに焦ったのがフランスである。フランス政府は昨年、水圧破砕法以外の方法で採掘が可能かどうかの検討を開始し、近くその報告書を発表する予定となっている。モントブール生産相はこの報告書にプロパンを使った新しい採掘手法を盛り込み、オランド大統領を説得したい意向だという。プロパンを使った方式は、水や化学物質を使用しないため環境への負荷が小さいとされている。

 フランス政府が最終的にどのような決断を示すのかは分からないが、シェールガスをめぐるフランスの迷走は、意思決定が下手といわれる日本にとっても非常に参考になる事例だ。

 フランスでは、シェールガス禁止の世論が強く、議会が採掘を禁止する決議を行ったほか、オランド大統領も採掘禁止を表明している。だがそのフランスで採掘解禁を強く求めているのは、民間企業ではなく、なんとフランスの国営企業である。要するに公務員同士の利権争いなのだ。

 モントブール生産相はこうした国営企業からの要望で採掘開始を主張していると考えられるが、生産相が主張する環境負荷が少ないという手法はもともと米国で開発されたものである。
 米国は環境汚染の問題が発生することは理解しつつも、基本的に開発を進める意向である。その是非はともかくとして米国のスタンスははっきりしている。開発が積極的に行われれば、資金も集まり、環境負荷を減らす技術開発も促進されるという考え方だ。プロパンを使ったこの新しい手法に効果があるとするならば、それは積極的に開発を進めたからこそ得られた成果といえる。

 今回のフランスのように、開発と禁止をめぐって意思決定が迷走するようだと、仮に開発に舵を切ったとしても、市場で出遅れるとともに、今回のように外国の技術に依存することになる。これとは逆に最終的に禁止にしたとしても、途中の迷走が激しいと、その政治的効果はかなり薄れてしまうだろう。
 意思決定の中に、官僚組織の利権争いが入り込んできたり、基本的な考え方にブレがあると、どちらの結論に達したとしても国益を損なうことになる。日本でも思い当たるフシがたくさんあるはずだ。

 - 政治

  関連記事

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …

sukottorando
偉大な第一歩?それとも危険な火遊び?スコットランド独立を問う住民投票まであと2日。

 英国北部スコットランドの独立の賛否を問う18日の住民投票まであと2日となってい …

northkorea
北朝鮮問題とイランの核問題はリンクしている。日本人に求められる複眼的見方とは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まる中、米海軍が中東で展開していた空母「ジョン・C・ステ …

38north
北朝鮮がミサイル発射の可能性。交渉材料として寧辺の核施設が浮上

 米韓に対する挑発行使を続けている北朝鮮が、警告なしでミサイルを発射する可能性が …

yen
安倍首相が外債購入ファンドの具体的検討を指示。もたらすのは円安かインフレか?

 安倍首相は麻生太郎副総理兼財務相に対して、「必要に応じた為替介入」や「新たな官 …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

kennedy02
ケネディ駐日大使の資産は273億円との報道。資産の中身を詳細に検証してみると・・・

 米CNNは8月19日、次期駐日大使のキャロライン・ケネディ氏が保有する資産は約 …