ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上している。甘利経済財政相が閣議後の記者会見で明らかにした。

amari 赤字繰り越しの縮小は、法人税の実効税率引き下げを実現するための苦肉の策といえるが、繰り越しが縮小されれば、ベンチャー企業に代表されるような、新規性が高く、すぐに黒字化が見込めない事業はますます不利になる。
 本来、法人税の改革は産業を活発化させるためのものである。だが、既得権益を持った企業に有利になる租税特別措置が据え置かれる可能性が高まるなど、後ろ向きな話題が続いているのが現状だ。

 現在の税制では、企業が赤字を出すと、その赤字額は次の期以降に繰り越すことができる(最大9年)。このような仕組みになっている理由は、新規性の高い事業に対して積極的に投資することを後押しするためである。
 新規性の高い事業は、スタートしてすぐに利益が出る可能性は低く、収益化までに時間がかかることが多い。初期投資で発生した赤字を繰り越すことができれば、その後利益が出てきた時に、税金を少なくすることができるので、投資の回収が容易になる。この制度があるおかげで、企業はリスクの高い事業にも積極的に挑戦することができる。この制度は、新しい時代を切り開くベンチャー企業には不可欠のものといえるだろう。

 だが今回検討されている措置はこれとはまったく逆のものである。法人税の実効税率を引き下げると、当然のことながら税収は減少してしまう。財務省は減税に反対しており、法人税率を引き下げる場合には、課税ベースの拡大を強く求めている。
 課税ベースの拡大には、租税特別措置と呼ばれる特定企業のみに税制を優遇する措置を廃止するのがもっとも効率がよい。だがこの租税特別措置の多くは製造業と建設業に集中しており、経団連がこの廃止に猛反対している。苦肉の策として浮上してきたのが、赤字繰り越しの縮小というわけである。

 もし赤字繰り越しを縮小する形で法人税の減税が行われると、製造業を中心とした既存の大企業だけが利益を得て、ベンチャー企業や外資系企業は極めて不利な状況に追い込まれてしまう。法人減税の本来の趣旨は、産業を活性化し、外国からの投資を増やすことであったはずだ。だが向かっている先は、本来の趣旨とはまったく正反対という状況になっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

abedabos2014
抵抗勢力と徹底的に戦うという安倍首相のスピーチは誰に向けられたものか?

 安倍首相は2014年1月22日、スイスで開かれている世界経済フォーラムの年次総 …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …

kokusaishushi201310
10月の国際収支で見えてきた慢性的な経常赤字への道。日本はどうすべき?

 財務省は2013年12月9日、10月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

androidTV
グーグルが着々と進める家電のネットワーク化と人工知能化

 ネット検索最大手の米グーグルが、家電の人工知能化を急ピッチで進めている。同社が …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

nsa
米上院がNSAの情報活動を大幅に制限する米国自由法を可決

 米上院は2015年6月2日、NSA(国家安全保障局)による個人情報の収集を認め …