ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

マイクロソフトのトップ交代。ゲイツ氏は退任ではなく、実は現場復帰?

 

 米マイクロソフトは2014年2月4日、同社のナデラ上級副社長が最高経営責任者(CEO)に昇格する人事を発表した。創業者のビル・ゲイツ氏は会長を退任するが、同社の技術アドバイザーに就任する。かねてから注目されていた同社のトップ人事は、内部昇格という形で落ち着いたが、一部の関係者からは、ゲイツ氏は退任するのではなく、むしろ現場に復帰するとの見方が出ている。

billgates

 同社はビル・ゲイツ氏が創業した企業であり、長く同氏がトップを務めてきた。ゲイツ氏の後を継いだバルマー氏はゲイツ氏のハーバード時代の同級生であり、内部昇格といっても、かなり創業社長に近い立場であった。
 今回のトップ人事はバルマー氏が退任を表明したことがきっかけだが、ゲイツ氏とバルマー氏は特別な存在であったことから、後任人事は難航し、一時は外部から著名経営者をスカウトする話も出ていた。結局は内部昇格という形に落ち着いたが、今回の人事で、初めて創業者とは縁のない人物が同社のトップに立つことになる。

 折しも同社はスマホ対応に出遅れており、体制の刷新が必要な時期に来ている。一般的には若い幹部にトップを譲り、今後の成長を加速させるという解釈になる。だが一部の関係者はこうした一般的な説に対して否定的だ。そのカギはゲイツ氏のアドバイザー就任にあるという。

 ゲイツ氏は今でこそ、夫妻で世界の慈善活動にいそしむセレブだが、かつては鬼ような形相でプログラミングと経営に邁進する狂気の起業家であった。周囲の人物、特に仕事ができない相手を口汚く罵るのは日常茶飯事で、同氏に罵倒され退任した幹部は数知れない。また結婚していると昇進に不利であると公言し、社員には24時間365日仕事に専念することを求めていた。

 しかし同社の規模が拡大し、世界的大企業に変貌するにつれ、そうしたヤンチャな社風はなくなり、いい意味でも悪い意味でも大人しい会社となった。またゲイツ氏自身が結婚したことで、本人の立ち居振る舞いも大きく変わったといわれている。

 このところ同社はスマホ対応で出遅れているが、こうしたスピード感の欠如は、大企業化とのトレードオフだったのかもしれない。だがゲイツ氏はセレブになったとはいえ、他人の後塵を拝する状態が耐えられない人物である。今回の会長退任とアドバイザーへの就任は、むしろ起業家時代のゲイツ氏に戻り、開発にゲキを飛ばす意向であることの表れだという。

 真偽の程は今後の同社の展開を見ないと分からないが、スマホ出遅れという評価とは裏腹に、同社の経営は絶好調である。
 同社が1月に発表した2013年10~12月期の決算は、売上高が前年同期比14%増の245億1900万ドル(約2兆5000億円)、純利益が同3%増の65億5800万ドルとなり、売上高は四半期ベースでは過去最高となった。企業向けサーバーソフトなど既存のビジネスが好調であることがその理由である。また約8兆円という途方もないキャッシュ(もしくはキャッシュ相当の金融商品)を保有しており、どのような大型買収や先行投資にも耐えられる財務体質を誇っている。

 もしゲイツ氏が噂通り、現場に「復帰」することになれば、同社の雰囲気も大きく変わってくるだろう。それが吉と出るか凶と出るかは誰にも分からないが、同社が大きく動き出すことだけは間違いない。

 - 経済, IT・科学 , , , ,

  関連記事

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

nihonyuseiibmjinkochino
日本郵政がIBM、アップルと共同で人工知能サービスを導入

 日本郵政は2015年4月30日、米アップル、米IBMの2社と共同で高齢者向けサ …

softbankson02
ソフトバンクの孫社長が後継者を指名。通信事業から再びネット事業に回帰?

 ソフトバンクは2015年5月11日、2015年3月期の決算を発表した。出資する …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …