ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのかをめぐり激しい議論が行われている。一部メディアがアベノミクスに対する失望が原因と指摘、菅官房長官が4日の記者会見でこれを否定するという少々異例の事態となった。

suga20140204

 新興国の通貨安をきっかけに1月以降、各国の株価が急落する事態となっている。確かに日本株の下落は激しく、年明けからの下落率は米国株が6%、欧州株(英国)は4%であるのに対して日本株は13%にも達している。

 一部メディアがアベノミクスに対する失望売りとの報道を行ったことから、その是非をめぐって議論が沸き起こっており、菅官房長官は4日午後の記者会見において、これを否定する発言を行った。
 菅氏は基本的にマーケットについてはコメントしないと前置きした上で「ここ数ヶ月でもっとも上昇率が高かったのは日本株である」と述べ、さらに「投資家というのは買ったら、売り、また買うもの」であり、今回の株安は成長戦略に対する失望ではないとの見解を示した。
 一方、甘利明経済再生相は同じく4日の記者会見で、「米国の状況に直接反応する必要はない」と述べ、米国株につられて日本株が下落していることについて疑問を呈する発言を行っている。

 今回の株安がアベノミクスの失望売りなのかについて判断するのはまだ早いが、間違いなく言えることは、日本の株式市場は自国の経済情勢で相場が形成できるような立場ではすでになくなっているという現実である。

 かつて東京株式市場はニューヨーク株式市場に次ぐ存在感を持っており、自分自身の経済情勢で相場を形成することができた。だが日本経済が長期低迷したことや、金融市場改革を進めなかったことなどから、日本の株式市場の地位は大幅に低下し、アジアのローカル・マーケットのひとつに成り下がってしまった。
 また、何より日本人自身が株を買わないため、自力で相場を形成することがほとんどできなくなっている。現在、日本の株式市場に投資をする外国人投資家の割合いは60%を超えており、しかもその多くがヘッジファンドなど、逃げ足の早い投機資金である。閉鎖的で魅力に欠ける日本市場に対しては、長期的なスタンスでじっくり投資するまともな海外の機関投資家は投資しなくなっているのだ。
 日本市場の動向はすべて海外の短期的な投機資金に握られており、今回のように、新興国の通貨が不安定になる事態となれば、当然のことながら日本株も一気に売られてしまう。

 自国民が自国の株式市場に投資をせず、逃げ足の速い外国からの投機資金に依存する市場というのは、まさらに脆弱な発展途上国の市場そのものである。一般に途上国の市場は資金の厚みがなく、値動きが激しくなる。日本の株式市場は、もはやこうした荒っぽい途上国市場と同じ水準であると考えれば、日本株だけが激しく値上がり、値下がりする理由も説明がつく。

 日本市場がこのような状況になったのは、バブル崩壊以後の20年間、目先の利益にこだわり、金融市場をはじめとする各種の改革を先送り(拒否?)してきた日本人自身に原因がある。その意味では、安倍政権の経済政策だけが原因というわけではない。
 あえて安倍政権に責任があるとするならば、今回の政権交代は、日本が構造改革を行う最後のチャンスであったにも関わらず、アベノミクスでは規制緩和をほぼすべて断念してしまったことくらいである。

 途上国マーケットと化してしまった日本株は、今後もこうした海外投機筋の影響を激しく受け続けることになる。この状況から脱却するためには、日本経済や日本の金融市場そのものを根本的に変革するしか方法はない。だが仮にそれを実行するにしても、長い時間と大きな痛みを伴うことになる。現状の政治的環境においては、それを決断する可能性は限りなく低いだろう。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

mof03
異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後 …

mitsubishi20160421
三菱グループは大丈夫?自動車は3度目の不正隠し、重工では納入延期と連続火災

 三菱自動車は2016年4月20日、同社の軽自動車において燃費データを改ざんして …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

amazonwordrobe
洋服の買い方が一変?アマゾンの新サービスにアパレル業界に激震

 先日、高級スーパーを買収し世間を驚かせた米アマゾンが、今度はアパレルの分野で革 …

googlewalmart
とうとうウォルマートとグーグルが提携に乗り出す。アマゾンの牙城は崩れるか?

 超巨大スーパーである米ウォルマートとIT業界の巨人であるグーグルが提携する。こ …