ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イエレン氏が就任した。カレンダー上は2014年2月1日からだが、週末にあたるため、2月3日の月曜日に宣誓を行い、この日から実質的に業務スタートとなる。

ieren02

 イエレン氏は、バーナンキ前議長のもとで副議長を務めていた人物であり、バーナンキ氏が進めてきた量的緩和策の実務を担当してきた。基本的な考え方は、バーナンキ氏に近いといわれており、イエレン氏の就任で米国の金融政策が大きく変わるとは考えられていない。

 昨年後半は、イエレン氏の就任時期に米国経済が踊り場となり、量的緩和の縮小継続について微妙な判断が迫られるとの観測もあったが、好調な米国経済の指標がこうした懸念のほとんどを打ち消してしまった。

 米国商務省が発表した2013年10~12月の国内総生産は非常に良好な結果であった。物価変動の影響を除いた実質GDPは、年率換算で前期比プラス 3.2%だが、政府機関閉鎖の影響で政府支出がマイナスであったことを考えると、これは力強い数字といえる。しかも改定された7~9月期の数字は何とプラス4.1%となっている。米国が順調に景気回復していることはほぼ間違いなく、イエレン氏が足元の景気について憂慮する必要はほとんどなくなったといってよい。すでに各方面から指摘が出ているが、インフレに対する懸念の方がより重要となっている。
 米国の金融政策の変更で新興国通貨が暴落しているが、基軸通貨国である米国はタテマエはともかく、新興国の状況についてあまり考慮に入れていない。昨年12月にスタートした量的緩和策の縮小は、イエレン氏就任後も、毎月100億ドル減額というペースが維持される可能性が高いだろう。

 イエレン氏にとってさらに好都合なのは、失業率の改善が著しいことである。イエレン氏はバーナンキ氏よりリベラルといわれており、失業率へのこだわりが大きいとされていた。米国では景気が回復しているにもかかわらず、思いほのか失業率が改善しないという状況が続いていた。
 だが1月に発表された最新の雇用統計では、失業率が前月の7.0%から6.7%に急低下している。当面の目標であった6.5%まで間近に迫っており、失業率が下がらないことで緩和圧力が高まる可能性はだいぶ小さくなった。

 もっとも失業率が改善しているのは、就業者数が急増したからではない。職探しを諦めてしまい求職者にカウントされない人が増加したことがその背景にある。いわゆるジョブレスリカバリー(雇用なき景気回復)が発生しているということなのだが、90年代以降の米国では常にジョブレスリカバリーであった。このため市場もすでにそれを折り込み始めており、このことがイエレン氏に対する緩和圧力になる可能性は低い。

 イエレン氏の舵取りについて、懸念材料があるとすると、新しい副議長に就任したフィッシャー氏の存在である。フィッシャー氏はIMF(国際通貨基金)の副専務理事、イスラエル中央銀行総裁を務めた重鎮で、バーナンキ前議長の指導教官でもある。
 フィッシャー氏がイエレン氏の後ろ盾としてイエレン氏をうまくサポートすれば、イエレン新体制は非常にうまく機能する可能性が高い。だが、イエレン氏とフィッシャー氏で見解の相違があった場合には、意思決定が困難になる可能性もある。

 - 経済 , , ,

  関連記事

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

subaru
富士重工の半期決算は円高の影響で減収減益。通期の業績は米大統領次第?

 富士重工業が発表した中間決算は、円高が進んだことなどから5年ぶりの減収減益とな …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …