ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーが業績見通しを大幅下方修正。同社がフツーの会社だと考えれば妥当な内容

 

 ソニーは2014年2月6日、2014年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した。当初300億円の黒字と見込んでいたが、パソコン事業とテレビ事業の低迷などから1100億円の赤字に下方修正する。

sony

 同社の2013年3月期の業績は、売上高が約6兆8000億円、営業利益は約2300億円、当期利益は約430億円であった。2013年10月までは、2014年3月期の業績について、売上高7700億円、営業利益1700億円、当期利益は300億円という増収減益の結果を見込んでいた。

 だがそのシナリオを崩してしまったのは、パソコン事業とテレビ事業、さらにデバイス事業の業績悪化である。これら3分野が低迷したことから営業利益が900億円の減額となった。5000人の人員削減を行うリストラ費用が当初の見込みから200億円増えて700億円になったことも大きく影響している。
 これに加えて、デバイス分野での設備の減損が約320億円、パソコン製造設備の減損が80億円、ゲームタイトルの評価損が60億円となり、合計で500億円近くの損失が確定した。これによって、最終的には1400億円のマイナスとなり、当期利益は1100億円の赤字に転落することになった。

 同社はパソコン事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに売却する方針を明らかにしている。これによってVAIOブランドで親しまれてきたパソコンは同社から手離れすることになる。またテレビ事業については、完全子会社化することで、意思決定の迅速化を図る。

 パソコンやテレビの業績悪化については、おそらく同社内部ではかなり以前から予想されていた可能性が高い。状況を見ながら損失を小出しにしている印象は拭えない。
 業績が低迷している部門のリストラを進めればとりあえず一定のコスト削減は実現できる。2015年3月期にはある程度の利益体質に戻せる可能性が高い。ただし、それはリストラで体質をスリムにしただけであり、同社が再び高い成長軌道に乗る道筋を描けたことを意味するわけではない。

 ソニーはかつて多くの神話を生み出してきた企業である。同社は高い技術力とデザイン力、さらに豊富なコンテンツを併せ持つ数少ない企業であり、アップルのiTuneやiPhoneといった商品は本来はソニーが生み出すものと世界市場は認識していた。
 だが同社はAV機器メーカーというハードウェア中心主義から抜け出すことができず、ポテンシャルを生かせないまま、アップルの後陣を拝する形となった。しかもハーアドウェア事業では、韓国勢や中国勢の追い上げを受け、現在のような業績低迷が続いている。

 以前のソニーが持つポテンシャルを基準にすれば、今回の業績見通しの下方修正は大きな失望ということになる。だがソニーにはもはや神話を生み出す能力はなく、普通の電機メーカーになってしまったと考えれば、コスト削減を中心とした今回のリストラ案と業績見通しは妥当なものと考えてよいだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

hedgefund
株価暴落の引き金を引いたヘッジファンド。だがその投資手法は素人と同レベルだった

 5月23日の日経平均株価は7%を超える大暴落となったが、その背後にはヘッジファ …

kokusaishushi201304
空洞化は悪いことばかりではない。海外工場からの利益で4月の経常収支は大幅黒字

 財務省は6月10日、4月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

kokkaigijido02
基礎的財政収支黒字化はますます困難に。だが、足元ではそれ以上の懸念材料が・・・

 2020年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという政府公約 …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …