ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上している。甘利経済財政相が閣議後の記者会見で明らかにした。

amari 赤字繰り越しの縮小は、法人税の実効税率引き下げを実現するための苦肉の策といえるが、繰り越しが縮小されれば、ベンチャー企業に代表されるような、新規性が高く、すぐに黒字化が見込めない事業はますます不利になる。
 本来、法人税の改革は産業を活発化させるためのものである。だが、既得権益を持った企業に有利になる租税特別措置が据え置かれる可能性が高まるなど、後ろ向きな話題が続いているのが現状だ。

 現在の税制では、企業が赤字を出すと、その赤字額は次の期以降に繰り越すことができる(最大9年)。このような仕組みになっている理由は、新規性の高い事業に対して積極的に投資することを後押しするためである。
 新規性の高い事業は、スタートしてすぐに利益が出る可能性は低く、収益化までに時間がかかることが多い。初期投資で発生した赤字を繰り越すことができれば、その後利益が出てきた時に、税金を少なくすることができるので、投資の回収が容易になる。この制度があるおかげで、企業はリスクの高い事業にも積極的に挑戦することができる。この制度は、新しい時代を切り開くベンチャー企業には不可欠のものといえるだろう。

 だが今回検討されている措置はこれとはまったく逆のものである。法人税の実効税率を引き下げると、当然のことながら税収は減少してしまう。財務省は減税に反対しており、法人税率を引き下げる場合には、課税ベースの拡大を強く求めている。
 課税ベースの拡大には、租税特別措置と呼ばれる特定企業のみに税制を優遇する措置を廃止するのがもっとも効率がよい。だがこの租税特別措置の多くは製造業と建設業に集中しており、経団連がこの廃止に猛反対している。苦肉の策として浮上してきたのが、赤字繰り越しの縮小というわけである。

 もし赤字繰り越しを縮小する形で法人税の減税が行われると、製造業を中心とした既存の大企業だけが利益を得て、ベンチャー企業や外資系企業は極めて不利な状況に追い込まれてしまう。法人減税の本来の趣旨は、産業を活性化し、外国からの投資を増やすことであったはずだ。だが向かっている先は、本来の趣旨とはまったく正反対という状況になっている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

obama201408
オバマ大統領が夏季休暇直前に、嫌々イラク空爆を決断

 オバマ政権はイラク北部のイスラム過激派に対する限定的な空爆に踏み切った。オバマ …

bakkingamu
英連邦やイベロアメリカ連合は国際政治の補助線として今も機能している

 英国と旧英国領約50カ国が加盟する英連邦首脳会議が11月15日、スリランカのコ …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

maxcrunch
外国製の安価な菓子類が徐々に日本市場に進出。これは成熟国家日本の宿命である

 長らくガラパゴス状態が続いてきた日本の菓子市場に風穴が開きつつある。100円均 …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

apple02
アップルの四半期決算。原価率の上昇が続き減益だが、下げ止まり感も

 米アップルは7月23日、2013年4~6月期決算を発表した。売上高は前年同期比 …

hagel06
極度の緊張が続く北朝鮮情勢。だが妥協点を探る動きも出始めた

 極度の緊張が続く北朝鮮情勢において、妥協点を探る動きが出始めた。米国防総省は、 …

tpptaikou
バラマキにすらなっていない。官庁や独法の予算配分に終始したTPP大綱

 政府は2015年11月25日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関する政 …

taiwanshobancho
10年以内に台湾問題を解決するとも取れる、習近平主席による注目発言の背景とは

 中国が台湾の統一工作に積極的に乗り出している。APEC(アジア太平洋経済協力会 …