ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イエレン氏が就任した。カレンダー上は2014年2月1日からだが、週末にあたるため、2月3日の月曜日に宣誓を行い、この日から実質的に業務スタートとなる。

ieren02

 イエレン氏は、バーナンキ前議長のもとで副議長を務めていた人物であり、バーナンキ氏が進めてきた量的緩和策の実務を担当してきた。基本的な考え方は、バーナンキ氏に近いといわれており、イエレン氏の就任で米国の金融政策が大きく変わるとは考えられていない。

 昨年後半は、イエレン氏の就任時期に米国経済が踊り場となり、量的緩和の縮小継続について微妙な判断が迫られるとの観測もあったが、好調な米国経済の指標がこうした懸念のほとんどを打ち消してしまった。

 米国商務省が発表した2013年10~12月の国内総生産は非常に良好な結果であった。物価変動の影響を除いた実質GDPは、年率換算で前期比プラス 3.2%だが、政府機関閉鎖の影響で政府支出がマイナスであったことを考えると、これは力強い数字といえる。しかも改定された7~9月期の数字は何とプラス4.1%となっている。米国が順調に景気回復していることはほぼ間違いなく、イエレン氏が足元の景気について憂慮する必要はほとんどなくなったといってよい。すでに各方面から指摘が出ているが、インフレに対する懸念の方がより重要となっている。
 米国の金融政策の変更で新興国通貨が暴落しているが、基軸通貨国である米国はタテマエはともかく、新興国の状況についてあまり考慮に入れていない。昨年12月にスタートした量的緩和策の縮小は、イエレン氏就任後も、毎月100億ドル減額というペースが維持される可能性が高いだろう。

 イエレン氏にとってさらに好都合なのは、失業率の改善が著しいことである。イエレン氏はバーナンキ氏よりリベラルといわれており、失業率へのこだわりが大きいとされていた。米国では景気が回復しているにもかかわらず、思いほのか失業率が改善しないという状況が続いていた。
 だが1月に発表された最新の雇用統計では、失業率が前月の7.0%から6.7%に急低下している。当面の目標であった6.5%まで間近に迫っており、失業率が下がらないことで緩和圧力が高まる可能性はだいぶ小さくなった。

 もっとも失業率が改善しているのは、就業者数が急増したからではない。職探しを諦めてしまい求職者にカウントされない人が増加したことがその背景にある。いわゆるジョブレスリカバリー(雇用なき景気回復)が発生しているということなのだが、90年代以降の米国では常にジョブレスリカバリーであった。このため市場もすでにそれを折り込み始めており、このことがイエレン氏に対する緩和圧力になる可能性は低い。

 イエレン氏の舵取りについて、懸念材料があるとすると、新しい副議長に就任したフィッシャー氏の存在である。フィッシャー氏はIMF(国際通貨基金)の副専務理事、イスラエル中央銀行総裁を務めた重鎮で、バーナンキ前議長の指導教官でもある。
 フィッシャー氏がイエレン氏の後ろ盾としてイエレン氏をうまくサポートすれば、イエレン新体制は非常にうまく機能する可能性が高い。だが、イエレン氏とフィッシャー氏で見解の相違があった場合には、意思決定が困難になる可能性もある。

 - 経済 , , ,

  関連記事

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

noma
「世界一のレストラン」で食中毒。だが顧客にまた食べたいと言わせる料理の中身とは?

 世界最高のレストランとして有名なデンマークの「NOMA(ノーマ)」で、ノロ・ウ …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

twitter02
ツイッターが大失速。主要指標の非公開化で市場に疑心暗鬼

 短文投稿サイトの米ツイッターが失速している。2015年4月28日に発表した同社 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …

euhonbu00
欧州の1~3月期GDP成長率。6四半期連続のマイナスで景気失速が鮮明に

 欧州連合(EU)は5月15日、ユーロ圏の2013年第1四半期(1~3月期)の経 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

usakoyoutoukei201402
2月の米雇用統計で失業率は悪化したのに、市場が高く評価した理由

 米労働省は2014年3月7日、2月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

economistataranai
10~12月期GDP速報値。プラス2.2%と事前予想を下回るが、市場は織り込み済み

 内閣府は2015年2月16日、10~12月期のGDP(国内総生産)速報値を発表 …