ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。演説のほとんどを経済問題に費やし、安全保障問題についてはごくわずかしか言及しなかった。中国の脅威については一言も触れておらず、内向き志向を強める米国の現状を如実に反映した形となった。

ippankyosho

 米国は日本と異なり厳格な三権分立制度を採用している。このため通常は大統領が議会で政策について説明することはない。一般教書演説は、大統領が議会に対して施政方針を示す数少ない機会である。
 もっとも一般教書演説は全国にテレビ中継されるため夜の時間帯にわざわざ設定されている。議会に対する説明というよりも、全国民に対する大統領のメッセージという色彩が強い。ある意味では、その政権の方向性がもっとも顕著に示される場ともいえる。

 今回の一般教書演説で驚きだったのは、オバマ大統領が冒頭において「世界のビジネスリーダーが投資先として選ぶのはもはや中国ではない。この米国である」と宣言した点である。
 米国では、中国は最大の投資先であり、もっともビジネスチャンスに溢れた場所であるという認識が強い。テレビドラマなどでも当たり前のように中国に投資する話が出てくるくらいだ。米国は今も昔も世界最大の経済大国だが、少なくともここ10年はフロンティアとしての役割は中国が担っていたと認識されている。オバマ大統領は世界経済のフロンティアとしてのポジションを中国から取り戻したと宣言しているわけであり、米国経済の成長力に対する自信の程がうかがえる。

 実際、米国経済は順調そのものである。米国はかつて、巨額の貿易赤字と財政赤字に悩まされてきたが、それはすでに過去の出来事になりつつある。昨年後半から米国の貿易赤字は劇的に改善してきており、税収の増加も進み、財政再建にもほぼメドがついた状況にある。オバマ政権は、ここで一気に米国経済のアクセルを踏み、成長を加速させることに専念しようとしている。

 演説では、シェールガス革命によってエネルギーの自給が可能となることや、自由貿易の拡大が、中小企業も含めた米国のビジネス全体に恩恵をもたらすことが強調された。オバマ政権は、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に中国を引きずり込み、最終的には米欧FTAと連携させ、世界統一市場を実現したい構えだ。

 アフガニスタン問題やイラン問題などは、後半のごくわずかな部分でしか言及されず、中国の脅威に至っては一言も触れなかった。
 日本国内では、中国による脅威の高まりから、米国の外交的な支援を期待する声が大きい。だが教書演説を聴く限り、オバマ政権の関心は経済に集中しており、安全保障の優先順位は低い。もしそうだとすると、尖閣諸島問題や歴史認識問題などにおける日本に対するスタンスは、すべて米中の経済交渉の行方次第ということになる。
 米中が急接近し日本がハシゴをはずされることについて過度に警戒する必要はないが、無条件で米国が外交的な圧力を中国にかけてくれるという無邪気な期待は持たない方がよい。

 - 政治 , ,

  関連記事

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

asean20141114
韓国が日中韓首脳会談の開催に言及。実現に向けて調整が始まっているが・・・

 約2年半ぶりに日中首脳会談が実現したことで、日中、日韓の外交が大きく動き出す可 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

no image
日本人がノーベル医学生理学賞を受賞。日本の研究開発予算が貧弱という話は本当か?

 山中伸弥・京都大教授(50)がノーベル医学生理学賞を受賞した。人工多能性幹細胞 …

trumpabe01
日米首脳会談は無難に終了。貿易や為替に関する議論は今後の経済対話に持ち越し

 安倍首相は2017年2月10日、ワシントンのホワイトハウスでトランプ米大統領と …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …