ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

総額5.5兆円の補正予算が可決成立。だが昨年より規模が小さく、効果は限定的

 

 参議院は2014年2月6日、消費税増税をにらんだ経済対策を柱とする2013年度補正予算案を可決した。すでに衆議院での審議は終わっているので、補正予算は正式に国会で成立した。
 昨年に引き続いて大型の補正予算が組まれた形だが、昨年と比較するとその規模は小さい。今の日本経済は完全に公共事業依存体質となっており、5.5兆円規模では、消費増税の影響を完全に打ち消すのは難しいというのが大方の見方である。

 sangiinabe01 今回の補正予算の規模は総額5.5兆円。主な内訳は震災の復興対策費用が約1.9兆円、競争力強化関連費用が1.4兆円、防災安全対策が1.2兆円となっている。
 このうち競争力強化関連費用には東京オリンピックに関連したインフラ整備費用が含まれていることから、全体のうちかなりの割合いが公共事業で占められていることになる。

 今の日本経済は完全に公共事業に依存する体質となっている。2013年7月~9月期のGDP成長における官需の割合はすでに30%に達しており、公共事業を縮小すると、即、経済成長に影響してしまう。
 2013年2月に成立した昨年度の補正予算は総額10兆円という大型のものであった。昨年、政府が消費増税を決断する根拠と なった4~6月期のGDP成長率は、年率換算で3.8%と良好な数字だったが、これが実現できたのは、この大型補正予算のおかげである。

 今年は消費税の8%増税が控えているだけでなく、補正予算の規模が小さい。補正予算と当初予算を合わせた政府支出の総額でも、昨年度とほぼ同水準にとどまっている。政府支出が横ばいで、かつ消費税の増税があることを考えれば、今年度、景気が失速することはほぼ確実といえる。実際、内閣府も2014年の実質GPD成長率はプラス1.4%としており、昨年と比較して大幅に低下すると見込んでいる。

 今年は消費税10%への増税決断が控えており、安倍政権としては大幅な景気の落ち込みは避けたいところである。今後の焦点は、日銀による追加緩和の実施と、追加の補正予算の成立である。

 日銀は今のところ追加緩和については一切言及していないが、新興国不安から大幅な株安になっている状況を考えると、日銀には相当の緩和圧力がかかる可能性が高い。追加の補正予算についても、足元の景気動向をにらみならが実施が検討されることになるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

factory01
米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は …

jinminginkou
中国が年内に金利完全自由化を実施。グローバル市場との一体化が進む

 中国人民銀行の周小川総裁は2015年3月12日、年内に預金金利の上限規制を撤廃 …

putin02
ロシア軍がウクライナ南部をほぼ掌握。脳裏をよぎるのはかつてのクリミア戦争?

 ウクライナ南部のクリミア半島でロシア軍と見られる部隊が展開し、半島全域をほぼ掌 …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

abeputin
安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問 …

subic00
米軍がフィリピンの巨大軍事基地を復活。太平洋の重要拠点は日本ではなくなっている

 米軍がアジア太平洋地域に対する軍事力のシフトを強化している。  フィリピン政府 …

pakucongress
無罪を勝ち取った産経前ソウル支局長の手記から日本人は何を感じるべきか

 韓国の朴槿恵大統領に対する名誉毀損容疑で起訴され、1年半にわたる法廷闘争の末、 …

imf201407
IMFの世界経済見通し。機関車役だった米国の失速で、多くの国が下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2014年7月24日、世界経済見通しの改定値を発表した …